MF石井亮佑(3年)

テーマ:

こんにちは。今回のブログ担当します経済学部経営学科3年石井亮佑です。


3年生になりゼミが始まりましたが、一緒に受けた友達は全員落ち、自分だけが受かったため、ゼミに友達はいません。さらに13人中11人が女子、2人が男子で、もう1人の男子とは一言も話したことがありません。今後のゼミやゼミ合宿が楽しみで仕方ありません。




ゼミの話はこの辺にして、本題にはいります。



いきなりですが、大学生って何かとお金かかりますよね???

そのため大学生になり、アルバイトを始めた人が多いと思います。自分もその1人です。最初はレストランやコンビニでアルバイトをしていました。


今はフィットネスクラブでインストラクターとして働いています。大学生のアルバイトがとても多く、さらには同い年が多いので、とても楽しくやっています。


ジムでバイトをしていると言うと、ごく稀に「その体で?」という人がいますが、それはどのような意味なのでしょうか?私にはその質問の意味がわかりません。


インストラクターには運動が好きな人なら誰でもなれます。しかし、研修生の期間は筋トレについてとても勉強しました。一人一人の目標に合わせたトレーニングメニューを考えたり、筋肉やマシンの名前を覚えたりなど大変でした。今ではだいぶ知識も増えました。何か体について悩みがある人はいつでも相談に乗ります。




今回私がお話したいのはアルバイトの紹介ではありません。このアルバイトをしていて良かったと思うことです。


このアルバイトをしていて良かったことは、コミュニケーション能力が向上したことです!


私のジムには何十年も会員としてジムに来てくださっているお年寄りがたくさんいます。お年寄りの中でも女の人たちは本当におしゃべりが大好きですね。その中で1番困るのが「何歳に見える?」という質問です。これはとても難しい問題で、正解しないのが正解です。実年齢より上だと失礼ですし、下すぎると噓っぽくなってしまいます。そのため、実年齢より少しだけ下の年齢をいうのが正解です。これを修得するのに半年はかかりました。社会人になる前に身につけることができて良かったと思ってます。



また、水泳のキッズスクールもあるため、幼稚園生や小学生ともお話をします。ちっちゃい子たちはとても可愛いくて癒されます。


しかし、幼稚園生と会話をしても基本なに言ってるかよくわかりません。


つい先日、話をした小学1年生になったばかりの男の子は好きな子ができたと言ってきました。青春ですね。しかし名前を聞いたら「しょうご君!」と言われました。返す言葉が見つからず「良かったね」としか言えませんでした。


他にはゴーグルの紐も食べてる小学2年生に「おいしい?」ときいたら、「うん!消しゴムの味がする!」と言われました。「消しゴム食べたことあるの?」と聞くと「字を消した後の真っ黒の消しカスを食べてる!」と言われました。最近の小学生は授業中に消しカスを食べてるらしいです。恐ろしい時代です。



話が結構逸れてしまいましたが、子供からお年寄りまで様々な人と会話をする機会が増え、いろいろな話を聞くことができ、とても勉強になっています。初めて会った人と話すことにも慣れ、コミュニケーション能力が向上したと実感しています。皆さんもいろいろな人ともっと会話をしましょう!

今後の人生の役に立つ話が聞けるかもしれません。



※散々アルバイトの話をしましたが、アルバイトより部活の方が大事です。その事を忘れずに。



東京都リーグが開幕し、そろそろアイリーグも開幕します。気を引き締めて頑張りましょう!!


拙い文章になりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

{12DF5341-8939-42B1-AADB-96C296E753C9}

AD