まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ONE PIECE(ワンピース) 42巻 (尾田栄一郎)』

尾田 栄一郎
ONE PIECE 巻42 (42)

 

過去記事のレビューはこちら→ 40巻   41巻

 

さすがに続きが読みてーなー、って感じで終わっています。

(〃`Д´)ノ ホント、早く続きが読みてーなー!!

 

 

【あらすじ】

司法の塔に突入したルフィ達に対し、長官から抹殺指令が下る!! 行く手を阻むCP9を倒し、無事ロビンを奪還できるのか!? 麦わら一味VSCP9全面対決開始!! “ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!

 

 

ついにCP9との全面戦争が始まった。

CP9は7人もいるので、あと2,3巻分は戦いで続きそうな雰囲気だが、

前置き話が長かったためか、戦闘は結構あっさりとしておりなかなかテンポが良く読みやすい。

また、今回の戦いはコメディ要素も多く、なかなか面白く作ってあるのが特徴だ。

これは、やはり敵キャラであれ、好感度を上げておき、

この『ロビン編』以降もCP9のメンバーが登場する可能性を持たせてあるような気がする。

特に、カクとカリファあたりは、青キジの子分として出てきても違和感はないですし・・・。

 

で、

今巻も味方も敵もそれぞれに魅力的に描かれ、次巻に期待を持たせてくれる展開でした。

とはいえ、最後の展開はベタすぎですね(^^;。

これほどベタな展開は久しぶりに見ましたよ。 

まさか、現在一番売れている作品でこのようなベタな展開が使われるとは思ってもみませんでした。

できればもう一つ二つくらいアクセントがあってから、このような展開になれば、もっと盛り上がったかも・・・。

まあ、正直、戦闘面のワンピースはあまり面白くないので(苦笑)、

このように速いテンポで終わられてくれた方がうれしいですけどね。

 

----------------------------------

 

さて、いくつか気になったことを書きましょうか。

 

①ゾオン系(チョッパー含む)

②ギア3にするとルフィは縮む

③バスターコール

 

くらいかな。

 

【①ゾオン系(チョッパー含む)、について】

今回は様々なゾオン系(動物系)の能力者が登場します。

まさかキリンが登場するとは思いもしませんでしたが(笑)。

 

で、最強とされるのが自然系(火・雷・煙・氷など多数)で、

もちろんボス共はその自然系の能力者である事が多く、どのように倒すのかが話の魅力でした。

 

しかし、ゾオン系の場合、能力的に肉弾系である事が多く、

しかも動物であるため意外性の高い攻撃が少なく、漫画的にみてもあまり魅力的と言えません。

さらに、主人公チームもあまり能力に頼らない肉弾戦中心なため、非常に被ってしまう。

なので、私の場合、敵キャラがゾオン系であった場合、ガッカリしてしまう。

『ゾオン系=雑魚キャラ(かませ犬)』

というようなイメージが付いてしまっているからだ。

 

とはいえ、今回はこのようなイメージを壊してくれそうな勢いがある。

それがチョッパーであり、あの『覚醒』だ。

少なくとも今の状態であれば、サンジ・ゾロなどの能力者でない者は勝てないだろうし、

自然系であろうともその攻撃が効かない可能性が高い。

 

そして、チョッパーにこの『覚醒』があるということは、他のゾオン系キャラ全員に共通しているはずである。

この『覚醒』を使用してくるボスがいずれ出てくる可能性が高い。

さすがに今回のルッチが使ってくるとは思えないけど、

ゾオン系に最強キャラがいたら、それはそれでかなり期待できるキャラになるのではなかろうか?

 

 

【②ギア3にするとルフィは縮む、について】

このギアっていうのは、『ドラゴンボール』の界王拳にしか見えないのだけど、

使用すると縮むっていうのは面白い。

例えば、その特徴を使用するイベントが出てくるかもしれないし、

ルフィの新たな能力の礎になるかもしれない(スーパーサイヤ人みたいな)。

 

とはいえ、これは当分これはウィークポイントとして描かれるだろうし、

ギア4になったときに、このウィークポイントがどう変化するのかも気になる。

正直、こういう進化は好きでないので、ギア4→ギア5という風な進化は止めて欲しいな。

 

 

【③バスターコール、について】

なんともベタな展開でバスターコールが発動されてしまったわけですが、

このピンチにどう対処するのかが、CP9との戦い以上に気になる展開なわけです。

 

青キジの名によりバスターコールされたわけですが、

これはやっぱり正義の門も壊されるという伏線なのかな?

この正義の門が壊れて、罪人と呼ばれる人々が脱走するという展開と共に、

司法の塔であるエニエス・ロビーを世界政府自ら壊すことにより、

世界が混沌に満ちてしまうのではないだろうか?

 

さすがに考えすぎかもしれないけど、そういうことに白髭やシャンクスなどの行動も重なっていけば、

もしかしたらかなり面白い展開になりそうなのだけど・・・・。

さすがに大風呂敷を広げすぎて収集がつかなくなってきたので、

ここらでキャラを整理する意味でもこういうイベントが起こってくれると面白いと思う。

まあ、私の予想は当たったためしがないのですが(笑)。

 

--------------------------------

 

ということで、次巻が楽しみです。

 

点数的には、

95点

くらいでしょうか。

 

100点出ないのは、全て戦闘シーンだったからです(笑)。

私は、戦闘よりも前置きの方が好きな人なので・・・。

 

 

では、ここまで。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。