VIOLA ビオラ [都立大学]

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-110427e

ここんとこ馴染みのお店が多かったのだけど、
今回は初めてのお店ですね。HPの言葉を借りると…
"都立大学にぽつんとある ほっと くつろげるワインバー"
ということらしいですがまさにそんな感じ。先週末に行ってきました。
因みにこのお店、女性店主一人できりもりしています。
ここを知ったきっかけは発売中のBRUTUS.
美味しい酒場がテーマでココが紹介されてました。
(立ち)読むべきはBRUTUSです(笑)

写真↑のワインはイタリアの…あ、名前忘れてしまったなぁ。
でも濾過してない?とかいうワインで
お酒に弱いあたしにはちょっとキツかったけど
それでも新鮮な味わいで結構飲んじゃいました。

怒れる小さな茶色い犬-110427f 怒れる小さな茶色い犬-110427g 怒れる小さな茶色い犬-110427h
怒れる小さな茶色い犬-110427i 怒れる小さな茶色い犬-110427j

生ハムとサラミの盛り合わせ/
蒸し根菜のアンチョビソース/焼きモッツァレラ/
ボローニャ風ミートソースのリガトーニ/バケットと国産バター

ワインを美味しく飲むにはお伴が必要。。
てことで料理も美味しい♪
特に相方はお店の雰囲気含めかなり気に入ったようで
その内またリピりにくると思われるわけで…(笑)

VIOLA ビオラ

VIOLA ワインバー / 都立大学駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5




p.s.
例のBRUTUS、あと都立大はmarucanも同じく紹介されてましたね。
ここも行った事ないけど今度行ってみるかな?
AD

たにくぷにぷにん

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-110427b

ジャムさんとこの多肉さんがあまりに美味しそう♪
だったのでついつい触発されてしまいました(笑)
加えてこの季節は緑さんが欲しくなりますね。
もうsolxsolさんの催事は終わったのだけど
先週の会社帰りに品川に寄り道して買って帰りました。
このぷにぷに感、見ているだけでニヤニヤしてしまいます♪

が、しかし…ですよ、、
実はあたし、多肉に関わらず緑さん、苦手なんですよね。
そのくせ毎年1つや2つ緑さん購入するのだけど、
やっぱり何でかうまく育てらん。
愛情は注いでるつもりなのだけど…ん?構い過ぎ?
ほんとこうゆうのって得手不得手があるんですよねぃ、、?
(誰かコツ、おせーてっ!!)
ただ唯一と言っていい程快調なのはパキラさんだけです。
このしとは日に日に成長してくれてますネ。
とにかくあたし配下で育つとはなかなかの強者?(苦笑)

それはそうと今回の新入りさん。
果たしてうまく育てられるのだろうか??
その後関連記事がなかったら…
察してそっとしてあげてくださいまし。。

怒れる小さな茶色い犬-110427a

多肉植物/サボテン専門ストア solxsol
AD
怒れる小さな茶色い犬-110417n

着実に都立大グルメを消化中です。
週末だけどランチの定番、南翔小龍包が美味しいヒブスマさんへ。
あまり混まない都立大のお店の中でもいつも割と混んでますよねぃ、
だからってどばっと行列ができないところが
また都立大の魅力ですかね…
このあたりの人にはそうゆう感覚があるんだと思う、、(?)
夏場のちもと(かき氷)は別だけど。。

それはそうとここの小龍包はほんとに美味しいです♪
猫舌対策で食べる前に上部を噛み切って
少し冷して食べるという行儀の悪さです…?(苦笑)
あぁ、こうやって書いてるそばから欲してしまう…

怒れる小さな茶色い犬-110417m 怒れる小さな茶色い犬-110417o

ランチメニューはセットで色々種類があるのだけど、
大抵上のシンプルなラーメンとのセットかなぁ、
デザートにはシロップが美味しい愛玉子(オーギョーチィ)
もう随分と通っている気がするけど、夜はまだ未経験。
今度は夜の部にもチャレンジしたいですね。

あ、そういや関係ないとこで知ったけど、
碑衾村(ひぶすま)ってこのあたりの
明治から昭和初期にかけての地名だったんですね。
プチトリビア(笑)

Hibusuma 飲茶・点心 / 都立大学駅
昼総合点★★★★ 4.0


AD

僕が僕であるために

テーマ:
心すれ違う悲しい生き様に溜め息漏らしていた
だけどこの目に映るこの街で僕はずっと生きてゆかなければ~♪

あたしが入社した年の春に彼は逝った。
割とちゃんと聞いたのはその後だった気がする。
社会人と言えどまだまだ多感だった当時のあたしにとって
彼の説く内容はなかなか響いた。

人を傷付ける事に目を伏せるけど
優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく~♪

きっと彼の歌う内容が届く人とそうでない人がいて、
まぁそんな事はどうでもよくて…。
いずれも彼がそのまま歳を重ねていたら、
もっともっと窮屈に卑屈になっていったのか?
それとも相応に歳を重ねて穏やかになれただろうか?
とかとか無意味なタラレバを考えてみたり。

ただ想えば、
彼の歌った誰もが持つ心の葛藤というのは、
むしろ現代の方が重傷だったりするんじゃなかろうか??

YUTAKA OZAKI OFFICIAL SITE


尾崎豊/十七歳の地図,回帰線,壊れた扉から

iPhone4

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-110424a

葛藤の結末。
ごめんよママン…。

今年は節目かなぁ…とか思ったのです。
入社20年目だし、一気に2人の伯父になったし、&震災、、と。
色んな意味で変わってゆかなきゃいけない時、、
…というのは半分言い訳か?(苦笑)
もともとこうゆうの、ガラケーの時から
ヘヴィーユーザでないので、そんなあたしが
どこまで使いこなせるか未知数なのだけど、
まぁマイペースで馴染んでいければ。

んでまずはケース探し。
あたし的には裸でokなのだけど、
一般的にはケース必須みたい…なのね。
しかしこれが大変。数がね、ハンパない。
これこそ情報過多の弊害ですよ。。
でもでも確かにオサレなのもあったりして
そうゆうのに出会うとテンションup♪だったり。
てことで悩んでるうちに傷だらけになってしまいそう…(笑)

   

iPhone 4 / 3GS | ソフトバンクモバイル