神奈川県二宮町が庁舎の清掃の外部委託を5月で打ち切り、6月から職員が交代で清掃することになり、坂本孝也町長や総務部長ら11人が1日、各階のトイレ掃除などを行った。

 役場の管理費を少しでも減らそうと、町長が提案し、実現したもの。2003年8月から職員らが庁舎内外の清掃を実施している福島県矢祭町を参考にした。二宮町ではこれまで庁舎の清掃を、窓口の受け付け業務とセットで外部委託し、年間約1200万円かかっていた。町長を含む137人の職員が業務終了後に交代で週3日、掃除にあたる。男性職員が月に1~2回、女性は月3回ほど回ってくる。

 モップを持って参加した坂本町長は「花屋をやっていたので、清掃は慣れている。予算を節約し、浮いた資金を福祉に回したい」と話していた。

雑記帳 サッカー日本代表応援カクテル考案 宇都宮のバー(毎日新聞)
<ニホンザル>北限ですくすく 下北半島(毎日新聞)
首相、究極の“二枚舌” 「辺野古」明記せず 普天間移設政府方針(産経新聞)
郵便不正 村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用(毎日新聞)
25年の地域介護のビジョンを説明―田中慶大教授(医療介護CBニュース)
AD