27日午前9時25分ごろ、JR関西線の柏原駅付近の踏切で、「遮断棒が降りたまま上がらない」と通行人から連絡があった。JR西日本によると、修理が終わるまでの約50分間、踏切を通る電車が徐行運転した。このため、上下14本が運休、29本が最大24分遅れ約8800人に影響があった。同社が原因を調べている。

【関連記事】
JR東海、新幹線停電で常務ら9人処分
「撮り鉄」線路立ち入り 大阪府警が実況見分
踏切に車止め居眠り、夜行貨物列車止める
「撮り鉄」また電車止める 前回騒動と同じ車両 滋賀 
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファンの行き着く果ては…

阿久根市長の降格人事は「違法」…公平委が判定(読売新聞)
<大津波警報>鳩山首相「情報収集、被害最小限に」と指示 官邸対策室設置(毎日新聞)
再雇用拒否、2審も教職員敗訴=日の丸、君が代訴訟-東京高裁(時事通信)
仮病で市議会欠席、ハワイから病欠届け出(読売新聞)
「エヴァ」限定携帯、競売で詐取の夫婦逮捕(産経新聞)
AD