名古屋市立大大学院経済学研究科は30日、09年9月に会社員に対して授与した経済学博士の学位を取り消したと発表した。盗用による同科での学位取り消しは初めてという。

 同科によると、会社員は09年9月に学位を取得した情報化社会に関する論文20ページのうち4カ所で書籍1冊からの図の盗用が判明した。会社員は論文作成時、書籍に基づいて海外の政府系機関がまとめた資料を入手していたといい「(盗用の)自覚がなかった」などと説明しているという。【福島祥】

生方副幹事長の解任決定へ=民主(時事通信)
雑記帳 「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)
陸自隊員が飲酒当て逃げ=道交法違反容疑で逮捕-山口県警(時事通信)
救急搬送 ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)
里見女流名人に米長将棋連盟会長がエール「男のタイトル取る気迫で」…就位式(スポーツ報知)
AD