Miho@triplo Official Blog

クリエイティブラーニング英会話 triploの日本人スタッフMihoのブログ。
2017年11月17日より人生について好き勝手に語るブログになりました。

ご訪問いただきありがとうございます。
新宿御苑近くで、イギリス人&バスク人と一緒に
語学ラーニングスペース【triplo】(トリプロ)を運営しています。

【triplo】は、月謝制・フリータイム制です。
無料体験レッスンはもちろん、スペースの見学も大歓迎(^O^)

英会話の他、TOEIC、IELTS対策もご用意しております。

triploオフィシャルサイトもご覧くださいませ★☆

◆住所:東京都新宿区新宿1-6-11 永井ビル2F
◆電話:03-6457-4109
◆メール:info@triplo.net

テーマ:

こんにちは(。・ω・。)ノ~☆

triploのMihoです。

 

レッスンを受ける前に、自分の言いたいことを書いて予習してくる生徒さんがたまにいらっしゃいます。

 

すごく良いですよね!

だって、だいたい毎回"What's new?"とか聞かれますからね。

それに対する答えを準備しておくのはエライウインクキラキラ

 

言いたいことをまず日本語で思い浮かべて、それを英語に訳す、という作業をしているのでしょう。

 

だけど、その際に

辞書を信頼しすぎてしまう

ということがよくあるんですね。

 

残念ながら和英辞書に載っている訳をそのままネイティブに言っても、全然意味が伝わらないことがあります。

↑経験したことある人は多いはず!

 

日本語と英語はまったく構造の違う言語なので、直訳するとどうしても不自然になっちゃうんですね。

 

で、そういう問題を抱えている方々の共通点というのがあります。

 

それは、

 

ナチュラルな英語に触れる時間の、圧倒的な不足

 

です。

 

ネイティブと話す時間が足りないのは言うまでもないですが、まぁ生活する中で外国人と話す機会なんて無いよ、という人がほとんどだと思います。

 

だから、

 

もっとリスニングをやったほうがいいです。

 

教材なら買えますし、今はインターネットでいくらでも聞けます。

 

個人的には、

 

初級〜中級:NHKの講座

中級〜上級:TED

 

がオススメです。

 

え!リスニングかぁ・・と思いましたか?

 

至極単純というか、期待していたような対策じゃないかもしれないので申し訳ないですが(笑)、もうこれに尽きます。

英語習得って、ほんとに地道にやってくのが一番近道なんです。

 

もちろん、読むのも書くのもやったほうがいいですけど、

 

まず頭から離れなくなるくらい英語を聞きまくりましょう。

朝から晩まで英語で頭を洗脳しましょう。

 

そうしていれば、

 

どういう場面では、どういう表現がナチュラルなのか?

 

が、わかってきます。

 

 

似たような表現でも、どちらがあなたの表現したいことに近いのか、わかるようになります。

 

たとえば、

 

ActuallyとIn factは、どう使い分けるのか?

 

althoughとeven thoughは与える印象がどう違うか?

 

illとsickの違いは?

 

とかね。

 

なんか、どっちでもいいような気がするものもあるんですが、

 

大量にリスニングしていると「こういう場合はこっちだな!」って感覚でわかるようになる。

 

 

日本語でも、

 

「鉛筆で書きます。」と

「鉛筆で筆記します。」って

 

ネイティブ日本人からしたら、明らかに受ける印象が違いますよね?

 

 

私たちはこれと似たようなことを、英語でやってるってこと。

 

 

ナチュラルな表現を、ナチュラルに口から出せるようになるには、

ナチュラルな英語を聞きまくる。

 

これが一番ですよ♪

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは(。・ω・)ノ゙

triploのMihoです。

 

英語をかっこよく発音したいな〜!って思いますよね。

 

多少文法が間違っていたり語彙が少なかったりしても、発音が上手な人は相手に理解されやすいです。

 

逆に、知識は豊富にあって流暢なのに、発音がイマイチなために、理解されないことも全然あります。

 

特に上級レベルの英語を習得したあとに発音を矯正するのは簡単ではないので、できれば初心者のうちから正しい発音を習得しておくことを強くオススメします。

 

 

私が知る限りの発音のコツをご紹介しますと・・・

 

 

■お気に入りの人を作って真似する

日本語でもそうですが、「この人の話し方が好き♡」って人、いませんか?

そういう人を一人作って、その人が喋るのを聞きまくり、ひたすら真似します。

聞こえたまんま、自分の口から出すようにします。

 

■頭の中からカタカナを排除する

ご存知の通り、カタカナの存在は発音の上達を妨げています。

たとえば「language」という単語の発音は「ランゲージ」ではありません。

一旦カタカナは頭から排除して、ネイティブが発音して聞こえた音をそのまま採用してみてください。

耳をすましてよく聴いてください。

 

■恥ずかしさを捨てる

発音を良くしようとするときに、なんだか恥ずかしく感じる人もいます。

たとえば「verb」のように舌を巻いて発音するような単語は、ついつい日本語っぽく「バーブ」と言ってしまいがちですが、これだと相手によっては伝わらないでしょう。

日本語っぽい発音を卒業するためには、ちょっとした照れくささもかなぐり捨てて、「自分はネイティブなんだ!」くらいの意識で発音すると良いですよ。

 

 

今週土曜日の15時からは、発音ワークショップ①が開講されます。

ご興味のある方はこちらから、チェックしてみてくださいね〜♪

http://triplo.net/pronunciation-workshop-no1.html

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!

triploのMihoです(。・ω・)ノ゙

 

結構前にご紹介したバイリンガルのREINAちゃんのブログ。

今日久々に見てみたら、すごく良いこと書いてましたよ〜!

 

単語数を増やすより、すでに持っている単語をもっと使いこなしましょう(*^o^*)

 

Check this out!!下矢印下矢印
バイリンガルで書いてくれてるんだけど、つい日本語の方ばっかり読んでしまう(笑)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。