まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

『最強! 都立あおい坂高校野球部 1巻 (田中モトユキ)』

田中 モトユキ
最強!あおい坂高校野球部 3 (3)

友人からの紹介で購入しました。

画像は3巻ですが、まだ1巻しか読んでいません。

【あらすじ】

「鈴ねえが行けなかった甲子園につれていってやる!」という6年前の誓いを胸に北大路輝太郎が入学したのは、都立あおい坂高校。入部した鈴緒が監督する野球部は、人数はギリギリ、誰からも期待されず、日陰の校舎裏で練習する超弱小チームだった! しかし、かつての誓いをたてた仲間たちが集まり、チームは最強伝説にむかって走り始めた。

【70点】

『小学生時代の監督だった菅原鈴緒(ヒロイン)を甲子園に連れて行く』

という考えを持った5人が主役。

もともと6人だったが、1人は敵に回る。

そして、その敵役の1人が超高校級プレイヤーになり全国優勝をした。

弱小チームを5人の天才が甲子園に連れて行くストーリー。

かつての仲間が、鈴緒のために集まるというストーリーは斬新。

少年漫画らしくキャラクター全員が前向きで、清々しい。

絵もうまく、野球描写もよく描かれている。

かなり面白い作品だと思います。

1巻を読んだ感想として、

『ストーリー展開が早すぎる』

と感じた。

1巻の終わりには、もう県大会予選始まっている。

これは、つまりキャラの掘り下げをほとんど行なっていないこと。

主役である5人全員、空白の3年間が語られていない。

これでは、感情移入できないし、キャラに魅力が感じられない。

しかも、全員天才で、努力キャラがいないのが痛い。

6人目が敵に回った訳ですが、

そのキャラが絶対悪という書かれ方も納得できない。

まさしく『5レンジャー』の世界である(5人で1人の敵を倒す)。

この展開は、少年漫画の王道なのだろうが、もう古い。

しかも、6人目が努力天才キャラだったりするので、もったいない。

人気作品の多くが、敵に魅力を感じることが多い。

ただ、ここまで感情移入を拒否したキャラがラスボスだと、

ラスボスを倒しました → めでたしめでたし、チャンチャン

という展開しか思いつかない。

ファーストインプレッションは重要である。

これは、実生活でも漫画でも言えること。

正直、この6人目がすっげー良いヤツで努力キャラで、

主人公たちに対して良い意味のライバル心を持ったキャラだと、

絶対にもっともっと面白くなったはずだ。

下手をしたら、

「なんだ、ラスボスがこんなヤツか。だめだなこのマンガ」

とか言われかねない。

少年誌で週刊連載で・・・、ということなのかもしれないですね。

ストーリーラインを簡単にして、展開を早くしていく。

読みやすい作品であるが、かなり浅い作品でもある。

最後にフォローを入れさせてもらうが、面白くないわけじゃない

非常に面白いのだ。 

だけど、上記で語ったことを考えさせられる作品でもある。

3巻まで出ているそうだ。

3巻まで読んで、この感想が間違いだったら修正します。

修正できるといいな・・・。

では、ここまで。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。