まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】 

 

『ラストイニング 10巻 (原作:神尾 龍  漫画:中原 裕)』

神尾 龍, 中原 裕
ラストイニング 10 (10)

 

過去記事は、こちら7巻レビュー8巻レビュー9巻レビュー

 

この作品は、大のお気に入りです(^^ゞ。

『おおきく振りかぶって』 とは違い、高校野球のどす暗い部分が描かれております。

あれも高校野球、これも高校野球。 面白いですよ!!

 

 

【あらすじ】

汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ! かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ヶ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える!!

 

 

まず、詩織ちゃんが最高です(^^ゞ。

最近流行りの『萌えキャラ』ではなく、普通の“態度の悪い”女子高生です(笑)。

普通のマンガでは絶対にスポットが当たりそうにないキャラですが、

女性キャラがほとんど登場しないこの作品では、その容姿と共にかなり光った存在なのです。

っていうか、ホントに彼女は可愛い過ぎますよ(///▽///)。

 

----------

 

さて、いつもの前置きはこれで終了しまして、本編です。

前巻から続きで、『秩父優明館』の対戦結果と夏の大会に向けて話が進み始めました。

 

やはり、今巻の目玉は、秩父優明館との試合結果にあるわけです。

相手の監督の言葉に翻弄され続けるも、ラストの方では逆に翻弄するという形で終了。

負け試合にはなったが、キャッチャー・八潮の成長を上手く描いていたし、

彩学ナインが全員、主人公である監督を信頼し、自分達が成長しようという高校球児らしい

イベントも描かれ、このマンガではありえないほど清々しい気分にしてくれた(笑)。

 

また、今まで目立たなかったナインも段々と掘り下げがなされるようになった。

元々、天才系のキャラが少ないチームだけに、個々のキャラの掘り下げが必須なわけだが、

この作品ではあまりそういうイベントが描かれにくい状況であった。

しかし、この試合以降、名前は判らないが、脇役ナインにも個性が描かれ始めた。

これは、ワンマンチームではこれ以上勝ちあがれない、

チーム全員の力を合わせないと勝てないという重要な問題を描いた結果であり、

このことでさらに面白くなったことは間違いない!

もっと時間を掛けて掘り下げをしてもらい、『聖母』との試合にも説得力ある展開を期待しております。

 

----------

 

そして、野球以外の話がもう一つのメイン。

 

『おおきく振りかぶって』という名作にも少しだけ描かれていたが、

いわゆる高校野球の暗い部分、『親の干渉』問題。

『おおきく振りかぶって』ではまだ理解ある親が描かれていたものの、

それでも、この『親の干渉』を必要以上に恐れていることが描かれていた。

 

しかし、この作品では、その面白いネタを使わないわけがない!!

作品の初期から描かれており、今巻で一気に主人公を追い詰めるような展開が描かれていく。

『負ければ野球部が廃部』

という最悪の状況なのに、救世主の主人公をなぜ親がここまで邪魔をしようとするのかが理解できない。

「負ければ終わりなんだから好きなようにやらせればいいじゃん」

なんて思ってしまうが、やはり高校球児の親になるとこういう少しの悪い噂も許せないのだろうか?

 

そのイベントに、さらにスポーツメーカーの『比企夏子』が大きく関わってくる。

彼女の正体と共に、何故彼女はまだ弱小の『彩学』をターゲットにするのかが話の中心となっていく。

その疑問は次巻で描かれそうで、この大問題をどのように主人公が治めていくのかも気になる。

正直、『比企夏子』のキャラ絵と性格があまり好きではない私としては、

このまま性悪女として描かれてくれた方が、個人的に盛り上がるわけですが(笑)。

まあ、王道としては『比企夏子』は主人公側の味方になるわけだけど、

どう転がるかは次巻を楽しみにしておきたい。

 

あと、おまけで、

この中傷イベントに高野連のおじさんが描かれるわけですが、

この人がホントに格好良いのです(^^ゞ。

この人の言葉はこの作品を読んでいただくかないと絶対に心に響かない言葉なので

ここには書きませんが、高校野球の最後の砦みたいな存在ですな。

こういう良識的な人がいないとこういう話が成り立ちませんが、

こういう人物を描くことができるこの作品が素晴らしいと思います。

 

---------------------------------------

 

『夏の大会』と『親の干渉』の2本の柱を立てており、非常に上手い構成であると思う。

監督マンガとして、起こりえる暗いイベントを真正面から描いていることも好感が持てる。

高校野球が始まった現在、このマンガを読んでみるのも悪くないかもしれませんよ。

 

点数的には、

94点

ですね。

 

低迷した時期もありましたが、順調に復調してきました。

試合が面白い野球マンガは、最高ですね。

 

 

では、ここまで。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。