$☆USA☆ My Days in New Jersey

アメリカでは
男の子の赤ちゃんが生まれると、
両親は、医師から

割礼をするかどうか

聞かれます。





割礼とは、

男子の性器の先端部分にある包皮を切除する手術。


$☆USA☆ My Days in New Jersey


つまりかぶってる皮を取るということです。





日本ではあまりなじみのない習慣ですが、
世界的にみると、

• 聖書を教典とするユダヤ教、キリスト教、
• イスラム教が信仰されている地域、
• アフリカ・オセアニアの諸民族


などで、主に割礼の風習が根付いています。


アメリカでは
割礼の手術が行われることは、特に珍しい事ではありません。

キリスト教徒が国民の8割を占めているというのもあるとは思いますが、
宗教的な理由以外として、

◆ 性器を清潔に保つ
◆ また子供の自慰行為を防ぐ
◆ 性病、陰茎ガン等にかかりにくくする


....などの目的から、
19世紀末からこの割礼手術が広く行われるようになったようです。

下図はWHOが近年調査した、割礼人口の分布図です。

$☆USA☆ My Days in New Jersey











Global Map of Male Circumcision Prevalence at Co


アフリカ大陸、そして中東は多いですねぇ。

そして北アメリカ、オーストラリアも。

そして以外に韓国も結構多いのですねぇ、知らなかった!
クリスチャンが多いからかしら?

ところでです。

私的には、
割礼を行う目的として、
上に上がっている項目の他に、

もうひとつ、非常に重要な項目が抜けていると思うのであります。

それは......

GAGA様でも十分エンジョイできるような、

◆ より高性能な Disco Stick に仕上げるという目的。

$☆USA☆ My Days in New Jersey
毎回、お下劣でスミマセン。

インターネットで
自分のプライベートな好みを
ぶちまけるのも
どうかとは思いますが汗

あえて言わせて頂きますと、

私個人としましては、







割礼済みのDisco Stick の方がフィーバーでございます。



犬でも猫でも何でも、
ほ乳累系の動物の雄の性器は、
平常時は、中にひっこんでいて、
後尾をする時だけ、皮の中からむきむきっと出てきますよね。

これがほ乳類系の動物のオスのごくナチュラルな状態。

人間も例外ではありません。

割礼の習慣が無い地域では
ほぼ8割以上の男性がこのような、ナチュラルな状態を保っているわけです。

日本の男性もたいていはそうですね。

しかしです汗

このナチュな状態の方って、たいていの場合、亀頭が小さいのです。

どうやら包皮の中におさまって保護されている状態ですと
亀頭がのびのびと成長しにくい?!のか、形状もイマイチ。


ふくろ茸と、マツ茸にたとえてみると、イメージが湧きやすいかもしれません。


$☆USA☆ My Days in New Jersey





皮の中









$☆USA☆ My Days in New Jersey





皮なし









この、亀頭のサイズとシェイプは、非常に重要だと私は思うのですが、
それについて語り出すと、
今日中にブログが書き終わらない気がいたしますので、
また別の機会にするとして......


その他にも割礼済みの良い点は、清潔感キラキラでしょうか。

しっかりと、くまなく洗ってもらえる安心感があるというか。


清潔さにおいては
日本人男性は世界中の男性の中でもトップレベル
なので良いですが、
アメリカだと、毎日入浴する習慣のない人種もいるので、要注意です。


気を失う程の人とか、いますから。

詳しくは→アメリカで出会ったとんでもない男編その3倒れる匂い ターバン男ゴルディへどうぞ。


あとははやり、性感が良いという点。

皮による性感の阻害が少ない、と言った方が良いかもしれません。

ナチュの方の一番の問題は、
確かに皮内部は敏感なんですけど、
少々お疲れ気味で充血具合の悪い時や、
加齢の段階において、

行為の途中で

皮が戻る→性感が鈍る→さらに皮が戻る

の悪循環で行為の中断を余儀なくされるケース

つまり、


$☆USA☆ My Days in New Jersey

ごめん、
今日はなんか疲れてて
ダメみたい汗


というパターンになりやすい。

ところが割礼済み男性の場合では
こういったケースが起こりにくい。






こういった諸々の事情は、始めてアメリカ人とつき合うまでは
知らなかったのですが、


一度処理済みの男性を体験してからというもの、


いい感じになった男の子が未処理だと分かった途端、もう舌打ちです、舌打ち。


え、なに?やってないの?!まじ?勘弁してよむかっみたいな。


まぁ、アメリカでは遭遇する確率は低いですけどね。

ちなみに下の円グラフは、アメリカ国内における人種別、割礼人口の割合です。

白人の割合がとても高いですね。


$☆USA☆ My Days in New Jersey

どうりで。

白人男性で
割礼していない方に
遭遇したことは、
今までに一度もありません。







ところで、
アジア人が少ないのはまぁ分かるけど、
ヒスパニックも以外にやってる人少ないんですよね~

クリスチャン多いのにね。


うちは、ぶーちゃんは割礼賛成派ですし、
私も息子が将来、彼女に舌打ちされたら可哀想なので、
割礼する方向ですが、
手術する時に麻酔ってしてくれるのかしら?!

それだけが不安。

今度、検診の時に先生に聞いてみますが、
麻酔無しだったら可哀想だなーあせる

まぁ、なまじっかちょっと大きくなってからやるよりも
何も覚えていない赤ちゃんの時にやった方が良いと言いますが。

ちなみにぶぅちゃんに、「痛かった?」とバカな質問をしてみたら、

覚えてねーよと言われました。

覚えてないってやったことある人が言うんだから、まぁいっかなぁ~?!

出産予定日まで、あと24日ビックリマーク
AD

コメント(16)