6月3日付けの米科学誌カレント・バイオロジーに日本の京都大教授 瀬原淳子さんが血液循環の始まりは、
心臓の白動という受身な要素が大きいと考えられていたが、
赤血球が血管の状態を察知して循環を始める時期を決めているのではないかと発表。 
血管内壁につながった赤血球が、はさみの役の酵素で、切られ流れ出すという。
この酵素は、人の血流細胞に存在し、脳血栓などの予防や治療に役に立つ可能性がある。
消化も酵素がないと分解しませんが、酵素の役割もまだまだ多くのなぞが含まれて今後の研究も楽しみですね。
すばらしい発見だと思います。
AD
視力が0.02まで、落ちていて、このままでは不安で、眼科に相談に行ったのですが、回復は無理と断定されて、ショックでした。たまたま本屋で、ゆほびか6月号の視力向上タッピング法の特集を見て、家で、実践してみたら調子が良く、楽になったので、日本リバースさんで、本格的に治療してもらおうと思い来ました。体全身から、診てくれて、先生が開発したアイトレーナー器で、施術してもらったら視界が明るくなり、色が違って見えました。日本リバース・目の美容室
AD
自宅で出来る、視力回復法の特集 視力向上タッピング法の特集が健康雑誌のゆほびか6月号(マキノ出版)から4月16日発売されます。日本リバースは、今回で3回目です。2009年の5月号と11月号にも、13ページの視力向上タッピング法の特集があります。今回の特集は、ゆほびかの読者を集めてセミナーを開き、その場で、視力検査を行い、タッピング前とタッピング後の検査結果を報告しています。一回での視力回復率は、約89パーセントでした。当然、視力回復は、個人個人の体の状態で回復スピードが違います。しかし、多くの方が、タッピングでも、視力が向上することを体験できました。毎日、少しづつでも、日常生活に運動を取り入れ、目に栄養と休養を与えることです。日本リバースには、全国から多くの患者さんが来院しています。手術に頼らない人、あるいは、手術も出来ない人や、色々な症状の相談に乗っています。日本リバースで独自に開発したアイトレーナー器は、視力回復のスピード化を図っています。日本唯一の視力回復補助器です。また、日本リバースは、独自の視力回復法に、14経絡療法や酸素療法や熱針療法を取り入れています。
AD