まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【日記】

来年から大リーグに行くことになりそうな元阪神の井川慶選手。

その井川選手の伝説を集めたサイトが面白い → 井川慶伝説

久しぶりに読んでみると、記事が増えていて新鮮に読めた。

ぜひとも、大リーグで成功してほしいものだ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【マンガ感想】

 

『ワンピース 44巻 (尾田栄一郎)』

尾田 栄一郎
ONE PIECE 巻44 (44)

 

過去記事のレビューはこちら→ 40巻  41巻  42巻  43巻

 

ウォーターセブン編になって展開がドラマチックになり、

さらに、その展開も早く、中だるみが一切無いのが素晴らしい。

本当に、面白いですよ(^^ゞ。

 

 

【あらすじ】

ロビンと合流し、脱出経路を模索する麦わら一味。 だが、「バスターコール」の影響で絶体絶命に! そしてルフィVSルッチの死闘の行方は!? 緊迫のCP9編決着!! “ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!

 

 

今巻で、ウォーターセブン編が終了しました。

まあ、多少エピローグが残っていますが、ロビンを助けるというメインストーリーは終了です。

ロビンの救出、ルフィVSルッチ、バスターコール、そしてメリー号との別れ・・・。

「これでもか!」と言わんばかりの多くのイベントを1冊で上手く纏め上げ、

バスターコールにより絶体絶命のピンチに現われたのは、壊れたはずのメリー号!

いや~、燃えます!!

 

そして、ラストのメリー号のシーンは涙無しには語れません。

ここまで一緒に冒険してきたメリー号を仲間の一員として描ききったウォーターセブン編は、

名作といっても間違いないと思います。

 

---------

 

さて、気になったところをいくつか。

ちなみに、私は単行本派なので連載を一切読んでいません。

それを踏まえた上での考察・妄想です。

 

【ルッチと海軍兵の強さ】

海軍本部だけあって一兵卒ですらゾロと互角に戦える者もいる。

驚いたのが前線に出てくる一兵卒のくせに能力者がいるということ。

このことは、海軍には無数の能力者がいることを示しているわけで、

今後は、少佐・大佐クラスでもなくても、能力者が多数出てくるという伏線だと思う。

個人的に、ゾロの刀を壊した能力者の再登場を期待したい。

 

そして、ルッチ。

その海軍兵達から、恐怖と尊敬を受けるほどの強さのようで、

しかも中将クラスのキャラからも認められるくらいだから、海軍でも強い方に当たるのだろう。

ルフィの限界を引き出すくらいのキャラなのだし、賞金額にするとどれくらいのだろうか?

ゾオン系ということで、エネルやクロコダイルのような絶対的な強さを感じないけど、

打撃系だけでゴム人間のルフィを追い詰めるのだから、相当なレベルのだろう。

1億5千万くらい? ←アバウトだな(笑)

このイベント終了後、ルフィがどれだけの賞金首になるのか楽しみですな。

サンジやナミも賞金首になるだろうし、間違ってウソップも賞金首になったりして(笑)。

 

 

【ルフィのギアシステム】

ギア3を使うことにより、体が一時的に縮むという副作用が描かれた。

当然、これからギア4・ギア5と進んでいくと思われるが、この副作用が重要になってくると思う。


とはいえ、このギアシステムはあまり好きではない。

前々から強さのインフレは起こっていましたが、これを導入することによりさらにその傾向が強くなる。

正直、ルフィがここまで強くなりすぎると、味方や敵とのバランスも難しくなると思う。

ルフィが強くなるということは、敵も強くなり、そして味方も強くなるということである。

変な話、ナミですら、海軍兵を撃退できるくらい強くなってしまった。

 

残念なことに、過去に出てきたキャラなど再登場できる隙間すらなくなった感じだ。

いまさら、バギーとかに出てこられても、ナミにすら勝てないだろう。

海軍のたしぎ・コビー・ヘルメッポなど、出番すらあるのかが、不安な状態である。

 

 

【CP9のその後】

CP9は『ためらい橋総攻撃』前に、回収されたようで、全員生きているのだろう。

彼等の再登場はあるのだろうか?

 

彼等は、中途半端に強すぎるため、ルフィといずれ戦うキャラの下に付くことは無いだろう。

一番確率が高そうなのが青キジの部下という路線だと思うけど、上記の理由から無理っぽい。

表紙での再登場で彼等の活躍は終わるのかもしれないが、

エニエスロビーを守りきれなかったという理由で、大監獄インペルダウンにいたら笑えるのだけど。

 

 

【メリー号の最後とウソップのその後】

まず、ウソップ。

最後はそげキングに戻ってしまったようで、これからも麦わら海賊団に所属するのかな?

ウソップのままだと弱そうにしか見えないが、そげキングだと強そうに見えるのが不思議だ(笑)。

・・・・ということは、まさか賞金首はそげキングで登録されたりして(笑)。 ←ないない

でも、ウソップってもうそんなに弱くないキャラだから、賞金首が掛かってもおかしくないかも。

能力者になるしか強くなれない雰囲気だった昔と違い、頼りがいのあるキャラになったものだ。

でも、彼は結局、海賊団を抜けないのかな? よく分からない。

 

そして、メリー号。

作者より「ウォーターセブン編で一人仲間が減る」という話でしたが、

まさかその仲間とは、メリー号とは予想すら出来ませんでした。

確かにルフィたちと一緒に旅をしてきた船であるわけだけど、

メリー号が『仲間』という言葉の中に入ってくるとは思ってもいませんでした。

しかし、喋るのは反則だよ~。

ホント、こんな演出されると、涙が普通に出てきて止まらないじゃないですか(///∇//)。

 

でも、麦わら海賊団の次の船はどういう船になるのかな?

そういえばフランキーって船作っていなかったっけ? 気のせいか?

何気に、プルトンだったら笑えるのだけど(笑)。 ←ないない

ユーモア溢れる船であってほしいです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

ココロさんが人魚だとは非常にサプライズで、近々魚人島も出てきそうな雰囲気。

そういえば、魚人島には王下七武海がいたような気がするが、どうだっけ?

でも、その前に大監獄インペルダウンに行かないといけないような伏線があったような気がする。

そこら辺は、さっぱり判らないので次巻に期待したい。

 

点数的には、

100点

です。

 

ウォーターセブン編はほぼ完璧でした。

次巻でどのような展開になるのか判りませんが、この勢いのままを期待します。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。