SAITA(咲いた)9月号

テーマ:

セブン&アイ出版が発行している雑誌「saita」

9月号には医師が推奨する「体にいい全国のミネラルウォーター」が掲載されています。

また糖尿病、疲労感、肥満などを解消する水の処方箋

も紹介されています。

定価は500円です。 お近くのコンビニなどでお買い求め下さい。

 

 

AD

鎮魂

テーマ:

九州北部地方を襲った集中豪雨から今日で一週間が経ちました。朝倉市や日田市で亡くなられた方や未だ行方不明の方々の事を思うと胸が痛みます。被災されました方々に対して謹んで鎮魂とお見舞い申し上げます。 竹田市は雨量は多かったものの5年目の大水害のような事は起きませんでした。

長湯温泉では温泉街を流れる芹川が増水して川沿いの食堂や温泉施設の一部が被害を受けました。幸い旅館や商店などの被害は少なく、どこも通常の営業を行っています。

どうかお気遣いなく長湯温泉へお出で下さい。

マグナは雷の影響で48時間電話回線が不通になりました。お電話を頂きましたお客様にはご心配とご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

今後ともマグナを宜しくお願い致します。

 

避難等で環境が変わり便秘で苦しまれている方がおられましたら、マグナまでご連絡下さい。

少しでもお役に立ちたいと思っております。 f、TEL 0120-65-3611

 

 

AD

カフェイン

テーマ:

ご年配の方ならご存知かもしれませんが、昔、西田佐知子さんが歌った歌に

「コーヒールンバ」という名曲がありました。歌詞を要約すると、

♬昔、アラブに偉いお坊さんがいて、恋を忘れた哀れな男に一杯のコーヒーを飲ませました、すると男の心はうきうきしてきて、たちまち若い娘に恋をしました。南の国の情熱のアロマ、

それはコーヒーモカマタリ 飲んで踊ろよ コーヒールンバ」♫ 

コーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインは交感神経に作用して覚醒や血圧を上げたりする興奮作用があります。男の心がうきうきしてきて恋をしたのもカフェインのせいかも知れません。 しかし薬物としてのカフェインは2004年までのオリンピックではドーピング薬物リストでもありました。 カフェインは植物アルカロイドの仲間で、とり過ぎるとニコチンやコカインと同じような毒になる作用もあります。 

先日、あるTV番組のニュースキャスターが「僕は水替わりにコーヒーを飲んでいます」と

言っていましたが、コーヒーやお茶は絶対水替わりにはなりませんのでご注意ください。

カフェインを含むものには、コーヒー、緑茶、紅茶、コーラ、栄養ドリンク、ココア、チョコレート

などがあります。カフェインの摂取量は1日約400mg以下 コーヒーだと7~8杯以下です。

カフェインは体内で分解酵素により分解されますが分解の能力には個人差がありますので飲み過ぎは注意が必要です。 カフェイン依存症もあります。

またカフェインは利尿作用がありますので、コーヒーを飲んだ後には水を飲むことをお勧めします。

 

AD

棚田のお米

テーマ:

 

5月26日 長湯温泉周辺の水田です。

鏡のような水田に整然と植えられた早苗は本当に清々しいものです。

秋の収穫まで約4カ月 元気に育ってください。

処でお米の味を決める要因はいろいろあると思いますが、

主なものは、品種、地力 寒暖差 水です。

全国的に有名な魚沼産のお米が美味しいのは越後山脈などから流れ下る

雪解け水と言われています。雪解け水はミネラルを溶かし込む力が大きいので

お米に限らず野菜や果物も美味しくなります。

竹田市も久住連山や祖母山などの伏流水が大変豊富な所ですので、収穫される農産物は

とても人気があります。

 

 

 

 

 

       それから美味しいお米といえば、棚田のお米があります。

棚田の土は入れ替わることなく先祖から引き継がれている古田と呼ばれるものです。

水田の耕作深度はせいぜい10㎝~15㎝程度です、しかしその土を維持し、肥やしていくには

何十年もかかります。

 

竹田市と隣接する豊後大野市綿田地区は棚田で有名で、栽培されるお米は献上米で、特に美味しいと評判です。

ニュースでも報じられていますが、この地区は現在地割れが続いていて、

今年は田植えを諦めたところもあるそうです。

早く、元通りの棚田でお米が栽培出来ますように祈るばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久住高原の野焼き

テーマ:

nk

3月5日 久住高原「野焼き」の模様です。

「野焼き」の目的は雑草や害虫の退治ですが、

残った灰が肥料となって新芽の発生を助けます。

ワラビやフキなどの山菜も野焼きをすることで摘みやすくなります。

この日の野焼きの面積は約100ヘクタールほどでしたが久住高原全体ではその数倍になります。野焼きの作業は火を付けて歩く人と火を消す人に分かれて行います。隣接する山林や牧草地に火が移らないよう慎重に行わなくてはなりません。また煙に巻かれると命の危険さえあります。 この日は総勢50名での大仕事でした。美しい高原の景観を守るためにも野焼きは欠かせない大事な作業です。

 

 

 

 

 

水素水

テーマ:

