米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の国外・県外移設を求める県民大会(実行委主催)が25日午後3時から、同県読谷村の運動広場で開かれた。主催者発表で9万人が参加し、「普天間飛行場を早期に閉鎖・返還するとともに、県内移設を断念し、国外・県外に移設されるよう求める」との決議案を採択した。

 超党派による普天間移設の大会は初めて。初参加した仲井真弘多知事は「県内移設に反対」と明言こそしなかったが、「鳩山政権は公約に沿ってネバーギブアップ、しっかりやってもらいたい。全国の皆さん1人1人の安全保障が沖縄につながっている。どうか基地負担の軽減にお力を、手を差し伸べて頂きますようお願い申します」と訴えた。

 政府の検討過程の中で、キャンプ・シュワブ陸上部(名護市)案やホワイトビーチ沖合(うるま市)案という県内移設案が浮上。ここへ来て、自公政権時に日米で合意したシュワブ沿岸部の現行計画を模索する動きもあり、大会では強い反発と批判の声が相次いだ。【井本義親】

「最初の診療」質向上へ本腰 学ぶ医師増やせ 認定制度を充実 学術団体と日医 (産経新聞)
<変死>河川敷で男性 首から血流し 愛知・豊橋(毎日新聞)
ホテルで緊縛強盗、400万円奪い数人組逃走 埼玉・本庄(産経新聞)
スケート 銀の穂積選手が母校訪問 北海道千歳(毎日新聞)
幸福実現党、参院選候補者を半分以下に(産経新聞)
AD