diary

アメリカンフットボールアワー&スィートミュージック


テーマ:

第2弾は夜の遠足です。

昨日、「東山花灯路」へ行ってきました。

http://hanatouro.jp/about.html


去年は円山公園から清水寺へ向かって歩きましたが、今年は逆から。

ルートすべては歩き切らないで半分くらいで引き返してしまいました。

去年見たので 「わかった、もういいわ」的な感じで寒さにも負け。


__.JPG


お寺や古い木造の建物にぼぉーっとした灯り.....

雰囲気あっていい感じです。

「陰翳礼賛」?

いや、なかなかの人出でにぎやか。

お店やイベント、お寺(拝観料払っては入らない)など見ながら歩くのは楽しいです。



__.JPG


次は嵐山花灯路も行ってみたいような、行ってみたくもないような(なんじゃそれ)。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

この前の土曜日、冷たい風の吹く中、伏見稲荷神社へ行ってきました。

この赤い鳥居をくぐりたくて。



__.JPG

千本鳥居を抜けて山道へ入って行き稲荷山頂上までのぼりました。


頂上までほぼずっと鳥居が連なっています。

たくさんのお社もあり。ちょいちょい拝みながら2時間くらいかけてよく歩きました。

願い事が「通った」お礼の意味から奉納された鳥居は稲荷山全体で約1万基とか。


四辻から京都市南部を見渡せるスポット。


__.JPG

ここでお昼休憩。

四辻茶屋でおうどんをいただく。

稲荷に来たので‘きつねうどん’か‘いなりずし’かというところだけど、

この「しっぽくうどん」にしました。

ほうれんそう、お麩、かまぼこ、ねぎ、しいたけの甘煮がのっています。

あたたかいおだしがおいしくほっとしました。

眺めも良し。

ここへ登ってくるまでに何軒かお茶屋さんがあったけど、どこも

なぜか閑散としていて、この『仁志むら亭』が一番の大繁盛でした。

場所もいいせいでしょうか。

俳優・西村和彦氏の実家だそうで。



__.JPG


いろいろと現実的な願い事をしてきました。

灯篭の上に置かれた石を持ち上げて思ったより軽ければ願いがかなうというお試しの石「おもかる石」も

持ち上げてみたよ。

「想像を絶するほど重い」と思って持ったから軽く感じました。


去年、出雲大社に行ったときは若い女の子が目立ったように思ったけど、

ここはなぜか男子同士のツレが多かったのはなぜでしょう。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

__.JPG 庭の梅。


秋、落ち葉の掃除に追われて、冬、丸裸になって、


1週間ほど前、つぼみがふくらみ1つ2つ咲き始め、


満開です。


花のあとは青々とした葉っぱが出てきて毛虫がい~っぱいあせる


めぐる季節、変わらずがんばるね~梅の木さん。




__.JPG

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
すごく‘時々’練習しているこの曲。



アメリカ民謡のフォスターの「Hard times, come again no more」
矢野顕子のピアノを採譜したものですが、左手の音が少ないのにええ感じなんです。
「きびしい時代よ、もう来ないで」という祈りの歌です。

きょうは3月11日だからかな?誰かがリクエストして朝のラジオでかかっていました。
きょうの心境にぴったり。
ヨーヨーマがジェイムス・テイラーを迎えたヴァージョン。
きれいなチェロの音色とジェイムス.テイラーの澄んだ歌声がすばらしいです。



歌詞にもIt's the song of the sigh and the weary って出てきますが、ほんとに悲しくてつらーいあきらめがただよいます。

ブルース・スプリングスティーンはこんなたくさんの聴衆を前に力強く歌っています。



メイヴィス・ステイプルズも。





こんなに祈ったりため息ついたりするような「Hard times」は来なくても、
そんなにいいこともないです。どんよりしています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2月23日、アート哲学カフェ というものに参加しました。


大津の「ギャルリーO(オー)」というギャラリー兼カフェで。

古い民家にギャラリースペースとカフェがあって和アンティークな落ち着くスペースでした。


この日は夫の小、中の同級生のアート作家の作品がテーマ。

どう感じたか、とか何に見えるか、について2時間近く語り合いました。

進行役の人が「結論を出す話し合いでもないし、発言は自由で発言しないのも自由....」と初めにおっしゃったので、私は安心して黙っていました。

が、20人くらいの参加者のうち、私以外の人はみんな発言したから最後の方ちょっとプレッシャーが。


凹凸をつけたいろいろな大きさの丸い金属が一面に並べてあり、葉っぱが輪になって寄っている。

天井からも吊り下げられた葉っぱと蝶。


大津だけあって「琵琶湖の水面」を思い浮かべる人が何人も。
水の底には・・・という話まで出てきて深層心理を語る、みたいにも思え。


長い時間、作品の前に座っていると、窓からの光によっても金属のお皿(状のもの)の表情が変わるのがわかりました。
素通りして見るだけではそんなに感じなかったかも。


もともと即物的なもんで、金属の切り口見ていると手が切れそうで怖いな、とか、こんなにたくさん叩いたり切ったり大変やったやろな、とかの感想しか思い浮かばず、発言もできなかった次第です~。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
11月末にディズニーリゾートの旅をしてきました。

ディズニーランド履歴は・・・
1982年にアメリカアナハイムへ新婚旅行で。
1983年にできたての東京ディズニーランドへ友人と。
1990年ごろに家族4人+二人の母=6人「三世代」で。
1993年に家族4人で。
そして2013年の11月。
5回目ということになります。ずいぶん間隔が開きました。
2013年は20周年のアニバーサリーイヤーです。

1日目は夕方4時から入れるチケットでランドへ。
2日目はディズニーシー開園と同時に入って歩きまくり。
3日目は朝から暗くなる頃までランドで。

大人ばかりの行動で動きやすかったのですが、「並んだり待ったり」はやっぱりしんどい。
「夢の世界」と言いながら時間との闘いをして「効率のよさ」を手に入れるのにみんなが必死になってるのは皮肉なもんです、と言いながら自分もその闘いに参加する...もしかしたらそれがアトラクションよりもおもしろかったりして!

