Talkin'|土岐麻子

テーマ:

土岐麻子|Talkin'

今年のあたし好みの新作アルバムは
なんだか1Qに集中してしまって、
すっかり新しい音楽とは無縁だったのだけど、
トッキー、約2年ぶりのオリジナルアルバムです。
因みにくどいけどトッキーって誰?
って人はこちらを参照されたし。。
結構プロモーションにも力を入れてるみたいで
ファンとしては嬉しいですね。↓

@TOWER.JP|特集ページ(解説&試聴付き)
CD Journal WEB|特集ページ(動画メッセージ付き)


とりあえず1週間程聞いて大分馴染んできました。
新作はどうあれ飲み込みが遅いのです…(苦笑)
率直にはこれまでの”らしさ”はないかなぁ?
でも結局は”らしさ”なんて受け手の勝手なエゴだし、
いずれも、移籍後第1弾だから、そうゆう意味で
今作は新鮮で良いかもしれませんね。
とかく好き嫌いの分かれそうだった
1stよりは声質は大分素直になってます。

楽曲は良くも悪くもバラエティに富んでいて、
ジャズというよりは70~80年代の山下達郎とか
ユーミンとかのニューミュージックなイメージ。
あと個人的に初期の(部屋とYシャツと私より以前の)
平松愛理っぽい感じもしたり、、。
やっぱり彼女の良さはあたしの大好きな
Motor city popp♪を筆頭に、ジャズシリーズや
Cymbals時代の楽曲に伺えるのだけど、
これはこれで好きな作品になりそうですね。

そして圧巻はボーナストラック的に位置する
江利チエミのカヴァー「カモンナ・マイ・ハウス♪」
先日はトッキーセレクトのCDも発売されてます。


江利チエミ, カール・ジョーンズ
KING RE-JAZZ SWING: CHIEMI SINGS


因みにあたしは江利チエミについて
サザエさん?位にしか知識がなかったのだけど、
ちと調べるとなかなか興味深い人ですね。
美空ひばりと並んで昭和を代表する歌手でありながら、
その生涯は波乱に満ちていて…。
父親が北九州出身だったり、
高倉健の前妻としても有名だし、
それらはいずれも九州を意識させられる。
機会があれば彼女についてもっと知識を
深めてみたいなぁ…と思いました。

■TOKI ASAKO OFFICIAL SITE■
AD

中華そば 青葉 [池袋]

テーマ:
071127d

池袋ラーメン連チャンだけど…。
こちらは本店を中野に置くお店で、
ラーメン屋としては結構メジャーな部類ですよね。
以前(5年程前?)蒲田で食べた事あるんだけど、
今回は久しぶりに頂きました。

まぁ、特にこれといってないのだけど(苦笑)
唐辛子の入ったスープがピリ辛な感じで、
そうゆうとこはやすべえにも似てるのかな?
可もなく不可もなく、普通に美味しいです。

そういやここのは”なると”が入ってる。
なんだか最近はなると、入ってないお店が多いから、
こうして見ると少し懐かしいというか新鮮というか。。


■青葉■

AD

麺舗 十六 [池袋]

テーマ:
071127c

携帯で撮ったけど、
何か光がさして幻想的ですな(笑)
池袋と言えども厳密には要町の方が近いですね。
大通りから路地を入ったところにあります。
10名も座れないカウンターだけの
こじんまりしたお店で、知る人ぞ知る
ラーメン屋。ってな感じ。

お昼時は結構な行列で賑わってます。
立教の学生とかグループで並んじゃうと
もう入る余地はありません(苦笑)
写真はつけ麺だけど、スープは濃厚な
醤油ベース。麺は太めです。うん美味しい♪

今やラーメンと一口に言っても
都内には美味しいお店は幾らでもあって、、。
でも最近思うのは評価が高いお店は
スープは別にしてやっぱり麺が美味しい気がします。
逆を言えばスープが良くても
麺が駄目ならラーメン屋としてはNGというかねぃ。。
そんな事を想う今日この頃。。


AD

池袋のち蒲田

テーマ:
先週末は事務所の引越しがあった。
住めば都。という言葉はあながち嘘でもなくて、
慣れ親しんだ土地を離れるのは
いつもセンチメンタルな気持ちになる。

071127b
※昨年池袋に引っ越した時の画像

しかし池袋という街はあまり好きでない。
忌まわしき記憶があるのも事実だが、
しかし不思議と縁のある街でもある。
都内(23区内)でありながら
埼玉を否応がなく意識させられる街(笑)
若い頃はサンシャイン60のイメージしかなかったけど、
今は屈指のラーメン激戦区になりましたね。
とかく池袋で一番嫌いなのは
朝の山の手線のマナーの悪さ。
電車の扉が開くと同時に降車する乗客は
お構いなしに我先に乗り込む人々。
その姿がなんとも滑稽で…。。

して蒲田。
あたしが上京して一番長く
お世話になっている街。また戻ってきた。
一般的にはあまり人気のないスポットだけど
あたしは大好きな街ですね。
どこか垢抜けない感じとアウトローな感じが
実家の北九州に通じるモノがあるのかなぁ。
何だかんだ肌に馴染むんでしょうね…。


やわらかい生活
スペシャル・エディション

↑蒲田を多少実感できる?(笑)

あたしのミシュランガイ度

テーマ:
ここでいうガイは”GUY”故(笑)

てことで巷で話題の
ミシュランガイド東京2008
ヤフトピでも星付き店舗が紹介されてましたね。
してあたしのミシュラン”ガイ”度は?

… 1.5% orz...

頗る庶民派です(苦笑)。
具体的には150ある星付き店の内、
30数年の人生でかろうじて1店舗経験済み。
ということでございます…。
因みに運良くあたしが実体験済のお店はこちら(↓)

モナリザ(フランス料理)★★

単純に1/150だと「1%」にも満たないのだけど、
余命も考慮して計算してみました。

【(どうでもいい)ミシュランガイ度計算式】
 経験済店舗数×(平均寿命÷年齢)÷150店舗×100
 ※ご自由にお使い下さい

いずれも5割を超える結果の人が居たとして、
何かしら悪い事してるに違いない…なんて(笑)
あたしは幾ら頑張っても生涯3割も制覇できないんだろうなぁ…。
ま、他にも美味しいお店は沢山あるし
あくまでこれは参考書でしかないですけどね。。
因みに掲載店はこちらを参照。


MICHELIN GUIDE東京 2008