怒れる小さな茶色い犬-120317a

相方チョイス(トムハンクスが好きらしい…)。
この映画、その奇怪?なタイトルだけ印象的で
どんな内容かよくわかってなかったのだけど、、
あぁ割と…そうゆう感じなのか。
(↑自分だけ納得…苦笑)

はじめは違和感が拭えませんでした。
父親役のトムハンクスとその息子で主役の
オスカー(トーマスホーン)の関係がどうも普通じゃない。
息子が単にコミュニケーションが苦手といったことで
片付くような感じじゃなく。でもそんな違和感も
オスカーが失語症?の間借り人(マックス・フォン・シドー)と
出会った際の告白で合点がいった。

いずれも近しい家族だけでは解決できないことがある。
現にオスカーは自身の大事な告白を"その時点では"
他人である間借り人や、鍵の持ち主に対して素直に話すのだ。
そしてどこか安堵した自身を見出す。
それは必ず近しい家族が導きだすとは限らない。
例えばあたしでいうと、両親には決して話せない…
話したくない事柄を叔父や叔母に話す感じに似てるかな?
人が成長するには色んな出会いは不可欠なのですね。。
あ、無論母親(サンドラ・ブロック)の強さの描写も素敵でしたョ。

あと印象的だったのはあの日のオスカーの心境。
幼い子が持つ親への絶対的な愛情とその反動による不安。
ベッドの下?に潜り込んで無意味な仕草や
父親からの電話と知りつつ受話器を取ることができなかった
複雑な想いがなかなかリアルでした。

タイトルの意味は…
まぁ色んな解釈があっていいんでは?(笑)


ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
/ジョナサン・サフラン・フォア

AD

宇宙人ポール

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-120108a

以前TBS王様のブランチで紹介していたので
それから気になっていました。
例のロズウェル事件(1947)をきっかけに
アメリカ政府に捕われた宇宙人ポール。
半世紀の時を経て故郷(宇宙)へ帰るための脱走中に
英国から観光に来たSFオタクと出会い、
彼らを交えて脱走珍道中がはじまるのだけど、
長期間の拘束を経てすっかりアメリカナイズされた
宇宙人ポールがなかなか楽しいおバカ映画です。
でも単なる"B級"で括れないところがまた良い感じですネ。
最近のミニシアターというか単館系?で言えば
キックアスも似たような感じでしたかね。

SFコメディ?ロードムービー?
ちょっと下ネタ多めなのでそこは好みが別れるかも?
それでもハートウォーミングな感じもあったり、、
加えて映画通…
スピルバーグ通な方ならより楽しめる内容のようですね。
あたしは全く詳しくないのでところどころ
「え?何何??」状態だったけど、
それでも充分楽しめました♪

宇宙人ポール オフィシャルサイト




スーパーバッド 童貞ウォーズ

AD

週末レンタル(備忘録)

テーマ:
実はレンタルしたものの殆どを下書きで記録しているのです。
でも後にどんなの観たっけ?となったときにちと不便で…
てことで特に印象に残ったのをupしときます。
(結果古めな感じになったな…)



最高の人生の見つけ方(2008年)
ジャックニコルソンにモーガンフリーマン。
そう聞いただけで妙に安心感を得られる感じ。
物語もハートウォーミングな感じでエンディングも好きですね。
個人的には世界一の美女にキス。の演出はgoo♪

キリクと魔女(1998年)
ミッシェルオスロ監督作品は
一昨年劇場で観たアズールとアスマールが初めてで
その時の衝撃もあり今回チョイス。
アズール~のようなエンターテイメント性?はないけど、
それでもやっぱりその世界観は独特で、、
キリクが生まれる場面、あの演出…なかなかないですね。
んで個人的に好きなのは魔女に仕える角張った兵隊(鬼)達。
あれ、あたしが子供だったら怖いなぁ…
なんか夢に出てきそうで。。

リトル・ミス・サンシャイン(2006年)
とても素敵なロードムービー。
あれ?何でコレ単独でupしなかったのかな?
ぽっちゃりさんのコンテストのために
家族が奮闘する姿が楽しかったり、
ハートウォーミングな作品です♪

