どこまでも続く気がして…

テーマ:
それはずるいよね~♪(byナツノヒカリ

やっぱ夏らしい日(週末)なんて
結局数えるくらいしかなかった気がする。。
…てことで今年持ち歩いた夏バイン♪
はぁ、、別れが惜しまれる…(笑)

恋は泡(うたかた)
そら
SUN
白日

ポートレート
その日、三十度以上
波音
ナツノヒカリ
アンチ・ハレルヤ
スイマー
Graveyard

毎年選曲は変わるんだけど、、
過半数はもう殿堂入りですね。
中でも「その日~」は大好きで…
哀愁漂う感じがなんともたまりません。。

~そういつまでも想い尽きぬよう
 通り過ぎてゆく今日が思い出になると言えど
 見とれていたらそんな事は昨日のようです~

怒れる小さな茶色い犬-090828e 怒れる小さな茶色い犬-090828c 怒れる小さな茶色い犬-090828d 怒れる小さな茶色い犬-090828f

8月のいよいよ夏らしい日に撮った芙蓉(↑)
目黒通りと東急東横線が交わるあたり。
毎年この光景で夏を感じていたんですよねぃ、、

いつかまた…♪

GRAPEVINE「その日、三十度以上」で絵を描いてみた
@YouTube

AD

きょうの猫村さん 4

テーマ:

きょうの猫村さん 4/ほし よりこ


散々待たされて…届いた途端、
瞬時に読み終えるという落差がなんとも(笑)
今作も猫村さんの魅力は尽きません。
ますます昼ドラ化?韓流化?する犬神家に…
毎度道ばたで出会うこわがりの奥さんとのくだらない攻防…
ありがちな日常の中に垣間見える
道理?真理?…のようなものとか。。
んで今回から登場の、
新たなキャラクターもなかなか楽しいです♪
岸カオルの放つ言葉や欧米かぶれのケチャップボーイ…
その倅のたけしちゃん。。
個人的にツボだったのが迷子のたけしちゃんを
猫村さんが家まで送るときの光景…。
じきにお兄ちゃんになるから泣かない!!
というたけしちゃんに対して、、

「ほらたけしちゃん、
 目から汗がでちゃうのよ
 がんばるから、汗がねー」(笑)

しかも無事送り届けた矢先たけしちゃんのお母さんに
「うちじゃ猫飼えないでしょ…」
とか言われちゃうし、、(笑)
とにかくほっこりさせられちゃいますよねぃ。
そして禁断の恋に集会に、、
ますます今後の展開も気になります。。


2010年「きょうの猫村さん」卓上カレンダー


AD
怒れる小さな茶色い犬-090822e 怒れる小さな茶色い犬-090822d 怒れる小さな茶色い犬-090822c
怒れる小さな茶色い犬-090822b 怒れる小さな茶色い犬-090822a

2度目の来店です。
ちと調べたら前来たの、丁度1年前でしたね。
そん時は急だったのでデジカメはなく、
写真もなかったのだけど今回はご覧の通り。
前回来た時は料理もだけど、
特にパスタがとても美味しかったのが印象的で…
しかし今回で確信しましたね、、パスタ…美味しいです♪
無論パスタ以外も全く手抜きがない感じで美味。
タコとアンチョビのサラダ/ベーコンとズッキーニのパスタ
/豚のなんちゃら…/ティラミスにいちじくのタルト
/控えめカフェアート(笑)
近い内にまたパスタ、食べに来るな…きっと♪

prthivi:プリティヴィ -イタリア料理とワインの店-

1Q84|村上春樹

テーマ:

1Q84 BOOK 12/村上 春樹

ちとメディアが騒ぎすぎましたよね、、
そんなん読みたくもなりますもん。
つかあたしは文庫が出れば…位で考えてたのだけど、
気付いたら相方実家から郵送されてきたので。。
いやいや、有り難い事です(笑)

んで結論。うーむ…、、。
結局何も残らないんだよなぁ。あ、そう…みたいな。
確かに普通に読ませる力は感じるけど、
それは序盤から中盤にかけてで…終盤はちと退屈かなぁ
結局出てくる登場人物はどこか世間離れしていて、
しかも無意味?にスタイリッシュ気取りだし…
そうゆうとこ、全く共感持てないんだよなぁ。
三十路の男が一人暮らしでさらっと
何品目も混じった料理とかさ、、あり得んし、、とか
いい歳した男女が幼少期の刹那的な想い出を
いつまでもうじうじ引きずる様も正直きしょい。とか
そうゆうのばっか気になってしまう(苦笑)
ソレは大人のセンチメンタルじゃない、、
思春期まんまというかね…だから余計きしょい。。
そのくせヤルことはヤリまくるという…そうゆうの、
ある意味リアル?前衛的?…っていうことなのかなぁ??
とにかくあたし的にはいまいち…うーん。。
あ、そういや1つ解せないのは青豆の最後の行動。
来た道を戻るなら首都高ではなく246なのでは?
そう考えるのが普通じゃないのかなぁ??

いずれもやっぱあたしには馴染まないということで。
まぁ好みの問題だから仕方ないのです。。
無論これだけ話題性があるとアンチな評価も目立つけど、
やっぱあたしはそっちの方がしっくりくる感じかな。
しかし続編が出れば出たで普通に読みたいとも思う。
結局はあーだこーだ言って案外楽しめてるのかも?
そうゆう意味では十分楽しめましたかね…(苦笑)