AD
 
経営者を育てるハワイの親 
     労働者を育てる日本の親」
 
 
を出版し、
 
先日、私の地元
奈良でもセミナーしてくださった
イゲット千恵子さんが話されていた
 
 
アメリカと日本の教育の違い。
 
 
以前に
アメリカの中学校でのお話はしましたが
下差し
 
 
 
今回、
 
ハワイの小学校ではどんな授業があったかはてなマーク
 
 
を、お話します。
 
 
 
 
まずグループに分かれて
 
グループごとに、別々の童話を渡され
 
 
 
主人公はどんな動物(人)で
何があってその時どう感情が動いて
結果このお話で大事なことは何か
 
 
 
みたいなことをまとめていって
 
時間がきたら発表する
 
 
 
というのをやっていました。
 
 
 
これって
 
 
発言力
思考力
俯瞰力
 
 
を鍛えるような
大人のセミナーなんかでされる類の
ワークが行われていた、ということです。
 
 
 
グループになって意見をまとめるのって
慣れてないとけっこう難しく
 
 
まとめ役になる人は
 
一人にずっとしゃべらせてもいけないし
 
時間が区切られているから
全員の意見を聞きつつ、
 
それをまとめる抽象思考力というのも必要で
 
 
想像よりもハードです。真顔
 
 
 
 
それを小学生がやる。
 
 
そういえば、
グループワークが多かったような気がします。
 
 
 
日本だと、たまにあるくらいですかね。
 
 
 
{A8501F8E-1C84-4D9A-8BE5-2CF0CE6C7699}
折り紙教える私デス

 
 
 

2部構成メルマガベル

【リアルド・リアル・イングリッシュ】

・ネイティブとのやり取りで実際に使う、リアルな表現をご紹介!

・海外情報、英語学習法、ビジネス、哲学、など色々コラム

 
 
AD

 

 

英語やる理由あるある

 

 

「外国人に道を聞かれたときに困る」

 

 

うん、たしかに。

きちんと教えてあげたいけど

うまく伝えられなくて困っちゃうから。

うん。

 

 

でもでも、これを

いわゆる「やる理由」にはできません。

 

なぜなら「不確定要素」すぎるから。

 

 

 

道を聞かれる、って完全に受け身じゃないですか

しかも、定期的にある一定の頻度で聞かれるわけじゃないでしょう

 

「よく聞かれるんですよ~」

 

っていう人はいるかもしれないけど

 

自分でコントロール不可な要素の「その時のために」では

ふわふわしすぎ。

 

 

そもそも、英語学習はしんどいです。めんどくさい。

 

そのうえ、やり続けないとできなくなる。

 

そんなめんどくさい道のりを歩む羽目になるのに

「もしも聞かれたら」とか理由にするには弱すぎるんです。

 

 

もうちょっと強い理由探してみましょう。

 

 

 

 

 

2部構成メルマガベル

【リアルド・リアル・イングリッシュ】

・ネイティブとのやり取りで実際に使う、リアルな表現をご紹介!

・海外情報、英語学習法、ビジネス、哲学、など色々コラム

 

※4/26(水)発行200回記念プレゼント

 

リアルに使えるちょいと英会話表現を紹介しているメルマガが、
明日26日(水)で「200回」を迎えます。そこで!
「5つのカテゴリでネイティブとのコミュニケーション☆
 シンプルトークテクニック」を皆さまにプレゼントします。

ご登録はこちら
 

 


リアルに使える

ちょいと英会話表現を紹介しているメルマガが、

明日26日(水)で「200回」を迎えます。

 

そこで!


「5つのカテゴリで

ネイティブとのコミュニケーション☆
 シンプルトークテクニック」

 

 

を皆さまにプレゼントします。

 


PDFのファイルでお渡ししますので、


プリントして持ち歩くなり、


スマホでいつでも見れるようにするなり、


テキトーに使ってください。

 


明日夜22時のメルマガで

詳細をご案内しますので
ご登録がまだの人はどうぞ☆

 

 

2部構成メルマガベル

【リアルド・リアル・イングリッシュ】

・ネイティブとのやり取りで実際に使う、リアルな表現をご紹介!

・海外情報、英語学習法、ビジネス、哲学、など色々コラム

ご登録はこちら