北欧旅行記 2010 #お土産

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-101011d

北欧旅行記の番外その2。お土産編です。
旅行記しつこいですがこれで最後ですので…(苦笑)
てことでまずはあたしの。ストックホルムの
Bacchus Antik(バッカス・アンティーク)さんで購入した
アラビア(ARABIA)のコーヒーカップ&ソーサー。デザイナーは不明。
あとヘルシンキのアラビアファクトリーショップで見つけた
イッタラ(iittala)のガラスの小物ケース?
日本でも通販でもコレは見た事ないなぁ…と。
(実際はどうだろう?あたしが知らないだけ?)
使い道は未定だけど可愛いので1つ買ってみました。

怒れる小さな茶色い犬-101011c

こちらは相方の。
日本でもお馴染みの商品が並びます。
イッタラ(iittala)のKartioにアラビア(ARABIA)のApila,Ego.
あ、写し忘れたけどお皿とかも買ってたなぁ。
ここのは全てアラビアファクトリーショップで購入。
おまけにフラワーベースのデザインで有名な
アールト定番フォルムの型抜き?を貰いました。

怒れる小さな茶色い犬-101011e

んでこちらは食べ物系。
フィンランドFazer社のお菓子とか、
現地スーパーで適当に買ったものとか。。
シリアルにジャムに缶詰。特に世界一不味いと噂の、
悪名高いサルミアッキ(salmiakki)は怖くてまだ試せず…(笑)
AD

北欧旅行記 2010 #Lomo

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-101009a

北欧旅行記番外編。これまでの記事の画像は
相方撮影のデジカメ画像だったのだけど、
あたしはロモ(Lomo CL-A)にてパチクリしてました。
やっぱりフィルムはデジカメと違って味わい深いというか、
発色も温かみがあるというか…言葉では難しいんだけど(苦笑)
いずれもロモはそのトンネル効果が奥行きを見せていい感じです。
晴天時とかに見せるコントラストも美しいけど、
あたしは案外上のような暗さのあるものも好きですね。。

怒れる小さな茶色い犬-101009b

こちらはブレがいい塩梅になっちゃった風?(笑)
こうゆうのもロモ…トイカメラの面白いとこですよね。
それでもトンネル効果が現れる写真は気まぐれだし、
あたしの力量…構図も拙さもあって、いいなぁ。と思えるのは
10枚に1枚あればいい方…。でもやっぱり現像から
出来上がって来るワクワク感はフィルムならではですよね
因みに今回使用のフィルムはFerrania Solarisフィルム
他のロモ写真もこちら↓に何点かupしてますので興味ある方はどうぞ。。
青いフォルダを開くと色々見れます。

http://fotologue.jp/mfa
AD

北欧旅行記 2010 #9

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-101006a

最終日。午前中(AM11時)にはホテルに空港までの
現地ドライバーがやってくるのでそれまで改めて
市街を散策する事に。中央駅からスルッセンまで歩きます。
写真はリッダーホルム教会。

怒れる小さな茶色い犬-101006b

スルッセンから望むガムラスタンの街並。
皮肉にも最終日(移動日)がこの旅一番の晴天(苦笑)

怒れる小さな茶色い犬-101006c

Slussen駅の側、地上33mの空中レストラン、ゴンドーレン
細い通路がレストランになってるみたいだったけど、
ココでも食べてみたかったかも?(笑)
とかいう内に時間切れでホテルへ。

怒れる小さな茶色い犬-101006e

ストックホルム、ブロンマ空港でのランチ。
写真はキレイに撮れてるけど、味はジャンキー?(笑)
奥のはイメージよりパンが堅かったパニーニ。

怒れる小さな茶色い犬-101006f

まずストックホルムからヘルシンキへ向かいます。
写真はフィンランド上空。北欧独特の地形が見えますネ。

怒れる小さな茶色い犬-101006g

ストックホルム~ヘルシンキ間に利用した
ちびっ子フィンエアー。写真じゃあんまわかんないけど…。
この後でかいフィンエアーに乗り継ぎ、成田へ向かうのでした。

おしまい。
AD

北欧旅行記 2010 #8

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-101005j

ストックホルム2日目の午後は市立図書館へ。
円形の壁に沿って本がびっしり埋まった空間が素敵です。
もちろん現地の人は図書館として利用しているので
写真を撮るあたしはもろ観光客…でしたね(苦笑)

