2012年最後の月

テーマ:

ご無沙汰しております。

3ヶ月ぶりの更新です。


前回、記事を更新したのは、

8月下旬。

まだまだ暑い頃でした。


今では、街が、

クリスマスの

イルミネーション一色。




時間の経つのは、

本当に早いものです。


皆様、

お元気でいらっしゃいますか。





以前のような更新ペースは、

なかなか、難しいかもしれませんが、

ぼちぼちと日々の想いを

綴っていきたいと思っております。


また、お付き合いいただければ、

光栄です。


あらためて、

よろしくお願いいたします。



明日、12月2日(日)は、

美術館に足を運ぶ予定です。


良いものを観て、

心に栄養をいただいてまいります。




*今回の記事は、

常体ではなく、

です・ます調の

敬体で書きました。







iPhoneからの投稿
AD

谷崎潤一郎の言葉

テーマ:


我といふ人の心はたゞひとり

われより外に知る人はなし


by谷崎潤一郎




某県立高校の

教頭職に就いている、

友人がいる。

(担当教科は、国語だった)


かれこれ、十数年の付き合い。


文学だけでなく、

音楽、映画と

造詣が深い。



最近、その友人と

谷崎潤一郎の作品について、

メールで、

盛り上がって!?いる。



そのやりとりの中で、

この歌の話が…。





芦屋市に

谷崎潤一郎記念館がある。



秋に

足を運んでみよう。




iPhoneからの投稿
AD