TextFilePlatform
 
規定値
意味 クエリ テーブルにインポートするテキスト ファイルのプラットフォームを設定します。このプロパティにより、データ インポート時に使用されるコード ページが決定されます。既定値は、テキスト ファイル ウィザードで現在 [元のファイル] オプションに設定されている値です。値の取得および設定が可能です。XlPlatform クラスの定数を使用します。

使用できる定数は、次に示す XlPlatform クラスのいずれかです。
xlMacintosh
xlMSDOS
xlWindows
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいている (QueryType プロパティが xlTextImport) 場合にのみ使用します。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルに MS-DOS テキスト ファイルをインポートします。その後、クエリ テーブルを更新します。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1,1))
With qtQtrResults
.TextFilePlatform = xlMSDOS
.TextFileParseType = xlDelimited
.TextFileTabDelimiter = True
.Refresh
End With

TextFileStartRow
 
規定値
意味 テキスト ファイルをクエリ テーブルにインポートするときに、テキストの区切りを開始する行番号を設定します。使用できる範囲は、1 ~ 32767 の整数です。既定値は 1 です。値の取得および設定が可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいている (QueryType プロパティが xlTextImport) 場合にのみ使用します。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルの区切り開始行に行 5 を設定します。その後、クエリ テーブルを更新します。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1,1))
With qtQtrResults
.TextFileParseType = xlDelimited
.TextFileStartRow = 5
.TextFileTabDelimiter = True
.Refresh
End With

TextFileParseType
 
規定値 xlDelimited
意味 クエリ テーブルにインポートするテキスト ファイルでのデータの列形式を設定します。値の取得および設定が可能です。XlTextParsingType クラスの定数を使用します。

使用できる定数は、次に示す XlTextParsingType クラスのいずれかです。
xlFixedWidth ファイルのデータが固定幅の列に配置されます。
xlDelimited (既定値) 区切り文字によってファイルが区切られます。
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいている (QueryType プロパティが xlTextImport) 場合にのみ使用します。
使用例 次の使用例は、新しいクエリ テーブルに固定幅のテキスト ファイルをインポートします。テキスト ファイルの列 1 は 5 文字幅で、テキスト形式でインポートされます。列 2 は 4 文字幅で、スキップされます。テキスト ファイルの残りの部分は列 3 にインポートされ、一般の書式が適用されます。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1, 1))
With qtQtrResults
.TextFileParseType = xlFixedWidth
.TextFileFixedColumnWidths = Array(5, 4)
.TextFileColumnDataTypes = Array(xlTextFormat, xlSkipColumn, xlGeneralFormat)
.Refresh
End With

TextFileTextQualifier
 
規定値 xlTextQualifierDoubleQuote
意味 テキスト ファイルをクエリ テーブルにインポートするときの文字列の引用符を設定します。引用符を使用することにより、囲まれたデータがテキスト形式であることが示されます。値の取得および設定が可能です。XlTextQualifier クラスの定数を使用します。

使用できる定数は、次に示す XlTextQualifier クラスのいずれかです。
xlTextQualifierNone
xlTextQualifierDoubleQuote (既定値)
xlTextQualifierSingleQuote
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいている (QueryType プロパティが xlTextImport) 場合にのみ使用します。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルで使用する文字列の引用符に一重引用符 (') を設定します。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1,1))
With qtQtrResults
.TextFileParseType = xlDelimited
.TextFileTextQualifier = xlTextQualifierSingleQuote
.Refresh
End With

TextFileConsecutiveDelimiter
 
規定値 False
意味 True の場合、テキスト ファイルをクエリ テーブルにインポートするときに、連続する区切り文字を 1 つの区切り文字として扱います。既定値は False です。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいており (QueryType プロパティが xlTextImport)、TextFileParseType プロパティが xlDelimited の場合にのみ使用します。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルでの区切り文字にスペースを設定し、クエリ テーブルを更新します。スペースが連続する場合は 1 つのスペースとして扱われます。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1, 1))
With qtQtrResults
.TextFileParseType = xlDelimited
.TextFileSpaceDelimiter = True
.TextFileConsecutiveDelimiter = True
.Refresh
End With