皆さん方は日常どのような水を飲まれているでしょうか。

水は軟水と硬水に分けられます。水に含まれているマグネシウムとカルシウム

の合計量が多いほうが硬水、少ないほうが軟水です。

日本は地質や地形の関係で軟水が殆どです。

日本人のミネラル不足の原因が飲み水のあるとも言えます。 

ところで今、話題となっているのが水素水です。

「美容にいい」「活性酸素を除去する」「がんを予防する」「ダイエットに効果がある」

などと言われています。しかし国立健康栄養研究所は水素水の有効性に疑問を示しています。また法政大学の左巻健男教授は水素水は単なる清涼飲料水であるとも述べています。

水素水を飲んで健康になるというエビデンスはありません。

また健康になった人がいるとすればそれば普段より多くの水を飲んだから、かも知れません。

水は酸素と水素の化合物です。 ですからこれが体内にいると、酵素の働きで酸素と水素に分解されます。特に腸内では細菌によって多くの水素が発生します。健康維持の為には水をこまめに飲むということが大事です。尿は体内で1時間に約60cc作られます。他に便や不感蒸泄でも体内の水分は失われますので こまめに水分を摂取することが大切です。

理想的な普段の飲み水は、衛生的でかつ加熱や薬品殺菌をしていなく、軟水と硬水を取り混ぜて飲むということです。

私の普段の飲み水は、長湯の湧き水です。多少の細菌はいるかもしれませんが

それにマグナを混ぜて飲んでいます。とてもおいしいです。

 

六角水

テーマ:

今朝の久住町から望む久住連山です。 青空とのなんと綺麗なコントラストでしょうか 

皆さんは雪の結晶をご覧になったことはありますか。雪の結晶は殆どが六角形を

していますね。でもどうして六角形が多いのでしょうか。

それは水の分子構造に関係しています。水分子は酸素1個、水素2個の元素で出来ています。 人に例えるなら、体が酸素で両手が水素です。雪の結晶は6人が丸く手をつないだ状態なのです。 久住山に降り積もった雪は、やがて雪解け水となって数年後にはマグナの一部となります。雪解け水のような水を六角水と呼んで、体にも大変いい影響を与えます。

 

長湯温泉街の積雪はありませんので、安心しておいで下さい。

立ち寄り入浴無料

テーマ:

この度の熊本地震で被災された方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。熊本県と隣接する竹田市も震度5強の揺れがあり、がけ崩れや、屋根瓦の被害も出ました。  幸い長湯温泉街では大きな被害も無く、全ての旅館で通常営業をしております。

現在、地震で被災された方に対しては無料で立ち寄り入浴が出来るそうです。

詳しくは長湯温泉観光協会℡:0974-75-3111 竹田ツーリズム協会℡:0974-63-0585 までお問い合わせ下さい。


マグナは通常発送していますが、道路状況により普段より日数がかかる地域も御座いますのでどうかご了承下さい。

 


マグナ・オリジナルグラス

テーマ:



m4













m1











マグナから車で15分のところに吹きガラス工房「マグマ・グラス・スタジオ」

はあります。久住町の国道442号沿いに建つ大きな牛の像の前あたりです。

店内には、ガラスを溶かす為の大きな電機釜や製造に使う炉、機材などが設置されています。

また、この工房で造られたオリジナルのグラス製品が並んでいます。

吹きガラスの体験やコップに模様を入れるサンドブラストの体験が可能です。

マグナではオリジナルのグラスが出来ないかと予てから計画しておりましたが

ここの工房で長湯温泉らしいグラスを試作することが出来ました。

画像のグラスの中に入っている泡は本当の長湯温泉の泡です。 高温で柔らかくなったガラスに長湯温泉を吹きかけると炭酸が一気に泡となってガラスに付着します。その上からさらにガラスで覆います。

ラムネ坊やはサンドブラストで描いたものです。



m2







m3










皆さんも、マグマスタジオでご自分のオリジナルグラスを作ってみては

如何でしょうか。


マグマ グラス スタジオ:   URL: http://magma-g.ocm

住所:              大分県竹田市久住町久住3987

☎:                0974-76-1878


若返りの湯

テーマ:


h1


















昨日 長湯温泉にて温泉学者で医学博士でもある松田忠徳教授による長湯温泉モニターの結果発表会がありました。 長湯温泉は炭酸泉で有名ですが、今回のモニターによる調査は酸化還元電位という新たな温泉の評価法による測定でした。酸化は電子を失い、還元は電子をもらうことによって起きます。老化は細胞が酸化することで進んでいきますが、長湯温泉はどこも還元力が強く、浸かることで電子をもらい、体からストレス因子が抜けて細胞が若返るとのこです。

以下、松田教授の報告より抜粋して記します。

グラフは3泊4日の湯治の前の血圧と湯治後の血圧の差です。  また、モニター23人の血液中のヒドロペルオキシド(活性酸素代謝物)を数値化したグラフです。(単位はユニットカール) 殆どの方が湯治後の数値が低くなっています。これは温泉本来の温浴効果に加え、湯治後に老化、生活習慣病の原因とされている活性酸素が減少し顕著な療養効果を示したと言えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この他、発表会では、湯治後の抗酸化能や肌の水分量の変化、唾液のORP結果なども報告され、今までに調査や報告がされてこなかった長湯温泉の持つ大きなメディカルパワーを感じました。


     


h2







h2