THMIS mama “お洒落の小部屋”

素敵なストーリーを多くの皆様へ!

NEW !
テーマ:

ドキドキ 「おはようございま~す。昨日は…ご馳走様でした~。」
女性3人。

「叶ちゃん、昨日は危なかったね~。」
悟朗。

瞳美、
「あっ…、はははは…。はは…、いえいえ…。」
変顔しながら、頭の中で、
「…またそれかい…。」

その悟朗の言葉を聞いてジュリアンと茉祐子、
「ぷっ。」

悟朗、
「…ん…???どうかした…???」

「いえいえ…。」
何故かジュリアンと茉祐子、同じタイミングで右手を小さく振りながら…。

悟朗、
「ふん。そっ。」

「おっはようございま~す。いやいや…、凄いとこに遭遇。あっ、ゴロ~さん、桐生さん、ちょっと遅れます。」
部屋に入ってきて、開口一番に遼。

「おぅ、おはよう。…ん…???マ~坊…どした~???」
「…もしか…したら…、どっかの…病院…かな…???電話来ると思うんですけど…。」

その遼の話に、一同、
「はぁ~~あ???」



タクシーの中。
「おばあちゃん、大丈夫か~???」
右足膝を懸命に撫でながらの老女を見ている将史。
「運転手さん、どこでも良いよ、どっか、病院みたいなとこ…、お願い。」

運転手、
「あいよ、待ってな。おばあちゃん、どんな様子…???」

「痛み…、何だか、酷い様子。」
「んじゃ…、この…辺だと…、ヨッシャ。あそこか…。」



「おばあちゃんをタクシーに乗っけて~!!!」
一同。

遼、
「えぇ。いきなり横道から若い男性が後ろ見ながら走ってきたような…。で、僕らの目の前で歩いていたおばあちゃんにドン。」

一同、
「わお。うん。」

「あっぶねぇなぁと思って。でも、そいつ、もの凄い勢いで走って行ったから…。何やってんだい、あいつ。って、思って…。」
「…で…???」

「桐生さん、そのおばあちゃんに、大丈夫???って、声掛けて抱き抱えたら、今度はそのおばあちゃん、動けないって…。右足を撫でて…。その瞬間、遼、タクシー!!!…って…。」

「…で、そのままおばあちゃんとタクシーで…ってか…???」
悟朗。

「はい。みんなに、ちょっと遅れるって言っておいてくれって。」
遼。

「ふふ…、そっか…。分かった。はは…、あいつめ…。」
悟朗。

瞳美、
「……。」






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


《PR》
庄司紗千 きっと大丈夫

※ご本人の承認の下、紹介させて戴いております。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。