パンズ・ラビリンス

テーマ:
071105b

※多少ネタバレちっくなので注意(下の方)

とかく不思議な魅力を持った作品だ。
あまりに内容が濃密なため
気楽に繰り返し観れる作品ではないけど
あたし的にはなかなか逸品だと感じる。
彼女の為に脚本を変えさせたとされる
ヒロイン、オリフェア演じるイヴァナ・バケロの
好演はもちろんの事、周りを固める役者も素晴らしい。
そして演出の巧妙さ。
ファンタジーを全面に押し出すわけでなく、
血なまぐさい現実に多くの時間を割き、
だからこそ余計ファンタジーが活きる。
確かにヒロインに与えられた”3つの試練”
については幾分不満は残るものの、
全体の出来を考えればさほど気にならない。

それにしてももっとPG-12指定を
アピールする必要があるんじゃないかと思う。
R-15指定でも良いような気がした。
大人でさえ、、いや大人だから?
目を覆いたくなるシーンは幾度か訪れる。
とにかく容赦ない。
あたしは他の映画ではあまり見られない
銃の重厚で鈍い音がとても印象に残った。
それは決して”軽く”あってはならない。
色んな意味で…。

そしてラストシーン。
まるでフランダースの犬のそれを重ねてしまう。
決して恵まれていたとは思えないネロの最期。
ルーベンスの絵の前でパトラッシュと共に
天に召されるその光景は悲しくもあり穏やかでもあり、
あたしの中に何とも複雑な余韻を残した。

テイストは全く異なるけど
ジェニファーコネリー、デヴィッドボウイが
出演するラビリンス 魔王の迷宮
久しぶりに見たくなりました(笑)
パンズ~は大人向けの作品だけど、
こちら(↓)は子供も安心して楽しめます♪


ラビリンス 魔王の迷宮
コレクターズ・エディション


■PAN'S LABYRINTH パンズ・ラビリンス■
AD

コメント(2)