まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【日記】

仕事の話で、仕様の大幅な変更があったため、資料の作り直しをしています。

普通に終わる気配がないのが悲しい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【マンガ感想】

 

『でろでろ 9巻 (押切蓮介)』

4063722694 でろでろ 9 (9) (ヤンマガKCデラックス)
押切 蓮介
講談社 2007-03-06

by G-Tools

 

過去記事は、こちら。 ⇒ 1巻  6巻  7巻  8巻

 

 

【あらすじ】

オモシロいけど怖い。怖いけどオモシロい。そしてちょっぴりカワイイ……?
日常に潜むビミョーな不思議を鋭くえぐる、アンビバレントでハイブリッドなホラーギャグ伝道書の第8巻、満を持して登場!今日も今夜も奇想天外な妖怪達が襲いくる!しのびよる恐怖には笑いの鉄槌を!!

 

 

“ホラー”ギャグマンガの最新巻です。

読みきりタイプのギャグマンガで、ホラーをテーマとした作品。

まあ、ギャグマンガといっても大笑いするような内容ではなく、

現実の現象になぞらえた妖怪を登場させるという一風変わった妖怪マンガ。

絵は見ての通りレベルの高い作品ではありませんが、

作者の漫画家としてのセンスの良さはマンガファンなら一読の価値はあると思う。

『読まず嫌い』の人が多い作品だろうけど、私はお薦めしたい作品の一つです。

 

----------

 

以下、軽い感想を・・・・。

 

家庭内フーリガン:

家庭内の喧嘩に便乗して暴れまくる妖怪のネタ。

留渦のアップ、気合い入りすぎです(笑)。

留渦の起こった顔も、普通に可愛いな(〃∇〃)。 ←最低だな

 

あすから魅惑の夏休み:

女子学生を洗脳し、貞操を守らせようという妖怪のネタ。

最後の「あちゃーーー」は、多分、男性読者全員の思いを形にした感じ(笑)。

初めて、主人公に共感を覚えました(笑)。

 

熱湯ボコン:

カップ焼きソバのお湯を流し台に流すと『ボコン』という音がするというネタ。

留渦の行動がいつもと違い、違和感を覚えるが、最後は上手く纏めた作品。

やっぱり留渦には笑顔がよく似合う。

 

果汁44%:

学校の水道からオレンジジュースが出てきたというネタ。

学生時代、誰もが思ったであろう夢の話で、妖怪登場シーンは大笑いo(^▽^)o。

今巻で唯一、相原さんが登場した回でもあるわけだが、特に活躍はなし。 残念。

 

ワゴムコワイ:

輪ゴムを向けられると怖いという話。

確かに輪ゴムで攻撃を受けても致命傷になるわけではないのに、怖いよな~。

最後のオチの使い方も上手かったですね。

 

手を振る楽しい人々:

『世にも奇妙な物語』にでも使われそうなホラー話。

ある意味、9巻までの全ての作品の中で、一番怖い作品かも。

 

高尾山→豊田:

夜中歩いていると後ろからヒタヒタと歩いている音がするというネタ。

この作品では珍しく、なんと妖怪が登場しない作品でもある。

また人間心理を巧みに使った作品でして、その勢いで委員長の本名まで登場(笑)。

良い話を読んだな~、って感じの作品。

 

百億光街:

サイトーさんが地下の妖怪の街の住人にさらわれるというネタ。

この作品も珍しく『現実ではない異世界』が登場する。

地上とは違い、妖怪の街らしく妖怪だらけの世界は、RPGのようでワクワクする。

いずれ再登場して欲しい設定。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

おまけが20ページ以上あるというお得な最新巻。

マンネリ傾向を感じさせない作者の才能に驚くばかり。

まあ、テーマ的にも絵柄的にも万人受けは難しいと思うが、面白いですよ。

 

点数的には

86点

くらいでしょうか。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。