まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

昔から、マンガを多く読んできたわけですが、

自分が開拓したマンガってかなり少ないのですよ。

ほとんどが、友人・インターネットからの紹介ですね。

で、今回の作品は、友人の紹介です。

 
 

『SWEET三国志 (片山まさゆき)』

   
片山 まさゆき
SWEET三国志 (1)
SWEET三国志 (2)
SWEET三国志 (3)

 

三国志のギャグマンガです。

初心者入門っぽいですが、ある程度三国志の知識がないと、

楽しめない作品だと思います。

 

 

【三国志】

三国志(さんごくし)は、中国の後漢末期から三国時代にかけて群雄割拠していた時代(180年頃 - 280年頃)の興亡史の通称である。この時代の歴史物語が三国志と呼ばれるのは、ほぼ同時代の歴史家陳寿(233年 - 297年)がこの時代の出来事について記録した歴史書の書名が、『三国志』であることにちなむ。

三国時代の歴史物語は15世紀にまとめられた『三国演義』がもっともよく知られており、その後に作られた文学・漫画などの作品はほとんどが『三国演義』を元とする(ウィキペディアより)。

 

 

実は、三国志ファンです。 当然、横山三国志のね(^^ゞ。

横山三国志をここで紹介するかどうかわかりませんが・・・。

 

三国志といえば、『光栄(現コーエー)』。 ゲーム会社です。

本家『三国志』を始めアクションゲームの『真三國無双』などしましたね。

サルのように時間をかけて、時間をかけて、時間をかけて・・・・。


そんな俺に友人が紹介してくれたのが、この『SWEET三国志』でした。

まだ関東圏に住んでいるときですね。

あの当時は、手当たり次第マンガに手を出している時期でした。

 

この作品の第一印象は、『絵が下手すぎる』ってこと(^^ゞ。

そして、『ギャグが寒すぎるところ』『話があっさりしすぎているところ』が、

当時の俺の第一印象でしたね(^^ゞ。

もしかして、辛口すぎます(笑)?

 

でも、今読んでみてもその感想は変わらないんですよね(笑)。

 

絵が下手というのは、この人の画風が分からなかったからなんだけど、

上手くはないよな~(笑)。 ギャグマンガとしては、OKだけどね。

ストーリーに関しても、三国志のパロディなので、

冗談が通じない人が読んだら、ぶち切れるだろうな~。

また、後半は連載が打ち切り(?)になるせいか、

かなり急いだ展開になっています。

ギャグに関しても、一部のギャグは今読むと微妙の一言。

特に、当時限定のギャグになると、さっぱりわかりません。

 
 
とまあ、ボロボロに書いているけど、読んでみると結構面白かったりします。

何気に、史実には忠実で重要なイベントは全て描いていますし。

三国志ファンならぜひ読んで欲しい作品の一つかも。

文庫版で3巻ですので、読みやすいですしね(^^ゞ。

でも、やっぱり三国志ファン以外には、薦めにくいかな~。

あくまで、三国志の補完的なマンガと思って読んでくださいな。

 

 

では、ここまで。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。