1泊目はケチってシャトルバスに20分も載らなければならないホテル(「パートナーホテル」というくくり)に泊まりましたが2泊目はディズニーランドの目の前の「ディズニーランドホテル」に泊まりました。新幹線とセットになったプランです。
オフィシャルホテルよりもずいぶん高い...けどモノレールの駅のすぐ前でランドのエントランスまでも歩いてすぐというのはさすがに値打ちがありました。

部屋の調度品やアメニティなんかはさすがに1泊めのホテルとは違って「ディズニー」が演出されていて気分も盛り上がる!
チェックイン時にあと数千円(ひとりにつきだったかな)をプラスしたらディズニーランドが見下ろせる部屋に変更できるけどどうするか、と尋ねられましたが、ほぼ「寝るだけ」なのでそれは要らないかな、と断りました。けど4階以上確約のプランで「4階」だったのは「あちゃー(-_-;)な感じ。

部屋の中を動画で撮ってきました~。



正面玄関

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
猫も杓子もイルミネーション、という昨今、素直にそれに乗せられて、神戸フルーツフラワーパークへ「神戸イルミナージュ」というのを見に行ってきました。
もうひと月ほど前になりますが。
すぐ近くにある三田プレミアムアウトレットをちょっと覗いて、そこのフードコートの三田屋でステーキと白ご飯を食べてからというコースで。
昼間は入園料500円ですが、このイベントは1000円。
夕暮れになると来園者をいったん園外に出して、イルミナージュ入場者を改めて入れるみたい。

はやりのプロジェクションマッピングもやっていました。
が、いかんせん、平日で人が少なすぎて、さびしかった~。

ipadで動画を撮ってきました。







__ 2.JPG__ 2.JPG
__ 1.JPG__ 1.JPG
__ 2.JPG__ 2.JPG
__ 1.JPG__ 1.JPG
__ 2.JPG__ 2.JPG
__ 1.JPG__ 1.JPG
__ 1.JPG__ 1.JPG
__ 2.JPG__ 2.JPG
__ 1.JPG__ 1.JPG

ここは一応ホテルもあって、イルミネーションを見て泊まるプランも旅行社の企画にありました。

でも、「これで1000円はちょっと高いな」
「色使いがもひとついけてないんちゃう」.....などなど悪態をついて帰ってきました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

加古川名物「カツ飯」はB級グルメ流行りになるずっと前から、加古川の洋食屋さんから始まっていたとのこと。何年か前から気になっていましたが、食べてみました。


「加古川 カツ飯」で検索したら上の方に出てくるこのお店が実家近くにあったので、「ここでいいやーん」と実家詣でをした際に。


ビーフとポークがあってそれぞれ並と大がありました。

私はビーフの「並」に。

同行者は「大」を頼んでたけどそんなに変わらなかったような。並でもたっぷりビフカツが乗っていました。


白ご飯の上にビーフカツ、その上にお店特製の(と信じる)ソースがかかっているこれが「カツ飯」。

ここのお店は茹でたキャベツと柴漬けとお味噌汁がついていました。

ソースはやや甘めのデミグラスソースっぽいもの。


なかなか満足感の得られる一品でした。


diary

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2013年、これがキレイで大いにテンション上がりました。

その1

初めて行った上高地の景色。

端正な山をバックに木々や草、池や川、すべてどこを切り取っても絵になっていた。

息を呑むくらいの美しさでした。


先日、今シーズンの営業が終了したとかで雪景色の閉山セレモニーの様子をtwitterで見ました。

来年?次はいつ行けるかなぁ。



diary

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

FM cocolo 夕方の番組で、私が行きたいライブの招待券のプレゼントがしばしばあります。


「ゼッタイ行きたいからちょうだい!」という熱くて濃い~~メッセージを書くと、わりと当たります。


去年(おととしだったかな)のMeters Experience、今年10月のAllen Toussaint、11月のNick Lowe...

と、当たりました。

ほんとうにありがたいありがたい!アップ


この番組は大阪丸ビルの地下のスタジオで生放送していてその様子を覗くことができます。

当たった招待券のライブ会場のすぐ近くです。

DJはマーキーさん。

「45歳以上対象のラジオ局」というだけあって、昔懐かしい曲もよくかかる。

耳障りのいい声の女性DJが街の情報とかを紹介してうすーいメッセージ読んでおしゃれ~な感じにまとまっている、よくあるFMの番組ではなく、メッセージもマーキーの語り口もかなり「テキトーにイー加減」な感じでおもしろい!ってことで夕方家にいるときはよく聞いています。


先日、Allen Toussaintのライブに行く前に、マーキーさんにガラス越しにご挨拶。



diary

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。