こうさかゆかの大黒柱妻マザーライフ

奈良県で、一家の大黒柱 (ブレッドウィナー)として7年。
初心者でもできる英会話ステップアップを、現代哲学、分析哲学の視点を元にマインド面からのアプローチで教えています。
夫はハヤリのイクメン専業主夫。
ハワイに年数回行く家族。


テーマ:

年末は、流行語大賞がありますが、、

辞書の世界にも似たものがあって、

オックスフォード英語辞典では、「今年の単語」

 

Post-truth (ポストトゥルース)

 

を選んだそうです。

 

これの意味は、

「世論形成において、

客観的事実が、感情や個人的信念に訴えるものより影響力を持たない状況」


要は、

客観的なことではなく

個人の感情の方が世の中の意見になりますよってことです。

 

誰でも個人がSNSで発信でき、インターネットが影響力を持ち

自分は自分なんだ!といった内向きの思考が働いている世界、になりました。

 

だから

 

「感情や個人的信念に訴えるもの」

 

が影響力を持つのです

 

が、

 

「客観的事実」 とは何者なのか?ということに

 

疑問を抱く人は少ないかもしれません。

 

 

客観とは主観の集まりです。

 

 

主観が集まり、なんとなく大多数を占めてそれが正しいようにされている

 

とでも表現しましょうか

 

物事を「客観的に捉えた」ところで


それは自分が



「自分の考えをもとに主観的に捉えていること」



なんら変わりがありません。

 

冷静に物事を考える、だとか

状況から考えて、だとか

世界のしくみから、だとか etc

 

それらはとらえている側の主観によるもので、

それらが

絡み合って客観と名付けられた。

 

なので、「客観的な意見としては、」 と言われたなら、

ほんとはそうじゃないよー

というお話でした。

 

Post-truth. 忘れても大丈夫な単語です。




{DF1C08CF-0B48-4DF6-B370-5C3BE600B184}


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アメリカで先生をしていて、いちばん感じたことは

 

 

自分の意見をきちんと発言できる子が多い

 

 

ということでした。

 

 

日本の学校では、机に座って、



先生にあてられまいと下を向き

 

 

目を合わさない 笑

 

 

するとしたら授業と関係ないコイバナとか

 

 

というかんじではなく、

 

 

挙手を求めると

 

 

ハイ!ハイ!ハイ!!「ハイっ」の手「ハイっ」の手「ハイっ」の手「ハイっ」の手「ハイっ」の手「ハイっ」の手「ハイっ」の手

 

 

困ってしまうくらい手が挙がる(笑)

 

 

中にはおとなしい子もいるけれど

 


きちんと意見を言えるのです。 

 

 

広いアメリカ、どこの地域もどこの学校もそういうわけではないかもしれませんが

 

 

それでも、あー、なんか全然違うな

 

 

と思ったのです。

 

 

アメリカ人が自己主張が強く思えたりするのは

 

 

このへんもあるのかな、と。

 

 

もちろん、曖昧な表現が可能で便利な日本語とくらべて 

 

英語は言語構造上、具体的に表現しないといけなくなるため

 

 

そのように思える点もあります。


実際、英語が話せるようになって性格が明るくなったり


物怖じしなくなったりすることはよく聞く話です。



どちらの言語が上、どちらの人種が上、


という優劣はありません。



ですが社会の仕組み上、プレゼンや交渉ができた方が、そういうのに慣れている方がいい、


ということは明瞭ではあるので、


いいところはマネしたいですね。


 

 そして日本人、自信を持って世界と渡り歩きたいです。  ね。



{CB64E816-BBF4-47C0-AF6F-3B69C0C79A45}




リアルに使える表現をお届け☆

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハリーポッター ”ファンタビ” 公開に伴い

 

 

金曜ロードショーではハリポタ祭りだったらしく 8mm

 

 

オマエ何回見てんねん! あんぐりうさぎ というほど

 

 

録画した 「ハリーポッター 秘密の部屋」  を見まくっているウチのコ女の子音譜

 

 

 

ハリーポッターといえば

 

 

アメリカで先生していた頃、

 

私は日本語と日本の文化イロイロを教えていて、うさぎ先生

 

それ以外の空き時間には

 

他のクラスのオブザーバーとして、生徒たちをひやかしに

 

いや、励ましに、オジャマしていました。ニヤニヤ

 

 

その中に、リーディングのクラスというのがあって

 

 

数人ずつのグループに分かれて輪になり、音読を行うというもの本本

 

 

それで、先生も輪に加わって読んでるので

 

 

私も加わって、生徒たちといっしょに順番に音読することに。本

 

 

すると、日本人のくせに普通に読む sao☆ ので驚かれて 

 

 

 

いや、日本人はみんな読めるんだよ

 

 

読み書き習うんだー

 

でも会話は習わないんだよねー

 

 

と、説明したことを覚えている。   読む

 

 

見たことない単語や、意味不明なものは読めないかもしれないけど

 

 

読もうと思えばけっこう読めるはず

 

 

「読める」 というのはアドバンテージなんです。 

 

 意味をオール理解してるか、はまた別。

 

そして、みんなが一生懸命に音読するのは

 

ハリーポッター

 

当時ハリポタのことを全く知らなかった私。

 

 

「知らない」 ニコ

 

 

と言うと

 

 

「何ですってぇ??!」 びっくり

 

 

と、びっくり仰天レベルのリアクションが返ってきて

 

 

その当時の分厚いペーパーバックシリーズ4冊を渡された。

 

 

渡されたというか

 

 

「絶対読まなければいけないわ」

 

 

とプレゼントされた(笑)プレゼント

 

 

 

その後日本でも、一大ブームになってたのでチョット驚き。

 

 

 

でも、ファンタジー小説を授業で使ってることに驚きっていうか

 

 

楽しいやんひらめき電球 と思ったもんです。

 

 

 

USJです矢印

 

 

 

 

{548C50FE-5246-40BD-A733-3E8BC0167421}
ファンタビ 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。