19日の東京ドームへ行ってきました。
流石に年齢層は高めだけど、小学生や中学生等
親子や家族連れの姿もチラホラあり、ビートルズ人気?は
世代を問わず衰えない感じでしたね。
あたしも正直ポールのソロまでは追ってなくて、、
でも過半数がビートルズの曲だったので十分楽しめました♪
71歳で2時間半とか大丈夫なのかな?とか思いつつ、
いやぁ見事でしたね。余計な休憩もなく普通にやってのけてました。
音楽のみならず測りきれないほどの様々な功績を残した当人に生で会えるなんて、
内容よりソコへ行くことに意味があったイベントでした。

因みにあたしの場合、ビートルズは親がリアル世代で、
母なんかは学生当時レコード店でビートルズのLP眺めていたら
見知らぬ外人が買ってくれたりとかしたらしく、、
なかなか貧乏加減が伝わるエピソードを教えてくれたりしました。
まぁ当時の多くの日本人は貧しかったと思いますが。。
あとあたしら世代で言えばひらけポンキッキでビートルズの曲が
数多く使われていたのも刷り込まれた要因としてありますね、
PleasePleaseMe♪なんかは特に印象深いです。

いずれもまたどうゆう形かで次の世代にも伝えていきたいですね。
もちろん息子にはどこかのタイミングで伝わることでしょう♪

AD

名盤ライブ「SOMEDAY」

テーマ:

SOMEDAY/佐野元春


1982年、佐野元春の3rdアルバム「SOMEDAY」
その名の通り”名盤”を忠実に再現するLiveに行ってきました。
名盤ライブは海外では一般的?とか聞いたことあるけど、
それの邦楽版ということで企画された第一弾がコレ。
今後どんな名盤が出てくるか気になるところですね。
因みに31年前の当時、あたしは小学3年生。
もちろんリアルで聞いていたわけではないけど、
やっぱりロックに触れればおのずとSOMEDAY♪は
知ることになる名曲ですよね。
とかく客層はあたしよりは大分年上が多かった感じで、、
まぁそりゃそうか…笑

改めて考えると1982年当時はまだレコードでしたね。
ジャケットからレコードを取り出してプレイヤーに乗せて、
オートモードでアームの針がレコードの外周に落とされて…
といった映像と共に1曲目「シュガータイム」が演奏される。
この演出はよかったですね。
A面最後のSOMEDAY♪が終わるとレコード盤裏返したりもw

佐野元春は昔から好きでアルバムも幾つか持ってたけど、
実は生は今回が初めて。んでその初めての生が
SOMEDAYの名盤ライブとはなかなか贅沢なひとときでした。
アルバムの再現なので時間も短めで年寄りには丁度良いかも?w
もちろん普通のライブもいいのだけど、
アルバムの曲順にだって想い入れはありますもんねぃ。。
既に解散してしまったバンドなんかは難しいかもしれないけど、、
もっとこの企画が続けばいいですね。

名盤ライブ「SOMEDAY」

AD

ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-131111a

先週の金曜日に劇場で観てきました。
確かに史上最低で最高のロックフェスかもしれない(笑)
テーマとしては当時熱き若者だった”現在の”彼ら(僕ら)への
エールでもあるような内容でしたね。
因みに26年前のあたしはまだ14歳で、
音楽はtvでしか知らないただのサッカー少年で、、
でも1年後には彼らにキュンとしちゃうのだけど…
以下感想とか、順不同。

◆THE BLUE HEARTS
甲本ヒロト24歳、真島昌利25歳。
デビュー間もなくまだ一般的な認知度は低い頃。
ヒロトの人懐っこさとやんちゃっぷりが伺えます。

◆RED WARRIORS
ダイアモンドユカイ25歳。
とにかくダイアモンドユカイが幼すぎて微笑ましい。
絶対今の方がかっこいいと思う。
その後バラエティーで活躍するとはw

◆岡村靖幸
21歳。
名前は知っていたけど興味はなかったなぁ…
それはそうとどうもこの方、大泉洋と被るんだよなぁ(笑)

◆白井貴子
28歳。
彼女は知りませんでした。
ただ今作ではかなりフィーチャーされていた気がします。
レベッカぽい感じがした。

◆HOUND DOG
大友康平31歳。
やっぱりff(フォルティシモ)の印象しかないなぁ。
その後の三枚目路線を思わせる暑苦しいはしゃぎっぷりw

◆BOOWY
氷室京介26歳、布袋寅泰25歳。
もうこの頃は解散目前で既に地位も確立されていただろうし、
他とは別格扱いな感じですかね。
BOOWYだけバックステージの映像がないのもそれ故?
それにしても改めてDreamin'の歌詞が沁みるんだなぁ…

◆THE STREET SLIDERS
ハリー28歳。
知っていたけどあまり聞かなかったかなぁ。
雰囲気は好きですけどね。

◆尾崎豊
21歳。
しかしほんとにこの人は常にガチで歌ってますね。

◆渡辺美里
21歳。
My Revolutionの印象しかない…

◆佐野元春
31歳。
あえて書くことはない。

てことで実際のフェスは12組出演だったのだけど、
個人的に見たかったUP-BEATとか、
映像化されなかったのは大人の事情?

作品自体は相応に楽しんだのだけど、
(映像がヴォーカル贔屓なのは気になったが…)
とにかくあのナレーションだけは受け入れられないなぁ。
なんていうか面倒くさいナレーションだった。
(当時にしても恥ずかしくなるようなダサい言葉連発…)
なんであんなナレーションになったのだろう?
これなら民放のドキュメンタリーの方がまだマシです(苦笑)
あと最後のコメントとかエンディング曲とか、、
当時の映像と音楽を除いてはちょっと残念な作品でしたネ。。
AD