まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【日記】

月末進行中。

普通に漫画を読む時間がありません(^^;。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【マンガ感想】

 

『スクールランブル 12巻~16巻 (小林尽)』

4063638030 School Rumble Vol.16 (16)
小林 尽
講談社 2007-03-16

by G-Tools

 

過去記事はこちら →  11巻

 

 

【あらすじ】

将来、学校の先生になりたい天満は、絃子の勧めで地域の小学校で一日体験教師をすることに! それを聞いた播磨は、自分も体験教師を志願するが、定員オーバーで断られる……。体験教師当日、天満は意気込んで受け持ちクラスの扉を開ける! えっと……そこの大っきい子は……?「播磨拳児小5です!」

 

 

スクールランブルを取り上げるのはかなり久しぶりですね。

週刊少年マガジンを読むようになったため、一度は買うのを止めた作品のですが、

現在はマガジンを読むことも無くなり、久しぶりに購入して見ました。

購入するきっかけとなったのが、同作者の他の作品『夏のあらし!』 のコメント欄での会話。

 

羊飼いさん 「スクールランブルって面白いの?」

       「3巻~5巻くらいをピークに、6巻~10巻くらいまでを横ばい、11巻~は低迷かな」

羊飼いさん 「情報サンクス(^-^)/ 買うのはやめときます

私       「∑(゚Д゚ノ)ノぅゎぁ!!」

SSSさん  普通に面白いけどなぁ。16巻まで買ってるものとしてはおすすめなのだが、」

        「あきる人はやっぱマンネリと感じるからなのかな。」

私       「∑(゚Д゚ノ)ノぅゎぁ!!」

 

という、自分の無責任発言により、新規読者を一人減らし、ファンの方から突っ込みを受けるという、

2年間ほどブログ更新をしていて、始めての経験をしまして、かなり反省をしましたm(_ _)m。

その反省を踏まえ、もう一度、この作品を読むことにしました。

 

---------

 

さて、

改めて、11巻から16巻まで読んでみましたが、思っていた以上に面白かったです(^^ゞ。

私がスクールランブルを買わなくなるきっかけとなった『修学旅行編』も、

連載時にはとんでもなく低迷しているようにしか見えなかったのですが、

単行本として纏めて読むと思っていた以上に面白く、

それ以降の15巻~16巻の展開に大きく影響していく様子も楽しめました。

 

о(ж>▽<)y ☆ 特に、16巻の沢近の暴走とテンパリ具合は神展開だと。

私は旗派でして、つまり沢近ファンなので、この展開にはニヤニヤが止まりません(^^ゞ。

16巻のラストが、17巻に引っ張る形で終わったので、17巻が楽しみでありません!

 

また、播磨・沢近以外のメンバーの人間関係の話も描いており、

物語もラストに向かっている感じがヒシヒシと伝わっていきますね。

播磨と天満、播磨と沢近、播磨と八雲、花井と周防、花井と結城、今鳥と一条・・・・。

全てが描かれるとは思いませんが、播磨関係だけは納得した形で終わってほしいですね。

 

 

※というか、『旗派』とか『おにぎり派』などの言葉はまだ使っているのでしょうかね?

  アニメ化される前に、この言葉を生み出したファンページを探してみたのだけど、

  もう閉鎖してしまったのか、見つける事ができませんでした(^^;。

  すでに死語だったら、かなり恥ずかしい・・・。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

個人的に、一度、買うのを止めた作品を、また買うという行為は人生で初めてです。

そして、再びハマってしまったのも初めてですね(^^ゞ。

 

点数的には、

92点

くらいかな。

 

17巻が6月15日発売ということで、当然買おうと思います。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。