まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『あいこら 3巻 (井上和郎)』

井上 和郎
あいこら 3 (3)

 

過去記事はこちら2巻

 

この変態マンガも3巻目ですか。

内容はかなり面白いので楽しみにしておりました。

 

 

【あらすじ】

瞳・胸・声・脚・くびれ・・・、理想のパーツを持つ女の子達に囲まれて、フェチな生活を満喫する前田ハチベイ、15歳。 だが、そんなハチベイの前にライバル出現!! “女の子は見た目じゃない、ハートだ”と言い切る男・菊乃盃二が転校してきた! ”パーツ対ハート”・・・真っ向からぶつかる2人は、ついに決闘へ・・・!! だが、自体は思わぬ方向に!? 話題独り占め! 大人気フェチコメ!!

 

 

このマンガの凄いところは、『フェチ』をテーマとしているところ。

いくら『萌え』が勢力を拡大していても、まさかこんな内容のマンガが

少年誌に普通に連載されているところが凄い。

しかも、結構面白かったりする(笑)。

 

そして・・・いやまさか少年漫画で・・・男が主人公で男ヒロイン・・・、

男でありながら『フェチ』を持っているキャラが出てくるとは思わなかった。

 

「なーに、ボクの愛には性別など問題じゃないさ」

「女性も男性もボクは愛せる人間だからね」

 

・・・・バイセクシャルキャラを出す作者に乾杯(笑)。

絵がポップな感じなので、この作者が描くと違和感がなかったりするけど。

過去の作品でも、『おっさん萌え』を描いた作者だけに、

このキャラも人気が出てくるのだろうか?

いや、単に女性ファンを手に入れるだけの行動なのか?

 

----------

 

で、やはりもう一つが、幽霊萌え(笑)。

他のブログを見ている限り、このキャラはサンデーの伝統らしい(笑)。

昔のサンデーを読んだことがないのでよく分からないが、

この巻で一番面白かった話であることは間違いない。

もちろん『幽霊萌え』もそうだけど、

渋沢(変態メガネ)が出てくるとハズレがない。

こいつが出てくると、『フェチ』が話の中心に来るし、

主人公がヒロイン達に『気を使うしぐさ』が一切なくなる点が素晴らしい。

つまり、素の主人公が表に出まくってくるので面白くなる。

 

----------

 

全体的にレベルが高かったし、それなりに面白かった。

この作品を読んでて思うことは、ヒロイン達を上手く回しているということ。

天幕を中心に、ヒロインを一人ひとりスポットを当てて、

一話一話ちゃんと構成したストーリーに仕上げている。

嫌な言い方をすれば、キャラの掘り下げが薄いとも言える。

ライトな雰囲気だが、ヒロインがどんどん増えていっている作品だけに、

この描き方にも限界が訪れるはずだ。

正直、今でも充分すぎるほどキャラが多すぎるような気がする。

 

で、作者はそのヒロイン達を掘り下げるために、

一人ひとりの故郷を描き、掘り下げることを開始したようだ。

こういうイベントは、キャラの存在感を出すのに最適だと思う。

このことから考えても、

これ以上はヒロインを増やすことは止めたのかも。

キャラを完全に固定して、安定路線に乗せてくるのかもしれない。

このイベントが終わってから、この作品がどの方向に行くのか楽しみです。

 

------------------------

 

長々と書いてきたけど、

個人的に幽霊さんがレギュラー化してくれることを祈っております(笑)。

 

80点~85点くらいかな。

普通に面白いし、このテーマ“にして”は万人に受けそうな作品です。

その理由はやはり絵なのでしょうね。

 

 

では、ここまで。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。