20日午後6時ごろ、愛知県一宮市浅井町西海戸の観音寺で、管理者の母親(63)が、本尊で同市指定文化財の阿弥陀(あみだ)如来座像(高さ83センチ)と、「みかえりの弥陀」と呼ばれる仏像の計2体が盗まれているのに気づき、県警一宮署に届けた。窃盗事件として調べている。

 同署によると、同寺は無人。昨年12月30日の大掃除の際に仏像はあったといい、その後盗まれたらしい。引き戸には鍵がかかっていた。仏像は同寺の奥の間の祭壇に置いてあった。

 同寺は同県江南市の「修造院」=小沢優博住職(38)=が管理。住職の母親が掃除を兼ねて出かけ、盗難に気づいたという。【黒尾透】

【関連ニュース】
骨とう品広域窃盗:容疑者追送検 川本署、捜査終結 /島根
仏像窃盗:元住職に懲役3年と1年--奈良地裁支部判決 /三重
仏像窃盗:元住職に実刑、懲役3年と1年--地裁支部判決 /奈良
仏像窃盗:元住職に実刑判決--奈良地裁五條支部 /三重
福岡・重文観音像窃盗:初公判 起訴内容認める /福岡

ハイチ「抗争や銃声に緊張」=PKO陸自1次隊長ら帰国-成田(時事通信)
「有名人来る」と原宿に殺到騒ぎ、少女3人搬送(読売新聞)
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)
日中韓首脳会談、5月末で調整=韓国・済州、対北など協議(時事通信)
<温泉施設爆発事故>大成建設社員を在宅起訴へ 東京地検(毎日新聞)
AD