TextFileTabDelimiter
 
規定値 False
意味 True の場合、テキスト ファイルをクエリ テーブルにインポートするときの区切り文字にタブ記号を設定します。既定値は False です。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいており (QueryType プロパティが xlTextImport)、TextFileParseType プロパティが xlDelimited の場合にのみ使用します。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルの区切り文字にタブ記号を設定し、クエリ テーブルを更新します。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1,1))
With qtQtrResults
.TextFileParseType = xlDelimited
.TextFileTabDelimiter = True
.Refresh
End With

TextFileSemicolonDelimiter
 
規定値 False
意味 True の場合、テキスト ファイルをクエリ テーブルにインポートするときに TextFileParseType プロパティが xlDelimited の場合は、区切り文字にセミコロンを設定します。既定値は False です。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいている (QueryType プロパティが xlTextImport) 場合にのみ使用します。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルでの区切り文字にセミコロンを設定し、クエリ テーブルを更新します。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1,1))
With qtQtrResults
.TextFileParseType = xlDelimited
.TextFileSemicolonDelimiter = True
.Refresh
End With

TextFileCommaDelimiter
 
規定値 False
意味 True の場合、クエリ テーブルにテキスト ファイルをインポートするときにカンマを区切り文字に使用します。False の場合、区切り文字に別の文字を使用します。既定値は False です。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいており (QueryType プロパティが xlTextImport)、TextFileParseType プロパティが xlDelimited の場合にのみ使用します。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルでの区切り文字にカンマを設定し、クエリ テーブルを更新します。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1, 1))
With qtQtrResults
.TextFileParseType = xlDelimited
.TextFileCommaDelimiter = True
.Refresh
End With

TextFileSpaceDelimiter
 
規定値 False
意味 True の場合、テキスト ファイルをクエリ テーブルにインポートするときの区切り文字にスペースを設定します。既定値は False です。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいており (QueryType プロパティが xlTextImport)、TextFileParseType プロパティが xlDelimited の場合にのみ使用します。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルでの区切り文字にスペースを設定し、クエリ テーブルを更新します。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1,1))
With qtQtrResults
.TextFileParseType = xlDelimited
.TextFileSpaceDelimiter = True
.Refresh
End With

TextFileOtherDelimiter
 
規定値 Null
意味 テキスト ファイルをクエリ テーブルにインポートするときに、区切り文字として使用される文字を設定します。既定値は Null です。値の取得および設定が可能です。文字列型 (String) の値を使用します。
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいており (QueryType プロパティが xlTextImport)、TextFileParseType プロパティが xlDelimited の場合にのみ使用します。

文字列中に複数の文字を指定すると、先頭の文字のみが使用されます。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルでの区切り文字にシャープ記号 (#) を設定し、クエリ テーブルを更新します。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1,1))
With qtQtrResults
.TextFileParseType = xlDelimited
.TextFileOtherDelimiter = "#"
.Refresh
End With

TextFileColumnDataTypes
 
規定値 xlGeneral
意味 テキスト ファイルをクエリ テーブルにインポートするときに、ファイルの各列に適用されるデータ型を指定する定数を配列形式で設定します。各列に適用される既定の定数は xlGeneral です。値の取得および設定が可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。

次に示す XlColumnDataType クラスの定数を使用して、列に適用されるデータ型やデータ インポート時に発生するアクションを指定できます。

定数 説明
xlGeneralFormat 一般
xlTextFormat テキスト
xlSkipColumn スキップ列
xlDMYFormat DMY (日月年) 形式の日付
xlDYMFormat DYM(日年月) 形式の日付
xlEMDFormat EMD (台湾年月日) 形式の日付
xlMDYFormat MDY (月日年) 形式の日付
xlMYDFormat MYD (月年日) 形式の日付
xlYDMFormat YDM (年日月) 形式の日付
xlYMDFormat YMD (年月日) 形式の日付
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいている (QueryType プロパティが xlTextImport) 場合にのみ使用します。

複数の列を持つ配列に複数の要素を指定しても、それらの値は無視されます。

定数 xlEMDFormat は、簡易字中国語サポートがインストールおよび選択されている場合にのみ使用できます。定数 xlEMDFormat は、日付形式に台湾の元号が使用されていることを指定します。
使用例 次の使用例は、新しいクエリ テーブルに固定幅のテキスト ファイルをインポートします。テキスト ファイルの列 1 は 5 文字幅で、テキスト形式でインポートされます。列 2 は 4 文字幅で、スキップされます。テキスト ファイルの残りの部分は列 3 にインポートされ、一般の書式が適用されます。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1, 1))
With qtQtrResults
.TextFileParseType = xlFixedWidth
.TextFileFixedColumnWidths = Array(5, 4)
.TextFileColumnDataTypes = _
Array(xlTextFormat, xlSkipColumn, xlGeneralFormat)
.Refresh
End With

