まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【日記】

『スゴイ透明度(pya!)』 (←クリックで別ページ)

こういう画像をみると、夏が恋しくなりますな。

早く、海で泳ぎたい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【マンガ感想】

 

『ひとひら 1巻 (桐原いづみ)』

4575831271 ひとひら 1 (1) (アクションコミックス)
桐原 いづみ
双葉社 2005-08-11

by G-Tools

 

【あらすじ】

転入生・麻井麦。15歳。 緊張すると声が出なくなるほどの極度の上がり症。口癖は「無理です」。そんな超恥かしがりやでネガティブな彼女がどうしたわけか演劇研究会にスカウトされてしまった!?この世界で一番向いてないはずの「女優」を目指して恐怖の日々が始まる!!

 

 

学園コメディー。

緊張しすぎると声が出来なくなるほどの極度の上がり症の女の子が主人公。

そんな上がり症の主人公が、色々あって『演劇研究会』に入部することになるというコメディマンガ。

 

絵のレベルこそ高くは無いですが、ストーリー展開が非常にテンポが良く、

一気に最後まで楽しく読める作品だと思います。

登場キャラクター達も王道的設定で、ちゃんと配置がなされているので、

学園コメディなどが好きな人には、かなりのヒット作になるかもしれませんね。

 

ただ、主人公の設定は好き嫌いが判れるかも。

主人公は、『引っ込み思案で、恥ずかしがり屋で、ネガティブ思考』という設定で、

主人公が率先してストーリーを作っていくタイプのキャラクターではなく、

周りの人々の行動に巻き込まれるというタイプのキャラクター。

『巻き込まれる系』であっても、突っ込みタイプやアクティブタイプのキャラクターならば、

話をどんどん広げていけるのですが、この主人公は引っ込み思案でネガティブタイプで、

主人公自ら、話を作っていく力は無く、全ての展開を周りのキャラに頼っている状態なので、

少なくとも1巻の時点で、存在感はゼロに等しく、魅力の少ないキャラとなっております。

もちろん、現在発売中の3巻まで読めば、彼女の成長が描かれているはずなので、

1巻の印象とは全く違ったものとなるかもしれませんが・・・。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

友人の家に落ちていたので、1巻だけ借りてきました。

現在アニメ化されているらしいのですが、岡山では放送されていないらしい。

 

点数的には、

78点

くらいかな。

 

キャラクター設定などはなかなか面白いと思いますが、ストーリー自体に目新しさは無く、

けして面白くないわけではありませんが、全体的に行き当たりばったりな展開なので、

かなり薄っぺらく感じてしまいます。

アニメ化されているとはいえ、古本屋などで立ち読みをしてから、購入を考えた方が良いと思います。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。