ピアニカバッグ

テーマ:

私が子どものころは鍵盤ハーモニカなんて小学生から始めたという記憶がありますが、今は幼稚園のうちから始めるところが多いみたいですね。

 

王子の幼稚園では年長からピアニカ(ヤマハの鍵盤ハーモニカをこう呼びます)を使いますが、幼稚園で購入すると定価なので、去年のうちにお友だち数人とネットで安く買いました。

また、それを持って行くのにみんなキルティング素材の袋に入れているようなので、私も王子に作ってあげなくては…と生地だけ買って用意をしていました。

 

作り方はネットから1つ、図書館から借りてきた本のなかから1つ選んでいましたが、なかなか取り掛かれずにいたんですよねあせる

でも先日時間ができたので(…というより、やっとやる気がでてきたので)バッグ作りに取り掛かりましたよ~。

 

図書館から借りた本のデザインの方が少しよかったので、そちらので作ろうと思い、生地を裁断。

でも切ってみると何だか小さいの~。

あれれ~。もしかして…とピアニカを持ってくると、ケースごと入るバッグではなく、本体のみを入れるバッグだったようで、一回り小さかったんですよ~えーん

(きちんと合わせて測れよ~ってねぇ?)

 

でも生地を少し多めに買っていたので、もう1つのバッグの作り方で指示されていたサイズ分の生地を何とか取ることができたのでよかったです。

 

 

さぁ、久しぶりにミシン登場ビックリマーク

ミシンが大好きな王子は遊んでいた手を止め、私が使うミシンの向こう側へ回り、作業を凝視。

ミシンの動きが好きみたいですね。嬉しそうに観察していました。

 

 

かなり集中してやったからかその日のうちに完成させることができました音譜

 

…と思ったら…

 

 

げげげ!!

紐の向き間違ってるぅ~えーん

すぐに糸をほどいてやり直し。

 

 

細かいところをみるとひどいですけどね。

王子が喜んでくれたので、まぁよしとしましょう。

 

 

因みに最初の方のデザインだと↓のようになるハズでした。

 

 

本体の寸法が大きくなってしまったので紐の部分が足りなくなってしまい、手の持つ部分しか作れなかったんですけどね。

 

AD

今日はダーリンが仕事だったので、私と王子二人で国立新美術館で開催中の草間彌生さんの展覧会「草間彌生 わが永遠の魂」を見に行きました。

 

 


実は王子がまだ1歳のときに埼玉県立近代美術館へ草間さんの展覧会を見に行ったことがあります。 ⇒2012.5.16の記事

色鮮やかなオブジェに王子も声をあげて反応していたことを思い出しますが、絵を描くことが大好きな王子は、きっと今回楽しめるんじゃないかなと思いましてね。


国立新美術館には開館前に到着しましたが、チケット売り場にはたくさんの人が並んでいて、チケットを購入して中に入れたのは15分後でした。


まずは屋外展示場から…。

 


「わぁビックリマークどくかぼちゃビックリマーク」と喜んで近づいていったカボチャのオブジェ。
この反応を見る限りこの先も楽しめるな…と確信。

中に入ると最初の展示物は、来場者が入り口でチケットを見せると代わりにカラフルな丸いシールを受け取り、中で自由に貼り付けられるという作品「オブリタレーションルーム」でした。

 

 

 

 

 



これで王子の心をがっちり掴みましたね~。
さすが草間さん。


いよいよ展示室。
中に入るとすごい人でかなりゆっくりペースで見てあるきました。
前半はカラフルな絵が多く、王子のテンションも高かったのですが、地味な絵になると「はやくあかるいとこにいきた~い」とぼやいていました。
それでも「ぼくはこのえがすき音符」「このえはかおがいっぱいあるね~」「ねぇみてビックリマークあざやかなえだよビックリマーク」など、王子なりに色々感じならが絵やオブジェを観賞していたようです。
 

 

 

 

 

 


後半に暗い部屋のなかをカラフルな電球を照らす作品があり、ここは王子もかなり気に入っていましたね~。

 

