まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【日記】

『あわせて読みたい』 (←クリックで公式ページ)

というツールを右サイドバーに導入してみました。

 

「あわせて読みたい」をブログに貼り付けることで、あなたのブログ読者が「あわせて読んでいる」サイトを知ることができるのと同時に、他のサイトでもあなたのブログが「あわせて読まれる」ようになります。
 

この説明だと、ウチと似たようなブログがランダムで表示されるのかな?

時間が経てば、どんどん正確になっていくそうで、ある程度の時間が必要らしい。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【マンガ感想】

 

『私立彩陵高校超能力部 新装版 1巻~5巻 (石田あきら)』

 
4758060126  4758060177  4758060223  4758060290  4758060444

石田 あきら

私立彩陵高校超能力部 1 新装版 (1) (IDコミックス REXコミックス)
私立彩陵高校超能力部 2 新装版 (2) (IDコミックス REXコミックス)

私立彩陵高校超能力部 3 新装版 (3) (IDコミックス REXコミックス)

私立彩陵高校超能力部 4 新装版 (4) (IDコミックス REXコミックス)

私立彩陵高校超能力部 5 (5) (IDコミックス REXコミックス)

 

【あらすじ】

新入部員急募! 私立彩陵高校超能力部はいきなり廃部の危機に瀕していた。部活動の規定人数の5人を割ってしまい、1週間以内に新入部員を確保しなければ彼らの未来はない! ひと癖もふた癖もある超能力部の面々が繰り広げる愛と青春の超能力学園コメディ! 新装版で登場!

 

 

タイトル通り、彩陵高校の超能力部が舞台のギャグコメディー。

少数ながら超能力者が存在している現代世界が舞台で、

この世界での『超能力者の立場』が描かれていないので、詳しくは判らないが、

超能力者たちは世間に馴染んでおり、目に見える形での差別は本編で描かれていない。

とはいえ、超能力者本人達は、その能力ゆえ様々な事が制限される環境にあり、

それぞれに高校生になるまでの苦悩が垣間見れるシーンもある。

 

イメージ的には、椎名高志先生の『絶対可憐チルドレン』という作品から、

超能力者への『差別』・『恐怖』などのマイナスイメージを削除し、

高校へ舞台を移し、学園コメディー要素を強くした作品、といった感じだろうか。

基本的にギャグコメディーなので、『チルドレン』よりも読みやすい作品だと思います。

 

------------------

 

上記の画像の下に『新装版』と書かれています。

 

Wikipediaによれば、

『掲載誌「コミックシード!」(ぺんぎん書房)が休刊の憂き目にあい、打ち切りの形になっていたが、現在はcomic REXにて連載再開中。』

 

と書いてあり、1巻~4巻までは、『コミックシード』という雑誌に連載されていたもので、

それを新装版という形で一迅社が再販しているようです。

5巻以降は一迅社の『comic REX』に連載再開されたモノの様で、

制服など細かい部分が設定変更になっているようです。

 

 

さて、本編は、ギャグコメディー。

明るいバカな主人公が騒動を起こし、周りのメンバーが巻き込まれるという王道展開。

そんな中に、主人公を含まない3角関係が進展したり、超能力対決が描かれたり、

作者の代理キャラ・サキの超能力で、全員裸にしたりと読者サービスも忘れていません。

 

なかなか面白い作品でありますが、

『ギャグコメディ』と『超能力対決』を行ったり来たりする作風は賛否が分かれそうです。

作者が書きたいのは『超能力対決』のようなストーリー重視の作品なのでしょうが、

私がこの作品に求めているの三角関係のような『ギャグコメディ』だったりします。

 

この作者の他の作品も読んでいますが、ストーリー性のある物語を描く能力よりも、

1話完結型のギャグコメディを描く能力の方が高いと思います。

この作者のストーリー性のある作品は、伏線らしい伏線を張ることなく、

『行き当たりばったり感』が強い作品になってしまいます。

 

この作品に関しては、2巻で敵キャラが出てきて超能力対決が始まるわけですが、

そのイベントが終了後、その新キャラ達はストーリーに絡むことなく消えました。

正直、ただ戦いイベントが描きたかっただけとしか考えられないイベントです。

しかも、彼等が再登場したと思ったら、新たなる敵のかませ犬になってしまう始末。

 

えーと、ということで、ストーリー性のある作品は疑問点ですが、

1話完結型のギャグコメディは非常にレベルが高く、面白いのです(^^ゞ。

ここら辺は好みの問題ですが、やはりギャグコメディを中心に描いてほしいですね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

かなり面白い作品だと思います。

『超能力対決』ははっきり言って面白くないですが、『コメディ』部分は面白いです。

まあ、無駄にエッチな描写が多いので、男性向きの作品ですけどね。

 

点数的には、

90点

です。

 

この作品は、表紙がかなり特徴的です。

男性読者に対するサービスなのですが、これは新しい!!

それでいて、値段も据え置きなのが素晴らしいですね。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。