まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【日記】

少しずつですが、ブログを改造しております。

普段は全然思いつかないのに、仕事で忙しいときにアイディアが生まれてきます。

根っからの逃避体質なのだと改めて感じます(笑)。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【マンガ感想】

 

『へうげもの 4巻 (山田芳裕)』

山田 芳裕
へうげもの 4 (4)

 

過去記事はこちら → 1巻  2巻3巻

 

よく見ると『1巻・2巻』という表記ではなく、『1服・2服』という表記なのです。

このブログでは『1服・2服』では判りにくいですので、『1巻・2巻』という表記で紹介します。 

 

 

【あらすじ】

これは「出世」と「物」二つの【欲】の間で日々葛藤を繰り返す戦国武将・古田左介の物語である。  

時は1582年6月、光秀の雅なる「最期」をもって「わび」の時代が開幕。 古田左介は数奇の要塞「待庵」で「渋さ」を知り大坂城と「黄金の茶室」に「華」を感じる。 大名への出世、従五位下・古田織部襲名、「聚楽第」での自邸建造そして陶工野郎Aチーム「織部十作」創設。 武ならぬ数奇の天下を獲るべく、織部大爆発!!


 

この巻では山崎の戦いが終わり、明智光秀の死を描くところからスタートする。

光秀が辞世の句を読み力尽きた後、光秀の首を取ろうとする僧兵が現われる。

その僧兵が無理やり光秀の首を取ろうとすると、なんとそこに徳川家康が登場!!

その僧兵を(多分)蹴散らし、光秀の首を守ったのだろう。

Σ(・ω・ノ)ノ! まさか光秀って・・・・、天海になっちゃうの~!?

いや、でも、この時点で死んでしまった展開だったし・・・、まさか・・・まさかね~(^^;。

まあ、そうなったらそうなったで、面白そうだけどо(ж>▽<)y ☆

 

 

山崎の戦いの後、『賤ヶ岳の戦い』と『小牧・長久手の戦い』は早送りで展開。

主人公・古田左介の見せ場はあったけど、とくに語る部分はなし。

その後、主人公・古田左介はついに大名へ出世し従五位下古田織部正重然と名乗ることとなる。

3万5千石という大名となり、自由に使えるお金が出来たと同時に、左介がしたことは、

美濃の釜大将に献金し、自分好みの職人を集めることだった(笑)。

ホント、趣味に生きる男よの~。

 

そんな主人公を描いて話が脱線しましたが、39話から今巻の見せ場。

茶々のこと濃姫が秀吉の側室になる話から、千利休の暗黒面丸出しの行動、

秀吉の野望と石田三成の台頭、そして豊臣秀長の大活躍が描かれる。

 

私は豊臣秀長が大好きなので、そこだけについつい注目してしまいます(^^ゞ。

ここまで秀長が活躍するマンガを見たこと無いので、ファンとしてはニヤニヤものです(笑)。

(≧▽≦)ノ 豊臣秀長ファンは要必読ですよ!!

すでに死の伏線が描かれているので、次巻に亡くなってしまいそうなのが残念ですが(ノД`)。

 

そんな秀長より絶対の信頼を受けているのが『千利休』。

隆慶一郎先生、原哲夫先生の『花の慶次 ―雲のかなたに―』では良い利休が描かれましたが、

この作品の利休はフォースの『暗黒面』に触れすぎているんじゃないのかと思ってしまうほど、

悪い人・・・・というより怖い人として描かれている。

信長を殺させるように秀吉を動かし、また今度は朝廷(天皇)を殺そうと秀吉を動かそうとする。

 

利休 「信長公を超えてくださりませ」

    「今のままでは真似の域を脱しておりませぬ」

 

秀吉に『天皇を殺して天下人になれ』と挑発するのである。
この秀吉と利休の会話の緊張感は是非読んで感じて欲しい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

正直、私は主人公・古田左介(古田重然)よりも、この作者が描く歴史に興味がある。

彼が描く歴史は創作であるわけだが、これほど魅力な創作は見たことが無い。

 

点数的には、

89点

くらいだろう。

 

秀吉の付け髭とか、細かい部分まで描かれている良作です。

戦国時代の小説などが好きな方には特にお薦めです。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。