それから…

黄色と黒で描かれたかぼちゃの絵が展示してある部屋に入った途端、「あ!ここはピコたろうのだね!」と言ったのには笑えました。

確かにその部屋にある絵やオブジェは黒と黄色を基調としていましたからね~。

カメラには収められないエリアだったのが残念。


見終わったあとにショップで図録やカードをちらっと見ましたが、王子が気に入って「いえにかえったらまねしてかきたい」と、一枚のポストカードを手に取ったのでそれだけ買って帰ろうとしたら、まぁレジ待ちの列の長いこと長いことビックリマーク
王子にカードを買うにはかなり待たなければならないことを説明すると少しがっかりした様子でしたが、お昼のこともあったしカードは諦めてくれました。
本当は買ってあげたかったんですけどね。

 

↑真ん中のカラフルな絵が王子が一番気に入っていた絵。

このポストカードの他に何故か↓の草間彌生さんのポストカードをしきりに欲しがっていました。

 



さて時計を見ると11時半近く。
今日は表参道で子連れで行けるカフェ・レストランなど色々調べた候補の中から、王子が行きたいと言った、パンケーキの店「幸せのパンケーキ」でランチ予定でした。
かなり人気のあるお店のようで週末は行列ができると聞いていましたが、お店に着いたときには既に1時間待ちで、ボードに名前を書いて別な場所で時間を潰すことにしました。
 

 

まずはお店からすぐ近くの「フライング タイガー」で店内を物色。

可愛い絵の具を見つけたので購入しました。

 

 


そのあとは…表参道に子連れで来たのなら必ず寄りたいお店、「クレヨンハウス」へ移動。本当は食後に行く予定だったんですけどね。

そこで何冊か絵本を読み聞かせてからお店に戻りましたが、まだまだ待ちそうな感じだったので、更にヒルズ内をブラブラ。
言われた時間に戻ったものの、なかなか案内されず、結局ボードに名前を記入してから2時間ちょっと待ちましたあせる

途中で王子に別なところで食べようかと提案したのですが、王子はどうしてもパンケーキを食べたかったみたいです。
よく待ちましたわ~あせる


メニューを決めたのは王子。

ひとつはおかず系の中から『サーモンとアボカドのクリームチーズパンケーキ』(1390円)、もうひとつはデザート系から『バナナホイップパンケーキチョコソース添え』(1200円)を選択。オレンジジュースとコーヒーもつけました。

席についてパンケーキが出てくるまで更に30分近く待ったかなぁ。
やっと食事にありつける音符

 


20分かけて焼きあげるというふっくらパンケーキ、美味しそうですね~ドキドキ

家でもこんなにふっくらと焼けるといいのに…。

 

まずはサーモンの方から取り分け。
こちらの全粒粉のパンケーキ。
ほんのり甘みを感じる生地はふんわり香ばしくて美味しいドキドキ
サーモンやアボカド、クリームチーズと一緒に食べると更に美味しいんですね~ラブ

 

王子もふわふわパンケーキに目がきらきらキラキラ

アボカドが好きではないのに何故かこのメニューを選んでいましたが、どうやらサーモンが食べたかったようです。

 


お次はデザート。
こちらのパンケーキもすごくふわふわで美味しいドキドキ
バナナ、ホイップにチョコソースをかけていただくともうほっぺた落ちそうドキドキ

パンケーキもホイップもふわふわで軽い口当たりなので、くどさは全く感じませんでした。
王子なんて口の回りをチョコだらけにしてすごく幸せそうに食べていましたよ~ニコニコ
頑張って待った甲斐があったね。


 

1皿に3枚も載っているパンケーキ、全部食べきれるかな??と思いましたが、意外にぺろりと行けました。(多分2/3は私が食べただろうなぁ~。)

 


さて、時間があれば食後はまたクレヨンハウスに行こうと思ったのですが、今日は時間切れ。
ダーリンへのお土産と明日の朝食用のパンを買いにデュヌ・ラルテに寄りました。
今月はパン屋のパンを買い過ぎているのでどうしようか迷ったのですが、せっかく都内に出掛けたのでね。
ちょっとだけ…。


パンを買ってから家に帰りましたが、帰る途中電車の中では「きょうはたのしかったね~」「あのおへやはきれいだったね~」とパンフレットを眺めながら何度も話していた王子。

展覧会に連れて行った甲斐がありました。

今日見てきた色鮮やかなオブジェの数々は王子の心にも響いたようです。

 

夕食後、欲しかったポストカードの絵を見ながら、買ってきた絵の具で絵を描いていました。

私も少しだけお手伝いしましたけどね。

 

 

 

ここ最近王子が描く絵はボールペンを使った地味な絵が多かったのですが、今日観て、描いた絵のように、これからは鮮やかな絵が増えていくかな?


