最後のお別れ

テーマ:

今から10年ほど前のこと。


その頃、まだ結婚していなくて、今の旦那と付き合っていたんだけど、


だんなの仕事は料理人見習い。

私は、会社員。


生活の時間帯がまぎゃくでした。


で、週末は、朝方までテレビを見たりしながら起きていて、朝の5時、6時ごろに旦那がやってきて、とりあえず寝て、遊びに行ったりしていました


そんなある冬のこと、会社の仲の良かった同僚のおばあさんがなくなりました。

金曜日の出来事でした。


その年は、風邪(インフルエンザもかな??)がはやり、お年寄りが肺炎にかかりなくなったというニュースがテレビでよく取り上げられていました。


友人のおばあさんも同じで、肺炎からお亡くなりに・・・

そして、友人は当時片道3時間ほどかかる実家にお葬式にかえって行きました。


その週末の出来事です。

その話を旦那として、とりあえず寝ようか?と言うことで横になっていると、誰かが私の肩を叩きました。


旦那ではありません。


「誰だろう(T-T)」


当時、数日に1度のペースで怖い思いをしていた私は、とても怖くて仕方ありませんでした。

が、肩をたたいただけで、金縛りもなく、何もなかったので、ほっとして眠りについたのですが・・・


電話のベルに起こされ、目を覚ましました。


電話は、実家からで、

「おじいちゃんがなくなったから」

と言うものでした。


私はまったく知らなかったのですが、祖父も肺炎を起こし、危篤状態だったそうです。

そして、朝亡くなったそうです。


最後のお別れをしにきてくれたんだ・・・そう思うと、

「いつでも会えるから」

と、なかなか会いに行かなかった自分が情けなくなりました。


これは、一生忘れることの出来ない思い出です。

AD

深夜に帰宅する影

テーマ:

これは、6年くらい昔の話です。


当時、旦那は朝方帰宅の飲食店を経営していました。


私はというと、その頃はお店に出ていなくて、家にいました。


で、深夜、眠っていると、旦那がかえってきた気配がしました。


寝室のふすまをあけ、中を覗き私が寝ているのを確認すると、PCが置いてある隣の部屋へ行ってしまいました


(脅かそうと思い(^^;;)寝たふりをしていた私は、「あれ?」って感じで、起き上がるとPCの置いてある部屋へ行きました。


ですが、電気は消えたまま・・・誰もいないんです。


数時間後、旦那が仕事から帰ってきました。


アレは誰だったんでしょうね??

AD

最近、ハマリ気味の怖い話。

今回は、5年ほど前のお話です。

飲食店をしていた時のこと。

アルバイトに来ていた子(A子とします)の携帯がなりました。

電話の相手は、その子の妹(B子とします)の彼氏。

「B子の様子が突然おかしくなった!どうしたらいい??」

というHELP電話でした。


で、それを旦那に相談。

お店も、お客も皆帰り閉める時間だったので、片付けは後回しにして、様子を見に行くことになりました

で、「なんか、おかしいらしいからついて来て」って、ご指名を受け、A子と旦那、私の3人はB子の下へと行きました・・・


オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ


B子の元に到着した私たち。

B子は

「なんかね、女の子がねいたずらされたんだって・・・だから・・・」

なんか、良く分からないけど泣きながらぶつぶつ言い続け、体が震えていました。

B子の彼氏がいうには、

「友達と何人かで水前○公園に行って来たら、なんか木の陰に女の子が立ってたっていって、誰もいなかったんだけど、B子だけ見たらしくて、その後から突然暴れたりして様子がおかしくなった」

とのことでした。


とりあえず、私がB子に憑いていたものをとってあげると、ケロリと元に戻りました。

「あれ?どうしたの??」

ってな感じです。

で、いつもやっていることなんですが、空き缶に気を込めるような感じでその憑いていたものを入れながら・・・お店に帰りました。


オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ


お店に着くと、店のすぐ近くにある自動販売機の横のゴミ箱にその空き缶を捨て店に戻り、旦那に言われ自分の体に塩をまいてから、掃除をして着替えて、さぁ、かえろうか・・ってなったんですが・・