怒れる小さな茶色い犬-101005k 怒れる小さな茶色い犬-101005l

図書館の後はすぐ近くのカフェでコーヒータイム。
1958年の創業以来変わらないという内装や家具が
とても素敵なカフェ・ヴァーランド(Cafe Valand)です。
右の写真のウェグナーのチェアがいい味出してますね。
お店の女性も創業以来?と思わせるようなおばあちゃんで
とても愛嬌があってCuteで可愛かったです。
お店で出しているケーキやクッキーもホームメイドという
なんとも温かな雰囲気のお店でした。

その後、近くのアンティーク通りにあるガイドでも有名なお店、
Bacchus Antik(バッカス・アンティーク)さんへ。
店主?が商品をガチャガチャさせながら並べてます…。
なかなか豪快な飾りっぷりです(笑)こちらでは少しばかりのmy土産、
アラビアのコーヒーカップ&ソーサーを購入。

怒れる小さな茶色い犬-101005m 怒れる小さな茶色い犬-101005n

相方の要望?で再びガムラスタンへ。
初日に伺った時は天気が悪かったのだけど、
青い空を望む景色はやっぱりいいですね♪

怒れる小さな茶色い犬-101005o 怒れる小さな茶色い犬-101005p 怒れる小さな茶色い犬-101005r

右の写真は路地が多いガムラスタンの中でも、
一番狭いとされる路地。ここは観光客の人気撮影スポットらしく
こうして人気(ひとけ)がいなくなるのを逃さずパチリ。。

怒れる小さな茶色い犬-101005q

ガムラスタンにあるレストラン、フェム・スヒーヒュース(Fem Sma Hus)の看板。
こちらのお店も事前に調べておいて行きたかったのだけど、
ちょっと夕食のタイミングではなくスルー。。
この後場所を変えて、やはりガイドで気になった雑貨屋さん、
レトロ・エトセトラ(Retro.etc)とか廻りつつ、
北欧での最後の夕食を食べにスルッセン(Slussen)へ。

怒れる小さな茶色い犬-101005s

スルッセン(Slussen)の夕暮れ時の空。
旅が終わると思うと切ないですねぃ。。

怒れる小さな茶色い犬-101005t

して北欧、最後の夕食はSlussen駅から程近いブロードレン(Bla Dorren)
店内が暗くて料理の写真がうまく撮れなかったのだけど、
ビーフペッパーステーキに魚のバターソテー。
やっぱり美味しかったです♪

続く

北欧旅行記 2010 #7

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-101005a

ストックホルム2日目の朝食。
こっちに来てから朝食は全てホテルのビッフェなのだけど、
これがなかなか好きでして。そういやストックホルムで
初めてスクランブルエッグが出てきたなぁ。
とにかくあっちはパンとコーヒーが美味しいのが素敵です♪
野菜がない!とか言わないで…(苦笑)

怒れる小さな茶色い犬-101005b

前記事にも搭乗したストックホルムの地下鉄構内。
駅内に違ったテーマでデザインされています。
こちらの駅も色使いとデザインが斬新。。

怒れる小さな茶色い犬-101005c

まず向かったのは中央駅から地下鉄で1駅の王立公園。
緑の中を朝のお散歩です。

怒れる小さな茶色い犬-101005e 怒れる小さな茶色い犬-101005f

王立公園を抜けて中心街を散策。
高級デパートのNK(エヌコー)やH&M、
あとセブンイレブンなんかも街中で目立ちます。
いずれも旅終盤に近づく程天気も良くなってきましたね。
ただ気温は相変わらず10度に届かず寒いです。。

怒れる小さな茶色い犬-101005g 怒れる小さな茶色い犬-101005d

街を散策した後は定番スポット市庁舎へ。
特に写真のホールはブルーホールと呼ばれ、
ノーベル賞祝賀会場として有名なようです。
因みにこの市庁舎は時間で区切られたツアー形式で
各国の観光者に混ざってガイドと一緒に見学します。
右の写真は同じツアーで同行の女性。
マリメッコのバッグにマフラー、ジャケットの刺繍が
ちとオサレだったので隠し撮り♪(笑)

怒れる小さな茶色い犬-101005i 怒れる小さな茶色い犬-101005h

市庁舎を後にして歩いて行ける地元でも人気の
レストラン、メステル・アンダーシ(Master Anders)へ。
実はコチラ、昨晩断られた店なんですよね。
早めのランチに伺ったのだけど、やっぱり最初、
お店の人は険しい表情で…。でも大丈夫でした。
ただぞくぞく訪れる現地の人はどうやら予約客らしく、、
ランチで予約なんてほんと人気のお店なんですね。
こちらでもお決まりミートボール(左)を頂きましたが美味しい♪
てことでこの旅も残すところあと半日余り…。

続く