まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『ARIA 8巻 (天野こずえ)』

天野 こずえ

ARIA 8 (8)

 

久しぶりにこの作品を読んだのですが、やっぱり面白いですわ。

限りなく100点に近い点数を挙げてもおかしくないくらいです(^^ゞ。

アニメも第2期に入るほどの人気だそうですよ。

 

 

【あらすじ】
地球出身の水無灯里(みずなし あかり)はウンディーネになることを目指し、火星へやってきた。 現在はアリシアとアリア社長のみのアリア・カンパニーに入社し、見習いとしてゴンドラ漕ぎと観光案内の練習をする毎日。
 

 

今回は見所がいっぱいです。

まず今巻の見所は、『アテナ先輩』ですね。

アテナ先輩が記憶喪失になってしまう話で、詳しくは書きませんが

今まで書かれていたアテナ先輩らしいエピソードで、

 

「アリスのことが、でっかい好きなんだな~(^^ゞ」

 

と納得のストーリー。

起承転結が上手く、オチがわかっていてもそれ以上のモノを与えてくれます。

こういう話を読むと、この作者は本当に才能のある人だと改めて思います。

 

 

で、次はカップリングでしょうか?

『アル君』と『藍華』のカップリングはかなり前から描かれていましたが、

まさか『灯里』と『アリス』にもカップリングが用意されているとは!!

『灯里』は最初からこいつとくっ付くのだと思っていた・・・というか、

こいつ以外男性キャラが出てこないので隠す必要はないと思うけど(笑)、

『アリス』の方は、特に伏線とかなかったので驚きました。

『アリス』がどういうヤツとくっ付くのかは、読んでからのお楽しみです(^^ゞ。

 

しかし、『3大妖精』は男っ気が一切ないのに、

その直属の後輩にあたる3人の方が先に出来るとはな~(^^;。

まあ『3大妖精』は仕事が忙しいからしょうがないのだろうし、

彼女らに吊り合う男性キャラが一切いないしで、

それぞれに独りを保っていただきたいのが本音だけどね。

男性のレギュラーキャラの少なさが、改めて感じさせる事件でした(笑)。

 

------------------------------------------

 

のんびりとした作品で、非常に癒される作品です。

疲れているときに読むと主人公の『灯里』と同じように涙してしまうかも(笑)。

巻を重ねるほどに、この作品が好きになってきますね。

キャラもストーリーも世界観も・・・・。

今年に入って読んだマンガの中でベストであることは間違いないですね。

限りなく100点に近い作品ですよ(^^ゞ。

 

 

では、ここまで。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。