異変に気づいたのは…

テーマ:

その異変に気がついたのは、日曜日の朝だった。

日曜日の朝は、いつもより1時間ばかり遅く起きるのが習慣になっている。

その時間になると、自然と覚醒するのだ。

そして、この日も同じ時間に覚醒した。


「あ、今日は日曜日だったな」と思い出しながら、

起きようとして上体を起こそうとした、そのとき。



「うぎゃやあああああ…」。



…腰に電流が走った。悲鳴を上げたかったが、

上げられないほどの痛みだった。



しばらくその電流が腰の中を行ったり来たりしている。

その間、私はそのままの姿勢で電流が収まるのを待つしかなかった。

堪えて、堪えて、堪えて。その姿勢のままで堪え続けた。

電流が収まるまで1分近くかかったと思う。



……………。



体を横たえたままの私は、痛みが収まった安堵感の中に漂った。


「またやったな。“きより腰”だな、たぶん…」


この痛みには覚えがある。


“きより腰”とは、この地方の方言であり、一般的には“ぎっくり腰”という。

腰に“きよっ”とした痛みが走るから、“きより腰”というのだと思う。


まだ私が若い頃、25歳頃だっただろうか。

特養の入浴介助で初めて“きより腰”になった。

それ以来、あまり腰の調子が思わしくない。



安堵の気持ちは、すぐさま恐怖感にとって変わった。


「俺はこのまま、どうするんだろう…」


身動きひとつとれないのだ。

いや、正確には上腕から指先までは動かすことが出来る。

動かせないのは体幹と足。

わずかでも動こうものならさっきの電流が私の体を駆け巡るのだ。


横たえたままの姿勢で3~4分が過ぎただろうか。

「歳を取ると時が経つのが速い」と言うが、

その体勢での3~4分は私の人生の中でも

5本の指に入るほど長い時間だった。


それと、動けなくなると思うと、横たえた体の、

下になっている右脇腹から右ふくらはぎまでの部分が

ジリジリと痛み始めた。その感覚は時間が経つほどに鋭敏になる。


早くこの姿勢をやめなければ褥瘡が出来てしまう…。


余分な脂肪がついているので栄養状態は悪くはないが、とにかく痛いのだ。

とそのとき、もうひとつの恐怖が私の頭のなかを占領し始めた…。


いや、正確には下半身に、である。


…尿意をもよおしてきたのである。



(つづく)





突然の小説風。

よかったらお楽しみください^^

   ↓↓↓
正しいケアマネの歩き方  ~ケアマネタマゴが贈るケアマネ道!~-ブログランキング

AD

コメント(18)