まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【日記】

実は、現在、通信教育を受けている。

もちろん、仕事に関する資格関係の講座。

2年間を掛けてゆっくり取る資格講座で、スケジュール調整もそれほど難しくない。

この仕事の基礎から学べるので、かなり重宝している。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【マンガ感想】

 

『君と僕。 3巻 (堀田きいち)』

堀田 きいち
君と僕。 3 (3)

 

過去記事はこちら → 1巻2巻レビュー

 

正直、前巻までのストーリーを全然覚えていなくて、

1巻・2巻を読み返しつつ3巻を読みました。

 

 

【あらすじ】

彼女ができても文化祭やっても・・・なぜだか気付けば脱線ばかり。 いい感じにいい加減な高校男子たちの青春グラフィティ、超待望の第3巻!

 

 

今巻のメインは、文化祭の準備と文化祭本体ですが、

その話の前に、一番目立たなかった双子の兄貴『悠太』の恋愛ストーリーもあります。

今まで目立てなかった『悠太』自体の掘り下げの意味もあるのでしょうが、

これがなかなか『悠太』の性格に合ったストーリー展開だと思います。

自由奔放の弟の兄貴らしく周りに気を使って生きてきたのだろうし、

この話が弟・『祐希』だったら話をすかしたりごまかしたりギャグで落とすような話になっていたと思う。

ただ、掘り下げがあったにもかかわらず、未だにこの双子の兄弟の区別が付きません(^▽^;)。

性格的にも外見的にもそっくりで、話の途中でいちいちキャラクター紹介を見る始末。

個人的に、もっと性格的にも外見的にも書き分けした方が読みやすいと思うけどな~。

 

----------

 

さて、今巻のメインは文化祭。

『要』の苦労話や一途な片思いの話、『東先生』の正体、『千鶴』の『茉咲』への思い、

そして『茉咲』の『春』への思い、などなどを文化祭という舞台で描いた感じ。

 

その中でメインとなるのは、やはり『千鶴』の『茉咲』への思いでしょうね。

個人的に、『千鶴』があまり好きなキャラじゃなかったりしますが(おいおい)、

やはり『茉咲』には鈍感な『春』よりも積極的な『千鶴』の方が合っていると思いますね。

『春×茉咲』の方は、『春』が鈍感すぎるため『茉咲』の思いが一切通じず関係が全然前に進まない。

なんだかんだ『千鶴×茉咲』の方が男の子・女の子していて、感情移入しやすいですしね。

まあ、『春』はこの作品のヒロイン(笑)だから、しょうがないか・・・・。

 

そして、個人的に好きな展開が『要』の片思い話。

幼なじみの姉貴に片思い中なわけですが、残念なことに今回は進展は一切なし。

しかも幼なじみ・『日紗子』の片思いジェラシーもなく、さらにがっかり。

できることならば、もう一度、『要』中心の話を描いてほしくあるわけで、

好きになった理由とか、家族のこととか、いろいろと知りたいですね。

個人的に、『要』の設定は全てが好みの設定になっているので、気になるわけです。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

1巻・2巻が面白いと思った人なら普通に楽しめる内容です。

ただ、文化祭という大きなテーマがあったので、話のバリエーションが少なく、

繰り返し読むようなことはできない内容かもしれません。

 

点数的には、

85点

くらいでしょうか。

 

一応、ギャグマンガですが、青春マンガとしても楽しめる作品です。

まあ、『マニアな女性向け』のような演出が多少ありますが・・・・。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。