TextFileTrailingMinusNumbers
 
規定値
意味 True の場合、テキストとしてインポートされた数値が "-" 記号で始まるとき、それを負符号として扱います。False の場合、テキストとしてインポートされた数値が "-" 記号で始まるとき、それをテキストとして扱います。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説  
使用例 次の使用例は、"-" 記号で始まる、テキストとしてインポートされた数値の扱いについて、セル A1 の設定を調べます。次の使用例では、アクティブ ワークシートに QueryTable オブジェクトがあるものとします。

Sub CheckQueryTableSetting()

' Determine setting for TextFileTrailingMinusNumbers
If Range("A1").QueryTable.TextFileTrailingMinusNumbers = True Then
MsgBox "'-' 記号で始まる、テキストとしてインポートされた数値は" & "負符号として扱われます。"
Else
MsgBox "'-' 記号で始まる、テキストとしてインポートされた数値は" & "負符号として扱われません。"
End If

End Sub

Refresh
 
規定値
意味 外部データ範囲を更新します (QueryTable)。ブール型 (Boolean) の値を使用します。

expression.Refresh(BackgroundQuery)
expression 必ず指定します。QueryTable オブジェクトを返すオブジェクト式を指定します。
BackgroundQuery 省略可能です。バリアント型 (Variant) の値を使用します。SQL クエリの結果を基にした QueryTables の場合に限り指定してください。データベース接続が確立し、クエリが実行されると直ちに制御をプロシージャに返す場合は True を設定します。QueryTables はバックグランドで更新されます。すべてのデータをシートに取り出した後でのみ、制御をプロシージャに返す場合は False を設定します。この引数を省略すると、BackgroundQuery プロパティの設定に基づきクエリ モードが決定されます。
解説 この解説の内容は SQL クエリの結果を基にした QueryTable オブジェクトに適用されます。

Refresh メソッドは、QueryTable オブジェクトのデータ ソースに接続し、SQL クエリを実行し、QueryTable オブジェクトに基づいた範囲にデータを返すように、Excel を設定します。このメソッドを呼び出すまでは、QueryTable オブジェクトはデータ ソースと通信しません。

OLE DB または ODBC データ ソースに接続する場合、Excel は Connection プロパティにより指定された接続文字列を使用します。指定された接続文字列に必要な値がない場合、必要な情報をユーザーに確認するダイアログ ボックスが表示されます。DisplayAlerts プロパティに False が設定されている場合、ダイアログ ボックスが表示されず、不十分な接続情報の例外によって Refresh メソッドは失敗します。

正しく接続できると、Excel は完了した接続の文字列を格納して、同じ編集セッションでこの後 Refresh メソッドが呼び出されるときに、プロンプトを非表示にします。完了した接続の文字列は、Connection プロパティの値を調べることにより知ることができます。
使用例 次の使用例は、ワークブックの最初のワークシートにある最初のピボットテーブル レポートのピボットテーブル キャッシュを更新します。

Worksheets(1).PivotTables(1).PivotCache.Refresh

BackgroundQuery
 
規定値
意味 True の場合、ピボットテーブル レポートまたはクエリ テーブルのクエリをバックグラウンド (非同期) で実行します。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説 OLAP データ ソースの場合、このプロパティは常に False を返し、値の取得のみ可能です。
使用例 次の使用例は、ワークシート 1 の最初のピボットテーブル レポートのクエリをバックグラウンドで実行します。

Worksheets(1).PivotTables("Pivot1") _
.PivotCache.BackgroundQuery = True
AD
テキストファイルのインポートを自動化しようと、マクロ記録をしてみました。
このままじゃ、カスタマイズしづらいので、各プロパティの意味を表に...