 

AD

終業式と慰労会

テーマ:

金曜日に無事終業式と慰労会が終わりました。

 

保護者は、終業式後に各クラスで行われる「お別れの会」から出席。

私は少し早めに到着し、クラスに行くとまだ誰も来ていませんでした。

私の存在に気が付いた子どもたちが「おか~さんせんせ~い!!」と集まってきてくれましたよ~。

役員・委員をやっているお母さん方は園児から「○○くんのおかあさん」ではなく、「おかあさんせんせい」と呼ばれるんですよね。この1年間、何とも心地よかったですニコニコ

 

お別れの会は、先生や子どもたちから私たち役員・委員への感謝の言葉から始まり、私たちは前に立たされ挨拶をすることに…。

去年の「お別れの会」の様子を知っていたのである程度は話すことを考えていましたが、やはり前に立つと緊張しますね。

挨拶が終わるとクラスの保護者の皆さんからプレゼントをいただきました。

 

 

王子はゆり組だったので、画用紙で切り貼りしたゆりの花があしらわれたカードがとてもステキでした。嬉しかったな~。

 

 

そのあとは先生からの言葉。1年前からの子どもたちの成長を話しながら、後半は涙涙ぐすん

新卒の先生で私もあれこれ気になることは多々ありましたが、まぁ先生も頑張ってくれてたし、よかったかな。

子どもたちも一言、楽しかった思い出を先生が聞いて回っていましたが、王子は「○君と遊んだこと!」と話していました。

 

 

みんなの一言が終わると集合写真を撮ってから退室の時間となりましたが、これがまた長くてね。

一人ひとり戸口にいる先生に呼ばれて、ぎゅーっとしてからお母さんや子どもたちとお話しするのですが、王子は最後の方だったので待ち切れずに他の子どもたちとふざけて遊んでいましたあせる

 

順番が来て、先生からぎゅーっとされるとすごく照れくさそうにしていた王子。

先生が言うには王子は「しっかりしていて物知りで、何でも難なくこなせて安心して年長さんになれる」そうです。先生ったら、ちょっと買いかぶりすぎですよ~。

でも「お友だちにとっても優しくて、○君を見ていたらお父さんやお母さんがいい人なんだなってことがよく分かります。」と言われたときはちょっと嬉しかったです照れ

 

女の子の中には最後に泣いちゃった子が数人いましたが、王子はあっさりしたもので、「せんせい、バイバーイ!」と部屋を出ていきました。

まぁ、午後にまた慰労会で会えるし、年長になっても先生とは園で会えるからねニコニコ

 

 

園庭に出て、大好きだった女の子と一緒に写真を撮ってから急いで家に帰りましたが、既に12時過ぎで、慰労会は13時からだったので、何もつままずに着替えをしてからすぐに園へ直行しました。

 

慰労会はアルコールも出ると聞いていたので、願わくばダーリンに休みを取ってもらって王子を預けていきたかったのですが休みは取れず、私が王子を連れて車で行くことに…。

子どもを連れてきている人は結構いて、預かりの部屋もあったので助かりました。

 

慰労会では会食後にゲームなどがあって、普段とは違う先生方の姿や言動が見られてかなり面白かったです爆  笑

 

 

それにしても1年間、本当に早かったなぁ。

年中のクラスは戦いごっこの好きな男の子が多く、やられてもやり返せない王子の姿を目にしたときには胸が痛くなり、とても心配をしましたが、今となってはいいのか悪いのか言葉遣いも男の子らしくなり(幼稚園内だけ)、戦いごっこも進んではやらないけどたまに仲間に入ってみたりして…少しは成長したのかなと思ってます。

自分でできることも増えたし、お手伝いもいっぱいしてくれるようになりました。

苦手な鉄棒、うんてい、縄跳びは毎日毎日特訓してできるようになりました。

 

来月からはいよいよ年長さん。

またいろんな成長を見せてくれるかなキラキラ

 

 

私のほうはと言うと、

王子や他の子どもたちの園の様子、先生方の様子などを見てみたくてクラス委員の仕事に手をあげ、1年間勤めてきましたが、大変な部分もあったけどやってよかったな~と心から思います。

4月からは仕事がちょっと忙しくなりそうなので年長では委員ではなくて係で参加しようかと思っていますが、委員決めのあのどよ~んとした空気に負けて手をあげてしまいそうあせる

 

AD