歩いても 歩いても(2008年)
よくありがちな帰省の話。
コレと言って盛り上がるような事件もなく
実家で過ごす様がたんたんと綴られる。
だからって不思議と引き込まれるのは
キャスティングの妙だったり、
あぁそうゆうのあるよねぃ…
的な演出がなかなかよいです。。

The Rocker(2008年)
日本未公開?完全にコメディです。
メジャーデビューを条件にバンドから追い出された
ドラマーが新たにロックスターを目指して孤軍奮闘…
というよりそのダメ人間っぷりが笑えます。
そしてひょんなことからあれよあれよと…。。
AD

ステキな金縛り

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-111123a

家族サービス。
正直あまり期待はしてなかったのだけど、
やっぱり普通に笑わせてもらったし、
そこそこハートウォーミングな雰囲気もあり、
それだけならまぁアリな方なのかなぁ?
確かに小手先の笑いだけで満足できればいい作品だし、
そもそもそうゆうものだと思えば尚更なんだけど、
改めて内容を追うとチープ感も否めなかったり。
あとこれも好みの問題だけど、
彼の作品はどうしても映画というより
やっぱ演劇臭が抜け切れないというか…
そのあたりの評価が難しいところですかね。
それにしても2時間超過はちょっと長いと思う。
故の中だるみ感というか、、
もっとテンポ良く納めてくれた方が好みかなぁ。。
あ、ウェイトレスでちょい役の深キョンは可愛かった♪

んで、、
ちょっとここから三谷幸喜批判入るので、
ファンの方は読まなくていいですよ(笑)
昔はそんな風に思ったことはなかったのだけど、
最近は彼のお決まりの出しゃばり感がどうも苦手というか。
…映画公開前?に民放で似た様なタイトル
「ステキな隠し撮り」とかいうドラマやったり、
(これは民放側の問題かもだけど…)
あとは宣伝のためにメディアに登場しては
深津絵里との執拗な絡み具合をアピールされたり、、
もちろんそれらも彼の計算された演出の1つなんだろうけど、
だからってもうなんか見ていてちと萎えるんだよなぁ。
あとあと映画の中で自慢げに”映画スキル(ネタ)”を
小出しにされるのもなんだかなぁ、、とかとか。

ステキな金縛り

それにしても深津絵里はやっぱりいいなぁ。
ただあたしの中で彼女と言えばやっぱりショートで
ボーイッシュな印象がずっと残ってますけどね。。


真夏の地球(ハル)

猿の惑星:創世記 (ジェネシス)

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-111023a

元祖猿の惑星(1968)は幼い頃見た記憶がある。
あ、もちろんTV放送とかそうゆうのね。
詳細まで思い出せないけど暗雲としたイメージと
やっぱり衝撃のラストシーンが印象に残ってるなぁ。
して今作はそれに続く新シリーズ…
あ、そうなのか。てことはまだまだ続くのね。
(とwikiではじめて知る…笑)

正直な感想を言えば期待外れ…に近いかな。
想定以上の驚きも発見もないし、
技術の進歩に頼ったパニックムービー…という感じ。
まぁそうと割り切れば普通に楽しめる作品ですかね。
確かに技術の進歩はすごい。
登場する類人猿の表情は人間のそれと変わらないどころか
それ以上の表現力だった。
ただ、故にどこかリアリティが薄れる感じもあったり、、。
まぁそれは人間の歪んだ固定観念に過ぎないだろうけど。。?
んでもってストーリーがいかんせんチープ。
ご都合主義な感じが否めない。…展開が雑というか。
捕われた類人猿が森へ戻るためにあそこまで街を
ハチャメチャにする必要性もないような気がするのだけど…

とかちょっと辛口に書いてしまったけど、
それは否が応でも名作と比較せざるを得ない…
相手が巨大すぎるというのもあるのかなぁ。
やっぱりあのクオリティを求めたらそれは酷な話かもしれない。
加えてこのご時勢ビジネスとして成り立たせるには、
こうした作りしかできないのかも…とか思ったり、、
…ジレンマですなぁ。。???



ただ元祖の方はこれを機にまた改めて観てみたくなりました。
やっぱり人の心を打つ作品というのは
決して映像技術なんかじゃないんだよぁ。。
…ん?懐古主義の年寄り発言か?(苦笑)


猿の惑星 35周年記念 アルティメット・エディション [DVD]