春を嫌いになった理由(わけ) /誉田哲也


相方のおさがり。
彼の作品はドラマ化もされたストロベリーナイト以来。
ストロ~もそうだったけどこの作品も
一気に読めちゃう感じですね。
内容はよくある霊媒師?を使った
テレビ番組を主軸に各々の物語が
オムニバスちっくに展開されます。
特に中国人密入国者の物語はドキドキしたり、
その辺はちと面白かったかな。
でもそれ以上でも以下でもない感じ…か。



んでんで、、
いやもうこれはこの小説に限らないのだけど、
あたしみたいないい歳したおっさんが、
こうした消費型小説(大衆小説?)を読む必要性が
あるのかつくづく疑問な今日この頃。
無論小説の楽しみ方は人夫々だけど、、
まぁ少なくともあたしは当分要らないかなぁ…?
ちょっと思案中。。


読書力 (岩波新書)/齋藤 孝


AD

仮想儀礼 篠田節子

テーマ:

仮想儀礼〈上下〉 (新潮文庫)/篠田 節子

篠田さんのは2作目。
前回も宗教ちっくなお話だったのだけど、
これはもろそれ、というか、
ビジネスとしての宗教がどういったものか。
という内容がリアルな感じで、
小説というよりドキュメンタリー…は言い過ぎかもだけど、
なかなか読み応えがありました。
ただ終盤はすこし退屈だったかも。。

あたしも若い頃はよく上司なんかに、
○○君は宗教始めた方が良いよ。なんて言われてたなぁ。
無論若さ故の言動がそう言わせたのもあるし、
内容は別として”説得力”があるのだそうだ。
つまり詐欺とかそうゆうのには向いてるとかなんとか…
でもでもそれを実感するような出来事も
確かに以前はよくあった気がしますネ(笑)

ただこの小説を読むとやはり宗教と言えど、
結局は経営のセンスなんだなぁ…とか、
いずれもあたしは経営には向いてないのかな、、
というのが痛い程?わかったのでした(苦笑)
やっぱりあたしはトップをサポートする方が性に合うし、
その方が持ち味を発揮できるような気がします。。
…ん?何の話??(笑)
AD

箱男 安部公房 #2

テーマ:

箱男 (新潮文庫)/安部 公房


2回目読了。
箱男に深入りすると危ない…。
とはこの小説の話の1つだけれど
同じくこの小説に深入りすると危ないのかもしれない(笑)
いやぁちょっとこれはヤヴァイですね。
無論、いい意味で…ですよ。
読めば読む程真相に近づくかと思えばまるで逆で…
しかしそれを解きたいがためにより深みにハマるという…
まるでメビウスの帯…
エッシャーのだまし絵の中に閉じ込められて…永遠に、、
そう、贋魚になって永遠と夢を彷徨うように。
(贋魚の話もこの小説の中で際立っていますね)

箱を被る事で匿名性と覗き続けるという特権を手に入れた箱男。
ある時空気銃で狙撃され肩を負傷してしまう。
治療を受けた病院で看護婦と交わした約束。
そしてその思いもよらない約束の履行に戸惑う箱男。
病院の一室では裸の看護婦とその側に自身そっくりな贋箱男。
箱を脱いだ箱男と箱を被った贋箱男と看護婦を挟んでの攻防…。
やがて発見される変死体(箱男)。

簡単に言えばそんなストーリー。雑?(笑)
オムニバス的要素も含むこの小説は箱男が書いた
とされるノートがそのまま物語になっていて、
その語り手「ぼく」があるとき違う「ぼく」になり…混乱は必至。
しかしそこはやはり安部公房。
ストーリーの展開以前に読ませる文章力(表現力)は流石です。
特にエピソード的に挿入される贋魚の話や、
少年がアングルスコープで女教師のトイレを覗く…
(実際はバレて屈辱的な仕打ちを受けるのだが)
それらの話だけでもこの小説を読むに値するかと。。

箱男とはあくまで物語を分かり易くするための表現に過ぎず、
言わんとする内容は見るもの見られるもの、覗き…覗かれるもの、
安楽死、匿名性…次から次へと流れる多くの情報。
これらは自身の部屋(箱)に閉じこもって
必至にフィギュアを相手に…といった光景だったり、
インターネットの世界も通じるものがあるかもしれない。
多くの匿名者が各々の欲望のままに覗き続ける窓…。

さて…
きっといつまで経ってもこの小説の真相…
謎解きなんて出来やしない。それをわかっていても
何故か引き寄せられるこの引力…
当分抜け出せそうにないけど、また新たな発見があったら
記事にしてみたいと思います。…?
(当分この小説を手放せそうにありません…苦笑)
AD

追悼 スティーブ・ジョブズ

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-111019a

久しくこの手の雑誌は買っていなかったのだけど、
本屋で並んでいるのを見つけてつい買ってみた。
Myパソコンはmacだし、iPodiPhone...
もちろんアップル(Apple)の製品は好きなんだけど、
正直彼について今までそれほど興味を抱く事はなかったなぁ。
そんなあたしが見るには丁度好い内容かと思います(笑)

改めてここ十数年のアップル動きを振返ってみると、
当時としては世の流れ…MSによるソフトウェア戦略、、
に反したハードウェアへの執着だったり
今こそ見直されてきた民需を念頭においた開発等…
あたしもseの端くれではあるけど似た様な業界?
に身を置くものとしては少し思うところがあったり。。



そしてなんとも懐かしいカラフルポップなiMac(↑)。
確かにあの製品をきっかけにアップルが…Macが
一般消費者にも一気に浸透したかのかなぁ…とか。
結果あたしもmyPCの2台目(1台目はwin)は白いiBookでした。
…仕事ではwinしか使わないのにネ、、(苦笑)

これからもアップルに関わらず、
こうしたときめきプロダクトが生まれることに期待しつつ…
ありがとう、スティーブ。




Mac Fan 2011年12月 臨時増刊号/著者不明


Mac Fan.jp

Casa BRUTUS COFFEE BOOK

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-111006a

去年も似た様なの出てましたが懲りもせず…(苦笑)

正直あたしのコーヒーライフはこれといって
特筆すべきものはなにもなくって、
ただ週末の朝にお豆を挽いてペーパードリップる♪
最近はファイヤーキングでなくて専らミィさん
お豆チョイスだてそらもう適当この上ない。
名前が素敵♪とか金額がオサレ♪とか…?

そんなあたし…でもでも、

こんな雑誌をめくりながら、
登場する”素敵”器具やテーブルウェアやお店やお豆に…
あれこれ巡らせるのは楽しいのです。
(まだ見てないよ…)


CasaBRUTUS特別編集 COFFEE BOOK
(マガジンハウスムック)



###追記###
んで↑勇んで読みはじめたら…あれ??
昨年に出ている同様のモノ(2010年12月号)と内容が一緒?
色々調べたら50%は刷新とのことですが、感覚2割にも満たない感じ。
てことで同じく去年の持ってる人は一考されたし。
因みにコチラ↓「街とコーヒー。」はあたし的に面白かったです♪



ku:nel (クウネル) 2011年 11月号