突然パソコンが重くなった! で対応したISUSPM.exe と agent.exe ですが、その場凌ぎにしか過ぎず、結局は再び活動を開始していました。


 今度は方法を変えて、ISUSPM.exeを停止させる方向へ・・・


1.まずは、[スタート]-[ファイル名を指定して実行]をクリック


2.Msconfig.exeで[OK]


3.開いたファイルから、[スタートアップ]タブを選択し、ISUSPMのチェックを外します。


凱&姫の成長記録-isuspm

4.再起動。


 ISUSPMが起動しなくなる筈です。


 ついでに、デフラグもやっちゃいました。


1.[マイコンピューター]のプロパティーより、[詳細設定]タブをクリック


2.パフォーマンスの[設定]をクリック


3.[詳細設定]タブの仮想メモリで[変更]をクリック


4.Dドライブを選択して、カスタムサイズにチェックを入れ、Cドライブのサイズと同様に数値を入力し、[設定]をクリック。


5.Cドライブを選択し、ページングファイルなしにチェック。


6.パソコンの再起動をして、[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[システムツール]-[ディスクデフラグ]をクリック。


7.Cドライブを選択し、[最適化]をクリック。


8.終了したら、ページングファイルの設定を戻すために、1~5をCとDを逆にして行い再起動。


これですっきりですw



AD

会社のあるパソコンが突然重くなりました。


まずはパフォーマンスをチェック。


CPU使用率が80~100%となっている。


そりゃぁ、遅い筈だよ。


じゃぁ、原因は?とプロセスを覗くと、ISUSPM.exe と agent.exe という2つのプログラムが浮かび上がる。


ネットで調べていくとどうやらUPDATE関係らしい。


まずは、Microsoft Updateでパソコンを最新にし、コントロールパネルの管理ツールからサービスを開く。


Automatic Updatesを手動にしてサービスを停止させる。


そして再起動。


CPUは無事に8%辺りの使用率となり動き出した。


しかし、結局は応急処置だよね。


昔はバグがあったらしいけど、その後のUPDATEも行っていたのでバグはなくなっていたはず。


取敢えず手動でのUPDATEになるけれど、まぁ動作に問題はない。


後は使用者がきちんとUPDATEしてくれることを願います。


じゃないと、ウィルスが…………。



根本的な対策は今後の課題です。

AD

PINGが通ったり、通らなかったり・・・


イロイロ調べてみたけれど、なぜ繋がらないのか!!と言うぐらい、結果は正常。


で、他のPCのケーブル引っこ抜いてさしてみたら・・・・



普通に動くし!!!!



あぁ・・・・・・・本当にショック。


ケーブルの接触不良??


何処か断線???


ちゃんと調べてないけれど・・・・、設定には問題なかった・・・・



はぁ・・・・・・・・・・・・・・


やっぱり、繋がらない時は、そこから調べないといけないねぇ・・・・・



実感しましたガクリ

AD

別の営業所?にあったパソコンを本社で使用することになりました。


が!!


他県にあったので、社内ネットワークに接続する方法が違ったり、設定も違ったり・・・


設定を社内仕様にして繋いでみるも・・・・


PINGがまともに通らない。えー


lossが25~75%


当然、つながらない。ガクリ


なぜ!?


ただいま原因究明中ですもぉだめ・・・

TeraStation・・・・・・EMモードでは、バックアップはムリ。


でも、ファームウェアのアップデートをする前にバックアップを取ったほうが安全。


という、玉子が先か鶏が先かで困っていました。


結局サポートセンターに問い合わせたところ、


「データ消えたらごめんなさい」


「でも、ファームウェアをアップデートするしかない」


「修理センターに出しても、アップデートをするし、データの保証はない」


とのことで、アップデートを行いました。


結果・・・・・・無事成功(*^▽^*)



社内の大事なデータが入っていたのに、バックアップがぜんぜんされていなかった。という、とても怖い状況でしたが、今後のデータ管理に一石投じた感じです


・・・・・・・・・つうか、普通バックアップとるよね?みたいな( ̄ー ̄;