まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『宙のまにまに 2巻 (柏原麻実)』

4063144399 宙(そら)のまにまに (2) (アフタヌーンKC (439))
柏原 麻実
講談社 2006-12-22

by G-Tools

 

過去記事はこちら → 1巻

 

 

【あらすじ】

いっつもにぎやか天文部のドキドキ青春グラフィティ!!
天文部に夏がやって来た! もの静かな高校生・朔と、幼なじみの超ハイテンション少女・美星たちが湖畔で初の夏合宿! しかし、居合わせた生徒会長のフーミンは「……非常識……。破廉恥……。不潔!!」となぜかご立腹。ドタバタ天文部がまたも楽しい大騒ぎを繰り広げる!青春文化部コメディ、さらに明るい第2巻!!

 

 

王道のラブコメディー作品です。

よくある受身型のモテモテ話で、登場する女の子達も王道とも言える布陣ですし、

そのキャラクター達も読者にストレスを感じさせるような設定は持っていませんし、

主人公がモテモテですがヘタレではないため好感が持てますし、

こういう作品に一番大切な画力も持ち合わせている作品です。

ラブコメが好きな人なら絶対に楽しめる作品だと思います。

 

 

【ここからはラブコメを読みすぎた私の個人的な感想です】

まあ、ストーリー的に見ると、どうしても既存の作品以上のものは無いかな。

これはけして面白くないというわけではなく、新しくないということ。

王道はけして嫌いじゃないけど、王道すぎて作品としての個性があまりない。

一応、天文部という設定がありますが、それを生かしきれていないのは前巻同様で、

正直、天文部でなくても、ストーリーとして成立すると思うし、

むしろその天文部という設定がストーリー的に足枷になっていたりするのがなんとも・・・。

 

この作品の一番の売りの部分のラブコメイベントも、

キャラが王道なだけに、そのイベントも王道で、ラブコメを読みすぎた私には結構辛い。

「このキャラはこういう行動をとるのだろうな~」と思うとその通りの行動をとり、

「もうそろそろ、ライバルキャラが欲しいな~」と思うとその通りライバルが登場したりと、

予想通りの展開ばかりで、ラブコメ独特のワクワク感が薄い。

正直、私と同じようにラブコメ要素を含む作品を5作品以上読んでいる人なら、

私とまったく同じような感想を持ってしまう内容だと思います。

 

一応、フォローを入れておくけど、駄作ではなく良作です。

ストーリー展開は王道ですから外れはないですし、キャラクター達も魅力的です。

ラブコメ作品を読みたいという人には、絶対にお薦めしたい作品です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

『ラブコメを読みたい』と思う方にお薦めします。

ただ、ラブコメを食傷気味の方にはあまりお薦めできないかな。

 

点数的には

89点(個人的には80点くらい)

ですね。

 

前巻よりも委員長さんが大活躍しますし、今巻で姫ちゃんのキャラも確立しましたね。

バランス良く全てのキャラの掘り下げも出来ていますので、作品の完成度も上ってきています。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。