るんるん社労士福島里加のいきいきるんるんブログ

♪社員も会社も共に成長する職場づくりのお手伝い♪    

企業の7割が人材確保の取組み…求めるのは大手「コミュ力」中小「素直さ」
≪続きを読む≫
<提供:リセマム>
 帝国データバンクは4月20日、人材確保に関する企業の意識調査結果を発表した。企業の7割以上が人材を確保するための取組みを実施していた。また、「意欲的」で「コミュニケーション力」があり「素直」な人材を求めていることがわかった。……

 2016年4月以降に新たな人材確保のための取組みを実施した企業は72.2%にのぼり、企業規模が大きくなるほど実施率は高い傾向にあった。実施率を業界別にみると、「運輸・倉庫業」の81.0%がもっとも高く、そのほかに7割以上となったのは「建設業」79.8%、「農・林・水産業」77.6%、「小売業」76.7%、「サービス業」75.3%、「製造業」73.6%だった。もっとも低い「不動産業」でも55.5%と、いずれの業界でも人材確保のために何らかの取組みを行っていた。

 新たに始めた取組みの内容を聞くと「賃金体系の見直し」46.6%がトップ(複数回答)。時短勤務やフレックス制などの「就業制度の充実」23.5%、人材紹介会社の活用といった「採用情報の発信」21.3%、「福利厚生制度の充実」20.9%、「自社採用ホームページの公開、リニューアル」20.8%などがあがっていた。

 採用活動の基本のひとつである「求める人材像の明確化」において、どのような人材を求めているかを尋ねたところ、49.0%の企業が「意欲的である」を選択(複数回答)。ついで「コミュニケーション能力が高い」38.6%、「素直である」32.2%が続いた。「意欲的である」は、企業規模、業界別、地域別に関わらず求められていたが、大企業は「コミュニケーション能力が高い」を、中小企業や小規模企業は「素直である」を求める傾向があった。

 また、帝国データバンクでは、選択肢に用意した人材像を「能動型人材」「協働型人材」「変革型人材」「地力型人材」の4群に分類して集計を行っている。その結果、「能動型人材(人材像:意欲的であるなど)」よりも、「協働型人材(人材像:コミュニケーション能力が高い、素直であるなど)」を選択した企業の方が多かったという。




「意欲」に次いで求められる人材像は、大企業は、コミュニケーション能力の高さ、規模が小さい企業は、素直さ。

それは何かわかるような気がしますね。

能動型よりも、協働型が求められるというあたりも、日本らしいところ。

ただ、時代は刻々と変化していますからね。

今までよしとされていたことが、今後もそうであるかどうか……。




     
  下記の画像をクリックしてくださると、
  ランキングのポイントが入りますアップ
  励みになりますので、よろしくお願い致しますドキドキ

               

社会保険労務士ランキング

どうもありがとうございます。感謝のうちに。
$東京・渋谷のるんるん社労士♪福島里加の毎日更新ブログ             労務トラブルを未然に防ぐ「転ばぬ先の杖」
社会保険労務士福島里加事務所
お問い合わせはこちら






































AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

るんるん社労士♪福島里加さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。