GRAPEVINE IN A LIFETIME
初日の渋谷AXに行ってきました。
そういやSHIBUYA-AXは今月いっぱいで営業終了とのことで、
それはそれでちこっと感慨深いものがありますね。

Lifetime/GRAPEVINE

¥3,146
Amazon.co.jp

1999年5月19日リリースの2nd”LIFETIME”
まぁどのアルバムにせよ外せる作品はないのだけど、
確かにこの2nd.は多くのファンを獲得したことも含めて、
特別な意味を持つ作品なんだろうな。
因みにあたし的なソレは3rd”Here”なのだけど、苦笑

ということで発売15周年を記念しての再現ライブ。
無論それだけでは時間が余ってしまうので、
本編と+αの2部構成でした。

第一部
「Lifetime」再現ライブ

第二部
1.This town
2.JIVE
3.空の向こうから
4.熱の花
5.豚の皿
6.Reverb
7.ミスフライハイ
8.超える
-en-
9.アナザーワールド

結果個人的に楽しめたのは本編じゃない方でしたね、、
やっぱり15年というのは長くて
あの作品の良さが発揮されるのは鬱屈した20代であってこそだな…と。
勿論成長した今の彼らが歌ってもそれはそれでよいのだけど、
年老いて乾いた心にあの内容はどうも窮屈な感じがするというか…
だから今現在の彼らが自ら選んで演奏した(であろう)
後半の楽曲の方がまだしっくり来る感じだったというかね。
まぁそれは喜ぶべきことだとは思います。
過去の栄光にいつまでもすがるのはらしくないというか、、
当時の楽曲が幾分ぎこちなく思えるいのは互いに成長している証かと。。

とは言いつつ
やっぱりLIFETIMEが名盤であることは間違いなく。
あたしが当時まず惹かれたのは”光について”だったなぁ…(遠い目)w
この出会いがなければここまでバインにハマってなかったかも?
何はともあれまだまだ彼らについてゆく所存です。。


AD
長かった冬が終わりを告げそうで、
間もなく桜もちらほら咲き始めそうなそんな頃。
やっぱり聞きたくなるのはhere♪(@YouTube)
多分生涯連れ添えるような音楽とは
多感で不安定な精神状態の若い頃じゃないと出会えないのかもしれない。

誰かを想うことを。
弱さゆえに覗かせた鋭利を。
センチメンタルや欲望や諦めを。
やり場のない苛立ちを。

それでも季節はめぐり色鮮やかな春を。
根拠のないポジティブを。

Here/GRAPEVINE

¥3,059
Amazon.co.jp

AD

ZIGGY 30th NIGHT STAND 2014

テーマ:
ZIGGY 30周年TOUR2014初日に行ってきました。
んで懐かしい動画も見つかったのでついでにw



あたしの中で彼らは 6th「KOOL KIZZ」で終わっていて、
特に好きなのは3th「HOT LIPS」4th「NICE&EASY」あたりで、、
故に今日は知らない曲も多かったのだけど、
それでも懐かしい想いも相まってなかなか楽しめました♪
特に1980年代後半の曲を主軸に構成された序盤と終盤がよかったですね。
でも結局メンバーが集まらなかったのとか、
個人的にはBORN TO BE FREE♪とかやってくれなかったのがちと残念。。

因みにサイト覗いたらいつの間にかAX追加になってる。
あたしはもうお腹いっぱいだけど、
O-EAST逃した人は是非★

NICE&EASY/ZIGGY

¥3,066
Amazon.co.jp

AD
19日の東京ドームへ行ってきました。
流石に年齢層は高めだけど、小学生や中学生等
親子や家族連れの姿もチラホラあり、ビートルズ人気?は
世代を問わず衰えない感じでしたね。
あたしも正直ポールのソロまでは追ってなくて、、
でも過半数がビートルズの曲だったので十分楽しめました♪
71歳で2時間半とか大丈夫なのかな?とか思いつつ、
いやぁ見事でしたね。余計な休憩もなく普通にやってのけてました。
音楽のみならず測りきれないほどの様々な功績を残した当人に生で会えるなんて、
内容よりソコへ行くことに意味があったイベントでした。

因みにあたしの場合、ビートルズは親がリアル世代で、
母なんかは学生当時レコード店でビートルズのLP眺めていたら
見知らぬ外人が買ってくれたりとかしたらしく、、
なかなか貧乏加減が伝わるエピソードを教えてくれたりしました。
まぁ当時の多くの日本人は貧しかったと思いますが。。
あとあたしら世代で言えばひらけポンキッキでビートルズの曲が
数多く使われていたのも刷り込まれた要因としてありますね、
PleasePleaseMe♪なんかは特に印象深いです。

いずれもまたどうゆう形かで次の世代にも伝えていきたいですね。
もちろん息子にはどこかのタイミングで伝わることでしょう♪

名盤ライブ「SOMEDAY」

テーマ:

SOMEDAY/佐野元春


1982年、佐野元春の3rdアルバム「SOMEDAY」
その名の通り”名盤”を忠実に再現するLiveに行ってきました。
名盤ライブは海外では一般的?とか聞いたことあるけど、
それの邦楽版ということで企画された第一弾がコレ。
今後どんな名盤が出てくるか気になるところですね。
因みに31年前の当時、あたしは小学3年生。
もちろんリアルで聞いていたわけではないけど、
やっぱりロックに触れればおのずとSOMEDAY♪は
知ることになる名曲ですよね。
とかく客層はあたしよりは大分年上が多かった感じで、、
まぁそりゃそうか…笑

改めて考えると1982年当時はまだレコードでしたね。
ジャケットからレコードを取り出してプレイヤーに乗せて、
オートモードでアームの針がレコードの外周に落とされて…
といった映像と共に1曲目「シュガータイム」が演奏される。
この演出はよかったですね。
A面最後のSOMEDAY♪が終わるとレコード盤裏返したりもw

佐野元春は昔から好きでアルバムも幾つか持ってたけど、
実は生は今回が初めて。んでその初めての生が
SOMEDAYの名盤ライブとはなかなか贅沢なひとときでした。
アルバムの再現なので時間も短めで年寄りには丁度良いかも?w
もちろん普通のライブもいいのだけど、
アルバムの曲順にだって想い入れはありますもんねぃ。。
既に解散してしまったバンドなんかは難しいかもしれないけど、、
もっとこの企画が続けばいいですね。

名盤ライブ「SOMEDAY」