埼玉県熊谷市で偽一万円札を使用したとして、警視庁捜査2課や埼玉、群馬県警などは27日までに、偽造通貨行使容疑で、東京都北区滝野川、無職本多一善容疑者(24)を逮捕し、板橋区の無職少年(19)ら2人を再逮捕した。
 特徴の似た偽札は1月から2月にかけ、1都6県で計151枚見つかっており、同課などは本多容疑者らが使ったとみている。
 同課によると、いずれも容疑を認めており、少年らは仲間に誘われ、本多容疑者に指示されたと話しているという。
 逮捕容疑によると、3人は2月14日、熊谷市内のクレープ店で、計1200円のクレープ代金として、2回にわたって偽一万円札2枚を店員に渡した疑い。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕偽札の実態~巧妙化する偽造手段
偽札使用容疑で男2人逮捕=東北各地の事件で初
偽一万円札46枚見つかる=コピー機使用か
偽一万円札使用、同一グループか=記番号一致、被害50枚超に
東北各地で偽一万円札見つかる=35枚以上、青森では男が逃走

<天皇、皇后両陛下>長岡宮跡を視察(毎日新聞)
沖縄・鳥島と久米島の射爆場、米に返還要求へ(読売新聞)
亀井氏支持、閣内の異論に違和感…郵政政策会議(読売新聞)
<医療事故>手術器具、腹部に2週間置き忘れ 京都の病院(毎日新聞)
<宝塚音楽学校>40人が合格 タカラジェンヌへ第1歩(毎日新聞)
AD