ナンが大好き♪

テーマ:
070131a

何を隠そう、、いや隠さなくてもいいんだけど、
あたしはナンが大好きなのです!!
生まれて初めてタンドール釜(?)で焼いた
ナンを食べたのが確か23歳位??(遅い?)
それからもう虜ですョ。。
特にナンの淵というか側の方というか、、
あのもっちもちの感触がたまりません♪(笑)

特にお店もこだわりはないです。
因みに本日は池袋のGARAってとこ。
色んなナンがあったけど、やっぱプレーンがいい。
合わせるカレーは適度に粘りがあって
ナンにちゃんと絡むのがベターですね。
逆にインド料理屋でライス食べる時は
汁気の多いカレーの方が好みですかね。。

070131b
※Amazonさんから拝借…

そう言えば昔テレビ朝日で深夜やってた
”恋のバカンス”って番組知ってます?
竹中直人が出てたんだけど、、
その中のキャラでナン男(↑)って居たんですよ。
でっかいナンを担いでナンを勧めたりするの。
「(ナン食う?)…んっ!んっ!」って…(笑)
んで調べたらDVD出てる、、知らんかった。
コレ欲しいけど見たいのはナン男だけなんだよなぁ…(苦笑)

 竹中直人の恋のバカンス DVD-BOX
AD

弐千円札の行方

テーマ:
070128b

そういえば夏目漱石さんの千円は支払停止するそうですね。
というか、あたしはてっきり今も夏目さんと勘違いしてた。
今は野口英世でしたね…(汗)
でもあたしの中では夏目さんのイメージがまだ強い。
その昔、岩倉具視の五百円札があったなんて、、
今の子供は知らないんだろうなぁ(苦笑)

んで二千円札。久しく見てなかったんですけどね。
コンビニで9,000円引き出したらば、、
「9,000円=2,000円札×4+1,000円札」
あ、あたしはいつもお金引き出す時って
千の位は”9,000”なんすよ。○万9,000円という風に。
両替したいという意味もあるし、、
1,000円分は”つもり”貯金みたいな感じです。
貧乏性ですかね、、(苦笑)

いずれも結局これあんま流通してないですよね。
日本は昔から「1」「5」単位ですしね、、
やっぱりなかなか馴染まないのかも?
海外とかだと「2」単位は結構あるんだけど。。
そういや自販機とかはもう大丈夫なのかなぁ??
因みにこれで払うとちゃんと相手が”二千円”と
認識してるか非常に気になる卑しいあたしですよ、えぇ(笑)
AD

砂の女|安部公房

テーマ:
GRAPEVINE、田中っちの愛読書として知られる安部公房。
あたしにとっては「他人の顔」に続く2作目。
安部公房といえばこの作品がメジャーなようだ。
新種の昆虫を発見する事を夢見る男が、
昆虫採取のために海辺の砂丘へ訪れる。
男はそこで不思議な体験を課せられる…。

当初、男の置かれた環境はそれまでの男の経験からは
到底理不尽に思える内容であったが、
時間が経つにつれ男の心にも変化が生じる。
そこには労働と報酬といった人間が生きていく上で
最低限必要な要素が極めてシンプルに存在し、
それ以上の理屈は意味を成さない。

”労働には、行方の当てなしにでも、
 なお逃げ去っていく時間を耐えさせる、
 人間のよりどころのようなものがある”

上の引用を説明するのは難しいので割愛するが、、
いずれも”幸せ”というものを計る基準は必ずしも
絶対的なものではなくあくまで相対的なものだ。
生活環境が酷であろうとなかろうと、
また生活水準が高かろうと低かろうと
”幸せ”を感じる度合いはそれらに比例しない。
そしてその根底(前提)にあるのはやはり”労働”である。

