ヨーグルトの乳酸菌は、口腔内の細菌の増殖を抑える効果があると言われています。

朝にヨーグルトを食べると口臭の予防に効果があるでしょう。

テレビでは、ヨーグルトで歯磨きをすると口臭が無くなるなんて話題も取り上げられたそうです

口臭の原因には、胃が原因での口臭もあります。

しっかりと咀嚼せずに食べ物を食べたりしていると、口腔内での機能が果たされていないということになり、胃で慢性的な疾患が引き起こされる事もあります。

そんな時は軽い断食を行い、胃の機能を回復させて口臭を改善する方法もあるそうです。

断食といっても完全に食べ物は食べないではなく、ヨーグルトで栄養を摂りながら体に負担をかけないようにかつ内臓を休ませて機能を整えながら体調改善していくのが良いそうです。

口臭が気になる方は試してみてはいかがですか?


乳酸菌を増やすヨーグルト
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
AD