折角作った表なので、こちらにもUPします。
何かの参考になれば幸いです。

≪マクロ記録≫

With ActiveSheet.QueryTables.Add(Connection:= "TEXT;C:\取得データ.TXT", Destination:=Range("A1"))
.Name = "取得データ"
.FieldNames = True
.RowNumbers = False
.FillAdjacentFormulas = False
.PreserveFormatting = True
.RefreshOnFileOpen = False
.RefreshStyle = xlInsertDeleteCells
.SavePassword = False
.SaveData = True
.AdjustColumnWidth = True
.RefreshPeriod = 0
.TextFilePromptOnRefresh = False
.TextFilePlatform = 932
.TextFileStartRow = 1
.TextFileParseType = xlDelimited
.TextFileTextQualifier = xlTextQualifierDoubleQuote
.TextFileConsecutiveDelimiter = False
.TextFileTabDelimiter = True
.TextFileSemicolonDelimiter = False
.TextFileCommaDelimiter = False
.TextFileSpaceDelimiter = False
.TextFileOtherDelimiter = "|"
.TextFileColumnDataTypes = Array(1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1)
.TextFileTrailingMinusNumbers = True
.Refresh BackgroundQuery:=False
End With

≪各プロパティの意味 Helpより≫

FieldNames
 
規定値 True
意味 True の場合、データ ソースのフィールド名は、返されるデータの列見出しとして表示されます。既定値は True です。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説  
使用例 次の使用例は、フィールド名を非表示にするように、クエリ テーブル 1 を設定します。

Worksheets(1).QueryTables(1).FieldNames = False

RowNumbers
 
規定値  
意味 True の場合、行番号は指定されたクエリ テーブルの最初の列として追加されます。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean)
解説 このプロパティに True を設定しても、行番号がすぐに表示されるわけではありません。次にクエリ テーブルを更新したとき、行番号は表示されます。クエリ テーブルを更新するたびに、行番号は再構成されます。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルに行番号とフィールド名を追加します。追加されるレコード番号は 0 から始まります。

With Worksheets(1).QueryTables("ExternalData1")
.RowNumbers = True
.FieldNames = True
.Refresh
End With

FillAdjacentFormulas
 
規定値
意味 True の場合、クエリ テーブルを更新するとき、指定されたクエリ テーブルの右側の数式を自動的に更新します。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説  
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルを更新するとき、クエリ テーブルの右側の数式を自動的に更新するように設定します。

Sheets("sheet1").QueryTables(1).FillAdjacentFormulas = True

RefreshOnFileOpen
 
規定値  
意味 ピボットテーブル レポートでは、このプロパティが True の場合、ページ フィールド項目の移動、並べ替え、変更などの操作でレポートが更新または再計算されるとき、書式を維持します。

クエリ テーブルでは、このプロパティが True の場合、先頭の 5 行のデータに少しでも共通する書式をクエリ テーブルの新しい行のデータに適用します。未使用のセルは書式設定されません。このプロパティが False の場合、クエリ テーブルに最後に適用したオートフォーマットがクエリ テーブルの新しい行のデータに適用されます。既定値は True です。クエリ テーブルが Excel 97 で作成されたのではなければ、HasAutoFormat プロパティは True で、その場合 PreserveFormatting プロパティは False です。

値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説 データベース クエリ テーブルの場合、既定の書式設定は xlSimple です。

新しいオートフォーマットの形式は、テーブルが更新されたときにクエリ テーブルに適用されます。PreserveFormatting プロパティに False を設定すると、オートフォーマットには "なし" が設定されます。このため、PreserveFormatting プロパティに False を設定する前、およびクエリ テーブルを更新する前に設定したオートフォーマットは無効になります。また、生成されるクエリ テーブルにもオートフォーマットは適用されません。
使用例 次の使用例は、ワークシート 1 のピボットテーブル レポートの書式を維持します。

Worksheets(1).PivotTables("Pivot1").PreserveFormatting = True

次の使用例は、オートフォーマットの書式を xlRangeAutoFormatColor1 の代わりに xlRangeAutoFormatNone に指定するため、PreserveFormatting プロパティを False に設定します。

With Workbooks(1).Worksheets(1).QueryTables(1)
.Range.AutoFormat = xlRangeAutoFormatColor1
.PreserveFormatting = False
.Refresh
End With

RefreshStyle
 
規定値
意味 指定されたワークシートで行を追加または削除して、クエリが返すレコードセットの行数を受け取る方法を設定します。値の取得および設定が可能です。XlCellInsertionMode クラスの定数を使用します。

