まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ダイヤのA 6巻 (寺嶋裕二)』

 

4063638561 ダイヤのA 6 (6) (少年マガジンコミックス)
寺嶋 裕二
講談社 2007-07-17

by G-Tools

 

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻  3巻  4巻  5巻

 

 

【あらすじ】

一軍昇格を果たした沢村は、その責任と重圧を感じながら、地獄の夏合宿を迎える! 壮絶な練習量についていくのがやっとの1年生トリオは先輩たちの必死の努力に、なみなみならぬ「覚悟」を痛感させられる。そして合宿の仕上げとして組まれた練習試合で降谷、沢村の登板が決まった……。

大魔神佐々木主浩氏絶賛!! 「沢村君、キミの後ろは俺が抑える!!」
 

 

野球名門校を舞台とした高校野球マンガ。

物語も少しずつ進んでおり、夏の大会前の地獄の夏合宿が始まる。

1年生でこの合宿に参加できるのは、主人公を含めて3人のみ。

その1年生・3人を中心に夏合宿の厳しい練習が描かれつつも、

2・3年生とのレベル差を感じることのできるストーリー展開は圧巻。

こういう展開を読んでいて、スポーツマンガはやはり『先輩=強者』であることが、

ヒットの要因の一つだということを強く感じますね。

 

『いくら主人公達に才能があろうとも、1~2年間という経験の差は絶対に埋まらない』

 

この作品は、こういう当たり前のことをちゃんと描いている。

こういう主人公達と先輩達のレベルの差を描くことは重要だと思うわけでして、

先輩達の掘り下げ作業と共に、主人公達ルーキーが目指すべき場所を示してくれる。

特に、この作品に登場するキャラクター達は、全員が『好人物』であるため、

魅力的に描かれており、物語だけではなくキャラ同士の会話も楽しめる作品になっている。

 

野球部分も面白く、さらにキャラ同士のやり取りも楽しいという一石二鳥な作品。

高校野球マンガのファンは、ぜひともチェックしてくださいませ(^^ゞ。

今巻で、『おおきく振りかぶって』を超えたかも・・・です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

物語は夏の大会に近づいており、段々と盛り上がってきております。

主人公と同じ1年生で、ライバルである『降谷』の試練が描かれ、さらなる成長を遂げました。

そして次は主人公の番・・・・というところで次巻へ続いていきます。

 

点数的には

100点

です。

 

次巻の発売は9月。 

さすが週刊連載、わずか2ヶ月で発売です!

絶対にお薦めな作品の一つです!
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。