終わるまで始まり

テーマ:
僕らの想いは中途半端に
ふわりふわりと宙に浮いたまま
吐いて捨てる程ある多くの想いは
埋め立て地に運ばれる新品のゴミの様…

僕らの行く先は虚無の器なのか?
それとも大いなる勘違いか?
あまりに無防備な成人たちは
出せない答えに導かれ争いを繰り返す…

だけどそれは雲が雨を降らす様に
そんなに不思議な事じゃない
雨の冷たさに打たれて…
傘を開く様に行きていたいだけ~

by HEAVEN♪
AD

ほぼ日手帳2011 春ver

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-110329a

ほぼ日もこれで45年目。
そして今回はじめての4月はじまりver.
やっぱり日本人としてはこっちの
区切りの方がしっくりくる感じで。。
でも正直この見開き2日という構成を
うまく使いこなせているという自信は全くナシ(苦笑)
あたしの仕事はどっちかというと
中長期スパンを俯瞰するのがメインだしなぁ。
とか思いつつ他の手帳にする決め手もないので…と。

&書きはじめくらいはキレイな字で♪
なんて乙女ちっく?な想いは…
もう随分昔に忘れてしまった(笑)

ほぼ日刊イトイ新聞 - ほぼ日手帳2011
AD

きょうの猫村さん 5

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-110310e

きょうの…というより"今年の"猫村さんです(笑)。
そして散々待たされた挙げ句…瞬時に読み終えるという、
まぁ毎度お馴染みのパターンです(苦笑)
しかし今作は少し単調かなぁ?
でもでもそれでも、
クスって笑える場面もちゃんと
あちこち散りばめられており、
それはそれでほっこりな気持ちにさせてくれます。
それにしても猫村さん、
シャンプーハットが似合いますね♪


きょうの猫村さん 5/ほし よりこ


AD

瞳の黒の色で…

テーマ:
怒れる小さな茶色い犬-110322a

ずっと未来を見届けるんだと教わった…
(by GRAPEVINE/風の歌♪

1月に生まれた姪に会いに熊本へ。
とてもとても大人しい子で、
あたしが抱っこするとじぃっと見つめられます↑。
そして時折見せる笑顔もしかめっ面も…
親じゃなくてもバカになりますネ(笑)



彼女に与えられたのは
悲しい過去ではなく
幾多にも描ける未来だけで…

untitled

テーマ:
多くの人がそうだろうけど
今回の様な規模の地震を経験するのは初めてでした。
オフィスの椅子はコロコロがついているので
座っていても机にしがみつかないと居られない状態でした。
お茶を入れたばかりのファイヤーイングが落っこちたり、
その内ロッカーが倒れたり…
きっと最悪の事態も予測しながら、
でも思考と実情とが頭でごっちゃになって、
何を考えていたんだろう?
今思い返してもゾッとします。
鉄道が動いていないこともあって、
多くの人は職場での宿泊を余儀なくされた感じでした。
幸いあたしは(2h程で)歩いて帰れる距離なので…。
幾ら新しいビルであってもあの激しい揺れを経験した場所に
そのまま長時間居られる(気持ちの)余裕もなかったしな。
蒲田から環八、雪が谷大塚、自由通り、自由が丘経由で帰宅。
相方は渋谷から246、環七経由で帰宅。
自宅も1つだけグラスが割れた程度で大きな被害はなく、
しかし改めてtvに映る光景にただ息を飲むばかりで…。
そして絶え間ない余震。
新居は築浅で低層なのでまず心配はないと思うのだけど、
それでも昼夜問わず緊急地震速報が入ると緊張しますね。
そんな中、週末もあっという間に過ぎて、明日からは通常勤務。
正直あの場所に戻るにはまだ勇気が居るなぁ。
でも被災地の事を考えるとそんなチキンな考えが申し訳ない…。
しかしあたしが関わっているような仕事の継続は
今、本当に必要なんだろうか?
それより当面は生命に直接関わる仕事を優先して…
そしてあたしらはそういった仕事をフォローする側にとか
うまくできればいいのだけど…。
いずれも被害者含め、原発のことや現地で
生命の危険を犯してでも働いている人達を思うと…。