まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

4年ほど仕事で使っていたノートパソコンが壊れてしまいました。

大体3年が寿命といわれるノートパソコン。

仕事で使う物が3年しか寿命が無いのは・・・・(泣)。

次はデスクトップにしようと思います。

 

 

『ダイヤのA 1巻 (寺嶋裕二)』

寺嶋 裕二
ダイヤのA 1 (1)

 

週刊少年マガジンを読んでいたときに、一番楽しみにしていた作品です。

内容が高校野球マンガしていて面白い作品です。

 

 

【あらすじ】

中学全国大会を目標としていた沢村栄純。 最後の大会は自らの冒頭で敗退してしまう。 仲間と共に高校でリベンジを誓うなか、名門・青道高校野球部からスカウトが来る。 見学に訪れた沢村は、いきなりエリート校の洗礼を受けることに! 名キャッチャーの呼び声高い御幸との出会いが沢村の高校野球への情熱を目覚めさせる!!

 

 

中学野球で思っていたほど活躍できなくて、

中学校の仲間と共に高校でリベンジしようと思ったら、

主人公の頭が悪すぎて同じ高校に入学できないことが判明(笑)。

と思ってたら、名門高校から声が掛かって、この物語が始まるわけです。

 

弱小チームに所属だった主人公に、名門高校スカウトが目を付けた理由は、

『七色に変化するナチュラルなムービングボール』

という何処に曲がるか判らない魔球のようなボールを投げる事が出来るため。

 

ここまで書くと、超人野球と思われるかもしれませんが、

この作品の面白いことは、最初こそこういう人間離れした変化球を前面に出してきましたが、

高校入学後は、純粋な名門高校野球部と高校野球を描いており、非常に好感が持てます。

また、主人公もバカで暑苦しい熱血系のキャラクターですが、

ただのバカキャラではなく、喜怒哀楽が上手く描かれており、

愛されるバカキャラとして上手く掘り下げをなされております。

 

------------------------------------------------

 

さて、この作品は高校野球としての魅力部分をちゃんと描いている事が魅力です。

名門校らしい怖く有能な監督、主人公の魔球を捕る事ができる優秀なキャッチャー、

今巻ではまだ登場してませんがライバルとなる同学年のピッチャー、

名門校らしいエリート集団が作る雰囲気、どれを取っても魅力的です。

 

まだまだ、入学した高校のみの掘り下げ作業中で、

これからもドンドンキャラクターが出てくる予定ですので、もっともっと面白くなります。

 

点数的には、

84点

くらいでしょうか。

 

ここだけの話、2巻から本当に面白くなります(笑)。

1巻はプロローグ的な存在で、主人公の紹介が話の中心になっております。

2巻以降は、90点作品になるかも・・・です。

 

 

では、ここまで。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。