小さなお店だったので、更衣室などなく、トイレや部屋のコーナーになっていてそちらに行かないと見えないところで着替えたりしていたのですが、A子が着替えをしていたトイレで突如すごい音がし始めたのです。

B子同様泣きながら暴れ、落ち着かせようとトイレから連れ出し座らせると、なきながら意味不明なことをぶつぶつといい始めました。

「あ、A子に塩まくの忘れてた」

と旦那。

塩にそれだけの効果があるかどうかは不明なのですが、A子が普通じゃないのだけは確かでした。

とりあえず、A子についている物もとりのぞくと、B子同様ケロリとして、泣いていたことも暴れたことも何一つ覚えていませんでした。


オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ  オバケ


お店を出る時に、白い影を私が空き缶を捨てた自動販売機のところに見たので、塩をまいておいたのですが・・・・その後、変なことがい起きることはありませんでした。

私の払い方が正しいかどうかは分かりませんが(^^;;(いつもこんな感じで払っていました)こんな風に、一緒にいた子がおかしくなったのは初めてだったのでかなりドキドキしました


・・・こんなお話ですが、怖いかな??

(怖かったら、怖い部分はブックのみに変更しようと思います)

AD

数時間前の出来事

テーマ:

今日ブックで、出産後3年は怖い体験をすることはあまり無いという話を聞いたんだけど・・・

凱、現在3歳。

う~~~ん・・・ということは、また、始まるの??

って思っていたんだけど・・・


最近、めっきり・・・寝るのが遅くなった凱を寝かしつけていたら・・うとうとしてました

凱が眠ってしまってからも、起きるのが億劫でごろごろ・・・していたら、

ドスン

って、腹部に違和感?圧力?を感じて・・・

え??

って思って体を動かそうとしたら、動かない・・・

金縛りだ。。。


今日の(昨日?)ブックでのカキコを思い出しつつ・・・手を動かそうと力を入れる・・・


わりとすんなり手を握り締めることが出来た

けど、相変わらず金縛り・・・


頭の上のほうにあった左手は一旦動いたんだけど、下に下ろしていた右手はなかなか動かない

でも、がんばって動かしていたら、ベッドから腕が落ちた・・・と同時に金縛りが解けた


手が動いて、金縛りが解けなかったのは、初めて。

コレは、いわゆる疲労からの金縛りかな??

でも、考えるといつも金縛りをとくときは右手を動かしていたなぁ・・・(特に意識してってワケではない)


・・・ただね、2つ気になることがあって・・・


1つは、目をつぶっていたのに、部屋の中が見えたこと。

もうひとつは、足を上ってこようとしている感覚?が金縛りのときにあって、金縛りが解けてから、台所に立ったんだけど・・・約30分くらい?ずっと何かが足を上ってこようとしている感覚があったんだよね・・・モゾモゾって。。。


で、家の外に足出して塩まいといたけど・・・どうなんでしょうね??


久々の金縛りに、ビビリました><


追記。

 もともと、眠ってはいなくて、腹部に、ドスンという圧力がかかった時点で、完全に覚醒していたので・・・寝ぼけてません(^^;;

 (イチオウね)

 でも、もしかしたら、脳が覚醒状態で、記憶で目をつぶっているのに部屋の風景が見えたのかな??

蛇霊

テーマ:

以前書いた記事で、



に掲載された!


って言うのがあったんですが、手に入り読みました・・・



で、採用されたお話は、




コレなんですが、恥ずかしいことに・・・・HNで、Meviで送っていて、文章内でも名前がMeviに・・・


もともと毎回買っている本ではないので、よく考えずに応募してしまって・・・


今ゲームで使っている藍璃にしておけばよかったぁ~~!!って、後悔です汗


話は、大筋だけが私が投稿したもので、大分漫画向けに・・劇的?に加執&修正されていました(^^;;


ちなみに応募した内容は・・・ブックにUPしておきます(^^;;