まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『辺境警備 (紫堂恭子)』

紫堂 恭子
辺境警備―決定版 (1)

 

凄い表紙ですね(^^;

私が持っているのは、通常版です(アマゾンに画像がないです)。

この人のことはよく知りませんが、少女漫画家なのかな?

この表紙を見るといかにも少女漫画ですが、

実際の作風は、男性でも違和感なく読めると思います。

 

実は、この人の作品は、2つしか知りません。

一つはこの作品。 もう一つが『グラン・ローヴァ物語』。

後者のほうが有名かも。 どっちも名作ですよ。
 

 

【あらすじ】

都からとばされてガッカリのサウル・カダフ隊長。でも、辺境の暮らしにも事件は色々あって…!? 描きおろし短編も収録の決定版!!

 

 

辺境の警備隊長として左遷された『隊長さん』と、

その左遷先の辺境『ルーマ・カール』の『神官さん』の2人を中心とした、

のほほんとしたファンタジーマンガです。

 

『神官さんの過去の話』がこの物語の核となる部分ですが、

やはりこの作品の一番の魅力は、辺境でののんびりした話でしょう。

隊長さんと神官さんの漫才も面白いですし、

同じ顔の兵隊さんの存在もこの作品の魅力の一つでしょう。

 

 

この作品は、ファンタジーといって『幻想』という感じではなく、

昔ながらの日常にちょこっとファンタジーが入っている感じで、

読みやすく自然とこの世界に入っていけると思います。

また、ギャグとシリアスの書き分けがはっきりしていて読みやすいです。

これは、私が読んでいる『紫堂作品』全て言えますね。

 

-------------------------------------------------------------

 

この作品に出会ったのが大学時代ですから、もう○年以上ですか(笑)。

ひさしぶりに『グラン・ローヴァ物語』を読んで、この作品を読み直しました。

これがデビュー作品とは思えないくらいの完成度です。

 

まあ、一応少女マンガという部類に入ると思うので、

男性が買うのは躊躇ってしまう作品かもしれませんね。

 

 

では、ここまで。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。