その設定があまりに非現実的であるせいか
場面場面の光景をイメージするのに苦慮したが
それは単にあたしの想像力の幼稚さに過ぎない。

まだ安部公房はこれで2冊しか読んでないが、
あたしが彼の作品で感じるのは作者が医学部出身
であることによる身体描写(特に皮膚)の緻密さもある。
しかし特に強く感じるのはいずれも主人公が
一般的に好かれる人格でないということだ。
具体的には多少自己中心的で非常に理屈っぽい。
だからといって全く嫌気を覚えるかと思えばそうでもない。
それはきっと小説の主人公だけではなく
誰しもが持つ人間としての嫌らしい側面であり、
読む側としても幾分その感情は共感できるからだろう。
(或いはあたしの性格に似ているからなのか?)
そういった意味で安部公房の作品はあたしにとっては
自身を改めて見つめ直す事のできる作品だと思う。

しかし彼の作品のラストシーンは、、
文章で言い表すのがなかなか難しいんだけど、、
鳥肌モノですね…。

 安部公房
 砂の女
AD

アンチMS

テーマ:
モビルスーツではないですよ。
…○イクロソフト。特に理由はないんだけど、、
ま、アンチ巨人軍と一緒です。でも今の巨人軍は
もはや”アンチ”になる様なチームじゃないけど、、(苦笑)

てことでいよいよ Windows Vista 発売ですね。
それなりに盛り上がるんだろうか??
有楽町のビックカメラにはカウントダウンイベントで
眞鍋ちゃんが来るらしく、、ちと行ってみたい気も、、(笑)
それよりアップルのCMは挑発的ですよね。
昔あったペプシコーラのCMみたい。

あたしは職業柄、仕事では専らWindowsだけど、
おうちではMac(iBook G4)です。
理由は家にまでその(仕事の)余韻を残したくないのと
やっぱMacはあたし的にオサレですしネ、、。
使い方にもよるのかもだけど、
Macにはウィルス対策ソフトは入れてないですね。
今となっては流石にWinもフリーズして再起動はなくなったけど、
やっぱりたまにソフトは落ちちゃいますね。
未保存で落ちちゃうときなんかほんと憎たらしい!(苦笑)

Vista...当面はコンシューマーには流通するだろうけど、
企業に展開されるにはなかなか時間がかかりそう。
しかももうサービスパック予定してるらしいし、、
購入はちと待ってからが良いかもですね。
ま、新しい物好きには耐えられないでしょうが、、(苦笑)

 マイクロソフト
 Microsoft Windows Vista Home Premium
 アップグレード版


 アップルコンピュータ
 MacOS X Panther V10.3 RETAIL

勃起し続けるイグアナ

テーマ:
一週間以上勃起し続けているイグアナ「モーツァルト」のペニスが、今後数日間のうちに切断されることになった。アントワープ・アクアトピア(ベルギー)の専属獣医が、勃起をなんとかしようと試行錯誤したものの失敗。最終的には感染病のリスクを考慮してペニス切断が最善の方法という結論に至ったという。幸いにもオスのイグアナには2つのペニスがあるそうだ。モーツァルトはペニスを勃起させたまま、飼育員の肩に乗って取材陣の前に現れたが、ペニス切断のニュースには動じていないようだ。「彼はちっとも悩んでいませんよ。だって“切断する”って言葉の意味すら分からないのですから」と獣医はコメント。術後のモーツァルトの繁殖活動について悪影響が出ると心配する声もあるが、「そんなことはありませんよ。それは全てモーツァルトの本能によるものですから」と答えた。

痛い痛い痛い…。
まぁしかし”それ”が長期に渡って解決しないのは
確かに気持ち悪いものかもな。。
にしても2つもあるなんて。
調べたらトカゲ類の一部とか、
その他にもそういった生物は居るみたいですね。
なかなか興味深い。

去勢。
犬とか猫だと当たり前にやってますよね。
色んな理由があるにせよ、、
やっぱり複雑ですよねぃ。。
あたしも猫とかいつかは飼いたいし、、
実際飼ったらそうするのかもだけど、、。

その内人間ももっと上位の”何か”に支配された時。
汚すからとか、臭いが…とか病気になるとか、、
そんな理由で去勢させられるのだろうか??
いや、全ての人間が”ペット”になれる保証はない。
あたしは”のら”として隔離されたあの子に憧れるだろうか?
あの子はあたしの自由を羨むだろうか??

 わんわん物語 スペシャル・エディション