使用できる定数は、次に示す XlCellInsertionMode クラスのいずれかです。
xlInsertDeleteCells 新しいレコードセットに必要な行数と正確に一致するように、一部の行を挿入または削除します。
xlOverwriteCells ワークシートに新しいセルまたは行を追加しません。オーバーフローしないように、周囲のセルのデータに上書きします。
xlInsertEntireRows 必要ならば、オーバーフローしないように行全体を挿入します。ワークシートからセルまたは行を削除しません。
解説  
使用例 次の使用例は、シート 1 にクエリ テーブルを追加します。RefreshStyle プロパティは、データ結果を保持できるように、必要に応じてワークシートに行を追加します。

Dim qt As QueryTable
Set qt = Sheets("sheet1").QueryTables.Add(Connection:="Finder;c:\myfile.dqy", _
Destination:=Range("sheet1!a1"))
With qt
.RefreshStyle = xlInsertEntireRows
.Refresh
End With

SavePassword
 
規定値
意味 True の場合、ODBC 接続文字列のパスワード情報は指定されたクエリと共に保存されます。False の場合、パスワードは削除されます。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説 このプロパティは ODBC クエリにのみ影響します。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブル 1 を保存するとき、ODBC 接続文字列からパスワード情報を削除します。

Worksheets(1).QueryTables(1).SavePassword = False

SaveData
 
規定値
意味 True の場合、ピボットテーブル レポートのデータをブックと共に保存します。False の場合、レポートの定義のみを保存します。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します
解説 OLAP データ ソースの場合、このプロパティは常に False に設定されます。
使用例 次の使用例は、ピボットテーブル レポートのデータをブックと共に保存するように設定します。

Set pvtTable = Worksheets("Sheet1").Range("A3").PivotTable
pvtTable.SaveData = True
 
AdjustColumnWidth
 
規定値 True
意味 True の場合、指定したクエリ テーブルまたは XML マップの更新ごとに列幅を自動調節します。False の場合、更新ごとには列幅を自動調節しません。既定値は True です。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説 列幅の最大値は、画面幅の 3 分の 2 です。
使用例 次の使用例は、ブックの最初のワークシート 1 に新しく追加したクエリ テーブルの列幅を自動調節しないように設定します。

With Workbooks(1).Worksheets(1).QueryTables.Add(Connection:= varDBConnStr, _
Destination:=Range("B1"), Sql:="Select Price From CurrentStocks " & "Where Symbol = 'MSFT'")
.AdjustColumnWidth = False
.Refresh
End With

RefreshPeriod
 
規定値
意味 更新間隔を分単位で設定します。値の取得および設定が可能です。長整数型 (Long) の値を使用します。
解説 更新の間隔に 0 を設定すると、自動タイマ更新が無効になります。これは、このプロパティに Null 値を設定するのと同様です。
使用例 次の使用例は、ピボットテーブル キャッシュ (PivotTable3) の更新間隔を 15 分に設定します。

Set objPC = Worksheets("Sheet1").PivotTables("PivotTable3").PivotCache
objPC.RefreshPeriod = 15

TextFilePromptOnRefresh
 
規定値 False
意味 True の場合、クエリ テーブルが更新されるたびにインポートするテキスト ファイル名を指定します。[テキスト ファイルのインポート] ダイアログ ボックスでパスとファイル名を指定します。既定値は False です。値の取得および設定が可能です。ブール型 (Boolean) の値を使用します。
解説 このプロパティは、クエリ テーブルがテキスト ファイルのデータに基づいている (QueryType プロパティが xlTextImport) 場合にのみ使用します。

このプロパティの値が True の場合、クエリ テーブルの最初の更新では [テキスト ファイルのインポート] ダイアログ ボックスが表示されません。

ユーザー インターフェイスでの既定値は True です。
使用例 次の使用例は、クエリ テーブルが更新されるときに、テキスト ファイル名を指定するダイアログ ボックスが表示されます。

Set shFirstQtr = Workbooks(1).Worksheets(1)
Set qtQtrResults = shFirstQtr.QueryTables _
.Add(Connection := "TEXT;C:\My Documents\19980331.txt", Destination := shFirstQtr.Cells(1,1))
With qtQtrResults
.TextFileParseType = xlDelimited
.TextFilePromptOnRefresh = True
.TextFileTabDelimiter = True
.Refresh
End With

AD